Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
【新企画】新旧お宝アルバム!#27 「Adriana Evans」 Adriana Evans (1997)

#27Adriana EvansAdriana Evans (RCA, 1997)


2016年松の内も終わり、今日は成人式。全国で新たに成人となった若者たちがいろいろなイベントで盛り上がっていることでしょう。一方殆どの方にとっては3連休の最終日。年末年始で疲れた体と胃腸をゆっくりと休めながら明日からの仕事に英気を養っておられることと思います。そういう時に体と気持ちをほぐしてくれる、そんな音楽を今日はお届けしたいと思います。

今週の「新旧お宝アルバム!」は、今から18年前のアルバムですから、「新」でも「旧」でもなくいわば新旧中間のタイミングでリリースされていることもあってか、殆どの方に取っては初めて聴く名前かもしれませんが、作品の内容は自信を持ってお勧めできるネオ・ソウル・シンガー、エイドリアナ・エヴァンスの1997年のデビュー・アルバム『Adriana Evans』をご紹介します。


Adriana Evans (Front)


エイドリアナ・エヴァンスは1974年サンフランシスコ生まれ。母親はカウント・ベイシーディジー・ガレスピーといったジャズの大御所達のシンガーとして多くのレコードも出しているメアリー・ストーリングス。あの有名なジャズ・サックス奏者のファラオ・サンダースが彼女のゴッドファーザー(名付け親)であるなど、音楽、特にジャズやブルースに囲まれた環境に育ったエイドリアナが音楽の道を進もうとしたのは半ば当然。そして、彼女のしなやかで、ヒップなグルーヴ感満点な伸びやかなボーカルを聴くと、従来のひと世代前のアフリカン・アメリカン・アーティストが経由するゴスペルやブルースといった、泥臭さよりも洒脱な、それでいてアーシーな雰囲気を強く感じるのはこうした彼女の生い立ちや環境が大きな要因だというのが判ります。

また一方彼女のボーカルには、90年代のブラック・アーティストが必然的にそうであるように、そこここにヒップホップの香りをまとっていて、それが彼女のボーカルに微妙にコンテンポラリーなニュアンスと独特の魅力を加えています。それもそのはず、このアルバムを含め彼女がこれまでに発表した4枚のアルバム全てにおいて彼女と共にプロデュースをしているのは、彼女が18歳の時(1992年)大学進学のため移り住んだLAで知り合って意気投合して以来、ずっと彼女のサウンド・サポーターとして寄り添っているラッパーのジョナサン・“ドレッド”・スコット。彼はエイドリアナに先駆けてメジャー・レーベルから1994年にアルバムをリリース、エイドリアナをフィーチャーしたシングル「Check The Vibe」がアングラ・ヒップホップ・シーンで小ヒットになるなど、彼なりの活動を行っていましたが、このエイドリアナのデビュー作以降はその活動をほとんど彼女とのソングライティング、プロデュースに徹しています。二人が自然にプライベートなパートナーとなったのは自然の成り行きだったでしょう。

そのドレッドのプロデュースも、彼自身が幼少時ジャズやファンクを浴びるように聴いたという経験もあり、ヒップホップの色合いはあくまで微妙な味付けにうまーく使っている一方、色濃く70年代ソウルや、ジャズのグルーヴを強く感じさせるサウンドにフォーカスすることで、先に申し上げたエイドリアナの洒脱なグルーヴに満ち溢れたサウンドを生み出していることに成功しており、これも彼女の作品のクオリティを高いものにしている大きな要因です。

ヒップホップサウンドメイカーとR&Bシンガーのペアというと、あのアリシア・キーズスイズ・ビーツジェイZ、DMX、イヴ、ビヨンセ、ニッキー・ミナージなどのプロデュースで有名)が有名ですが、彼らのサウンド・アプローチがよりストリート色が強いのに対し、エイドリアナドレッドはあくまでジャズや昔のR&Bを強く意識したアプローチに徹しているのがいいところ。


 

何と言っても冒頭、ゆったりとした南からの朝のそよ風のように始まるイントロがいきなり聴くものの心を奪ってしまうLove Is All Around」がこのアルバム全体のふくよかで素晴らしい雰囲気を開始数秒で定義してしまいます。自分がこのアルバムに最初に出会った時、このイントロ一発でこのアルバムの素晴らしさを確信した、そういうキラー・オープニング・チューンです。

このアルバムはこの「Love Is~」に代表されるようなエイドリアナの伸びやかでしなやかなジャズ・テイストのグルーヴ満載のボーカルと、70年代R&Bを彷彿とさせるネオ・ソウル的なサウンドが楽しめる曲が満載。2曲目の「Seein' Is Believing」のギターソロなんて明らかにジョージ・ベンソンウェス・モンゴメリーあたりのジャズギターを意識してますし、70年代のフィラデルフィアソウルを思わせるゆったりしたフレーズに乗って美しい鳥が飛び立つようにふわっと立ち上がるエイドリアナのボーカルがひたすら美しい「Heaven」、重目のドラムビートに乗ったヴィブラフォンの音色が昔のジャズソウルを思い出させる「Reality」、ギター・ワウの音色が70年代R&Bジャズ・シンガーがクラブで歌っているようなインティミットな雰囲気を醸し出す「Say You Won't」などなど、枚挙にいとまがありません。




また一方、意図的にレコードのスクラッチノイズっぽいSEを入れながらオーガニックなエイドリアナの歌声がグルーヴ満点の「Swimming」やアルバム最後を同様のサウンドアプローチで、エイドリアナの伸びやかな高音ボーカルが清々しい「In The Sun」などは、ドレッドが、ア・トライブ・コールド・クエスト(ATCQ)あたりのクールでありながら日なたの暖かさを感じさせる独特のヒップホップ・サウンドを強く意識しながら、それを使ってエイドリアナのボーカルを引き立てようと言う90年代のソウル・レコードらしい工夫が感じられます。ヒップホップサウンドメイカー、ドレッドの面目躍如といったところ。ATCQなどのネイティヴ・タン一派の都会的なヒップホップサウンドの感じが好きな方であればこの辺も気に入って頂けると思います。



エイドリアナの作品は、この次の同様のアプローチでの『Nomadic』(2004)、この作品リリース後、ブラジルに一時期渡っていた頃の影響を感じさせる『El Camino』(2007)、そして最新の『Walking With The Night』(2010)と、いずれも素晴らしいものばかりですので、このアルバムを聴いて気に入って頂けた方はこれらのアルバムも、必ず楽しんで頂けると思います。

Nomadic.jpg

最近の新しいR&Bというと、どうしてもEDM系のサウンドか、ヒップホップそれもミニマルなサウンドの音作りの味付けが濃いものが多く、70年代ソウルやジャズ・ソウルなどに親しんだ方にはちょっと手が出にくいことが多いかとは思いますが、このエイドリアナ・エヴァンスの作品などはそうした方々にも強くお勧めできるものです。

また一方、今回成人式を迎えられる世代の、最近のヒップホップやEDM系のサウンドに慣れ親しんだR&Bリスナーの皆さんにも、エイドリアナの素晴らしい歌声と、無駄な装飾を削ぎ落としたようなオーガニック・ソウル的なサウンドは、きっと新鮮な感動を届けてくれるものと思います。

Adriana Evans (Back)


皆さん、いい音、いいレコードで楽しい洋楽ライフをお送り下さい。


<チャートデータ>

ビルボード誌全米R&Bアルバム・チャート 最高位33位(1997.5.17付)


Seein' Is Believing同全米ソウル・シングル・チャート 最高位50位(1997.5.31付)

Love Is All Around同 最高位65位(1997.9.27付)

スポンサーサイト
【年末企画】2015年ビルボード年間シングルチャート大予想!(#15〜#11)
さて昨日に続いて、2015年ビルボードHot 100年間チャート大予想第2弾、今日はまず11位まで行きましょう。
Hozier-Take-Me-To-Church.png

#15: Take Me To Church ▲5 - Hozier
< Hot 100 = 27週、Top 40 = 26週、Top 10 = 16週、Top 5 = 14週、最高位3週間2位(2014/12/20 - 2015/1/3付)>


昨年末から今年年初にかけて息の長い大ヒットになり、去年のグラミー賞受賞式でも新人ながら堂々たるライブを披露してくれた、アイルランド出身のシンガーソングライター、ホージャーの「Take Me To Church」が年間15位に入ってきました。新人にしてこの曲はグラミー賞のソング・オブ・ジ・イヤーにノミネートされましたが(受賞はサム・スミスStay With Me (Darkchild Version)」)、なぜか彼自身は新人部門にはノミネートされずという、毎度のことながら奇妙な現象が。しかしこういう内省的なバラードが500万枚の売上(含むダウンロード)を記録して、2位まで登りつめるというのは何となくここ数年の世情を反映しているのか。この曲はUKでも同じ最高位2位を記録しています。

#14: Shake It Off ▲8 - Taylor Swift
< Hot 100 = 37週、Top 40 = 32週、Top 10 = 11週、Top 5 = 4週、最高位4週間1位(2014/9/6-13及び11/15-22付)>



テイラーが完全にナッシュヴィルと訣別し、NYにベースを移して昨年リリースした最初のポップ・アルバム『1989』の第1弾シングルが、この「Shake It Off」。当代の売れっ子ポップソングライター・プロデューサーのマックス・マーティン、シェルバックと共作したこのポップ・ナンバーが、タイトルからして彼女の決意を明確に表明していますよね。ヒットの時期がちょうど年間チャートの集計期間をまたがってしまってるのでこの位置ですが、本来であれば年間トップ10は充分狙える大ヒット。去年のグラミー賞でもレコード・オブ・ジ・イヤーソング・オブ・ジ・イヤーにノミネートされましたが、ご存知のようにサム・スミスの前に涙を呑みました。発売の週だけで全米128万7千枚を売った『1989』は既に全世界で900万枚以上を売り上げた、昨年末から今年初頭にかけてのベストセラーアルバムに。UKでもこの曲は最高位2位を記録してます。


13: Love Me Like You Do ▲2 - Ellie Goulding
< Hot 100 = 34週、Top 40 = 31週、Top 10 = 15週、Top 5 = 7週、最高位3位(3/7 & 4/18付)>



イギリスの今のポップ・シーンを代表する歌姫、エリー・ゴールディングの全米での2曲目のトップ10ヒットになったこの曲(もう1曲は全米でのデビューヒットとなった「Lights」〜2012年最高位2位)、彼女自身もペンを取り、彼女の不思議な魅力を湛えた歌声と耳に残るメロディ展開とリフレインが印象的なこの曲、先月リリースされたばかりの彼女の3枚目のアルバム『Delirium』からの第1弾シングル。今年のグラミー賞女性ポップボーカル部門ノミネートの有力候補でしょう。当然本国UKでは、今年の2月〜3月に堂々4週間の1位に輝いています。

12: Can't Feel My Face ▲2 - The Weeknd
< Hot 100 = 23週、Top 40 = 23週、Top 10 = 19週、Top 5 = 13週、最高位3週間1位(8/22 & 9/12 & 9/26付)>



カナダ出身の宅録R&B/ヒップホップ・アーティストとしてカルトなポジションを持っていたウィークンド(「ウィークエンド」ではありません。念のため)でしたが、ダニー・エルフマン監督の今年初頭の映画『50 Shades Of Grey』で「Earned It」(今年最高位3位)がメイントラックとして使われ大ヒットになったことから、一気にメジャーブレイク。この曲はリズムパターンが印象的な、クールなヒップホップ・トラックの多いウィークンドとしてはやや異色な曲ですが、まあ勢いで全米1位を記録。しかし彼の歌い方とかを聴くと、彼は本来クリス・ブラウンニーヨ同様、マイケルズ・チルドレンの一人であることが如実に判って微笑ましいのですが。まあここ1年の大ヒットで自分を見失わず、クオリティの高い作品を発表し続けて欲しいものです。セルアウトかと思ったら意外と良かった、大ヒットアルバム『Beauty Behind The Madness』よりのシングル。

11: Watch Me ● - Silento
< Hot 100 = 38週、Top 40 = 29週、Top 10 = 18週、Top 5 = 14週、最高位3位(7/18 & 8/8-15 & 8/29-9/12付)>

リチャード・ラマー・ホークことサイレントは、ジョージア州アトランタ出身の今年17歳の少年ラッパー。その彼がキャッチーなダンスルーティンと単純な「Whip Whip / Nae Nae」というフレーズがクセになるヒップホップ・トラックでいきなり全米第3位のヒットを飛ばすという現象を起こしたのがこの曲。老若男女も白も黒もいろんな人達がこの曲で踊るPVを見てると、90年代後半のあの「Macarena」のお化けヒットや2013年のバウワーの「Harlem Shake」とかを思い出すね。たいてい3年位に一曲くらいはこういうヒットが出るんだよなあ、アメリカって。また今はYouTubeでこういうのが一気に広がるからね。単純な歌とリズムと踊りの組み合わせは強力ってわけで。まあこの子はグラミー賞にノミネートされることはないでしょうね(笑)。

トップ10の予想は後ほど、できれば今日の夜にアップ予定です。乞うご期待。
>>続きを読む
【新企画】新旧お宝アルバム!#8 「Then Came The Morning」The Lone Bellow

 #8Then Came The MorningThe Lone Bellow (Descendant Records, 2015)

先週お休みを頂いたこの「新旧お宝アルバム!」、第8回目の今回は「新」のアルバムご紹介ということで、ニューヨークはブルックリンを中心に活動している、ちょっとカントリーやフォーク、南部R&Bの香り漂うアメリカーナなロックを聴かせる3人組、ザ・ローン・ビロウが今年発表した2枚目のアルバム、「Then Came The Morning」をご紹介します。

the-lone-below-then-came-the-morning-cover-2015-billbaord-650x650.jpeg 


インディー・レーベルからのリリースで、特に有名人が関わっているわけでもなく、かつカントリー系ロックのアーティストということで、まず日本発売の可能性は限りなく低いこのザ・ローン・ビロウですが、何と言っても目を引くのは映画の一場面のようなそのジャケット。

アメリカ中西部によくありそうないかにもアメリカ!という感じのダイナーのテーブルに座った品のいい老婦人がでかいマグでコーヒーをゆっくり飲んでいる、という図。その背後の壁にはヒマワリを描いた絵が飾ってある、というもの。

昔から「ジャケ買い」という言葉があるように、ジャケットがいいアルバムはかなりの確率で内容のクオリティも高い、というのは私も長年のレコード収集活動から感じているところですが、このアルバムも例外ではありません。

 CS561024-01B-BIG.jpg

イントロのドラムスとピアノからメロディーに入っていくところが、たまらなく郷愁を感じさせるオープニングのアルバムタイトル曲「Then Came The Morning」。訴えかけるようなボーカルのザックの歌声がザ・バンドあたりを思わせるような、カントリーとゴスペルの雰囲気満点の楽曲構成とメロディに融合して、いきなりアルバム冒頭から「おっ」と思わせるのです。

続く「Fake Roses」は70年代であればニッティ・グリッティ・ダート・バンドポコ、最近であればライアン・アダムスといった、カントリーを背骨にしたアメリカン・ロックといった浮遊感いっぱいのメロディを聴かせてくれる佳曲。

3曲目の「Marietta」はまた冒頭の「Then Came The Morning」と同じ感じのカントリーとゴスペル、南部のR&Bの香りをふんだんに漂わせながら、ザックのボーカルが切ないメロディーを歌う歌う、スロウながらソウルフルなナンバー。

 

彼らの引き出しはこうしたカントリー・ゴスペル風なナンバーだけではなく、次の「Take My Love」は、70年代後半のアメリカン・ロック王道路線を彷彿とさせるストレートなロックナンバーですし、「Watch Over Us」はもっとフォークやカントリー路線に寄り添った、ルミニアーズマムフォード&サンズあたりがやりそうな、ちょっとアパラチアン・ミュージックの影響を感じさせる、いかにもなアメリカン・ルーツ的な楽曲。かと思うと、アルバムジャケを表現したようにも思える「Diners」はメンフィスやマッスル・ショールズあたりで、ブルース・ミュージシャンがやりそうなソウルフルな一曲で、私などはスリー・ドッグ・ナイト1972年にソウルフルに歌ってヒットした「Never Been To Spain」を思い出してしまいました。

アルバムラストの「I Let You Go」は、アコギ一本でザックがリスナーを送り出すように「君はもう行っていいよ/また戻ってきてくれたらいいなと思うけども」というリフレインをしんみりと歌うスロー・ナンバー。後半ペダル・スティール・ギターなど他の楽器も加わり、ワルツのリズムでゆったりとアルバムをしめくくるこれも胸に響く曲です。

 fc2blog_201507200010510a7.jpg

このように、ザ・バンドや初期のイーグルスポコといった、アメリカン・ルーツミュージックの影響を大きく受けながら、今のコンテンポラリーなサウンドとの接点もしっかり持っているザ・ローン・ビロウのサウンドを、メンバーは「ブルックリン・カントリー・ミュージック」と呼んでいます。

以前ご紹介したレイク・ストリート・ダイヴ同様、最初はオハイオで結成され、その後ブルックリンに活動の拠点を構えた彼ら。その音楽活動のきっかけは、リーダーでギターとボーカル担当のザック・ウィリアムスの奥さんが落馬事故にあって、その看病をしながらザックがつけていた日記を見た友人が、それを題材に作曲することをすすめたことだったようです。

何とその時に始めてギターを習い始めて多くの曲を作ったザックは、奥さんの完治後NYに移り住み、ブルックリンに居を構えて、そこでブライアン・エルムクイストg., vo.)とカネネ・ドネヒー・ピプキン(マンドリン、b., vo.)の二人に会い、ザ・ローン・ビロウが生まれました。

彼らは2013年にインディのディセンダンツ・レコードからデビュー作「The Lone Bellow」を発表、同アルバムはその年のUS各音楽誌の年間アルバム・リストに選ばれるなど、アメリカでは注目を浴びていたのですが、日本では冒頭にも述べたような理由でどうもまだ広くは知られていないようです。

今回のアルバムは、インディ・ロック・シーンでここ数年ブレイクしていて、やはりルーツ・ミュージックやUKブリット・ポップなどの影響を感じさせるバンド、ザ・ナショナルアーロン・デスナーがプロデュースしていて、ただの今風アメリカン・ルーツ・ロックになっていない、というのも味噌です。

 455833042-1-630x420.jpg

ここ数年というもの、インディ、メジャーを問わず、アメリカのロック・シーンの重要なキーワードが、ブルックリンであり、オルタナ・カントリーまたはアメリカン・ルーツであることは、ウィルコ、ライアン・アダムス、マムフォード&サンズ、ルミニアーズなどなどの活躍で明らかになってきています。

そんな中、そのムーヴメントの王道を行くようなザ・ローン・ビロウのこの作品は、アメリカン・ロック、特にルーツ系(R&B、ブルース、カントリーなど)に興味がある方には是非聴いて頂きたい。

特に、70年代アメリカン・ロックに親しんだ、アラフィフ以上の洋楽ファンの方にはたまらないサウンドのはず。「最近はいい音がないなあ」などといってザ・バンドドゥービー、オールマンとかばかり聴いていないで、このような今なお昔からのアメリカ音楽の系譜をしっかり受け継ぎながら、新しい息吹を吹き込んでいるアーティストにも耳を傾けてみてはいかがでしょうか?

<チャートデータ>

ビルボード誌全米アルバム・チャート 最高位44位(2015.2.14

同全米ロック・アルバム・チャート 最高位11位(2015.2.14

同全米モダン・ロック/オルタナティブ・アルバム・チャート 最高位6位(2015.2.14

第57回グラミー賞 最優秀アルバム部門ノミネーション発表!
 ...といってたらもう出ました、Album Of The Year部門のノミネーション!さっき予想した5枚のうち、アナ雪(「Frozen」)以外は見事予想的中!そしてビヨンセのアルバムだけは何とか主要部門に潜り込んだ格好。ということで最終リストは、

Morning Phase - Beck
Beyoncé - Beyoncé

X - Ed Sheeran
In The Lonely Hour - Sam Smith
GIRL - Pharrell Williams

Beck Morning Phase Beyoncealbumcover.jpgEd Sheeran X Sam Smith In The Lonely Hour Pharrell_Williams_–_Girl_(album_cover) 

ううむ、こうなると、新人としてはノラジョン以来の、サム・スミス主要4部門完全制覇もあり得るなあ!さて各賞の予想も、これから年末にかけて順次アップしていくのでお楽しみに。


copyright © 2017 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.