Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
【Boonzzy Music】新旧お宝アルバム!#106「Moon Bathing」Lesley Duncan (1975)

 #106Moon BathingLesley Duncan (MCA, 1975)


台風の関係で雨続きだった10月も終わり、11月に入ってやっと秋らしい素晴らしい天気の日々が続いていますが、皆さんもアウトドアに、行楽に、そしてライブやレコードハンティングに活動レベルを上げていることでしょうね。そうこうしているうちに2017年も後残すところ2ヶ月。今月が終わるとビルボード誌の年間チャートの発表や、来年2月発表のグラミー賞ノミネーション発表と、にわかに音楽周りも慌ただしくなる季節。今年新たに巡り会ったアーティストや新譜の数々を振り返って、そろそろ2017年の総決算の準備をしようかな、と思い始めているところです。


さてそんな秋の深まりを感じる今日この頃、今週の「新旧お宝アルバム!」は正にそうした秋の雰囲気を強く感じさせるアーティスト、そしてアルバムをご紹介します。エルトン・ジョンの初期のアルバム『エルトン・ジョン3(Tumbleweed Connection)』(1970)に収録されたしみじみとしたアコースティックナンバー「Love Song」の作者として、そしてその曲をエルトンとデュエットしたことで当時注目を浴びた、イギリス出身の女性シンガーソングライター、レスリー・ダンカンの4枚目のアルバムになる、その名も秋らしく「月光浴」という『Moon Bathing』(1975)をご紹介します。


Moon Bathing 


レスリー・ダンカンという人は、上記の通り初期の自分のアルバムには基本自作または自分の共作曲しか収録しなかったエルトン・ジョンが数少ない例外として「Love Song」を収録、しかも共演までしたということで70年代前半に注目を浴びたシンガーソングライター。その後もUKロックシーンでバックボーカリストとしてその後もエルトン・ジョンの『マッドマン(Madman Across The Water)』(1971)、あのピンク・フロイドの名盤『狂気(The Dark Side Of The Moon)』(1973)の楽曲にも全面参加するなど、ミュージシャン達の間で大きなリスペクトを集めたアーティストです。

上品な佇まいの風貌のレスリーはこうした素晴らしいキャリアやミュージシャン仲間からのリスペクトにも関わらず、本人自身が華やかなスターダムを望まず、またかなりの舞台恐怖症だったらしく、英米で商業的な成功を収めるには残念ながら至っていません。

しかしその大人の雰囲気を湛えたボーカルや、UKのアーティストながらアメリカのマッスルショールズあたりのサウンドも彷彿させる魅力溢れるメロディや楽曲構成の作品で、今でも70年代以来活躍するミュージシャンや古くからの音楽ファンの間では確たる人気を博しているのです。



当時の夫のジミー・ホロウィッツのプロデュースによるこのアルバムの冒頭を飾るのは、ちょっと明るいローラ・ニーロあたりのナンバーや、70年代半ばのサザン・ソウルナンバーを彷彿させる軽快でリズミカルな「I Can See Where I'm Going」。軽快なカッティング・ギターを聞かせてくれるのは、このアルバム全面に参加している、あのUKを代表するセッション・ギタリスト、クリス・スペディング。続くジミーとの共作「Heaven Knows」はぐっとテンポダウンして、しっとりとしたしみじみ系のバラードナンバーで、クリス・スペディングのスライド・ギターをフィーチャーしたこの曲は正に秋深し、という言葉を想起させるナンバーです。次のタイトルナンバー「Moon Bathing」はレスリー自らマンドリン、そしてUKアーティストの作品には珍しくジム・ライアンのバンジョーをフィーチャーした、ちょっとブリティッシュ・トラッドの香りを感じさせながらスロー・ブルーグラス的ユニークな楽曲で、レスリーの作風の幅を感じさせます。

ビートルズの「You Won't See Me」などと同様にコードの根音が半音ずつ下がっていくメロディから、サビにかけてはいかにもUKポップ風の軽快なギターリフが楽しい「Rescue Me」、そしてジミーのピアノをメインにまたぐっとしっとりとしたバラードの「Lady Step Lightly」でアルバムのA面が終了します。



B面は、ゴスペル風のピアノの演奏に乗ってレスリーがメンフィス・ソウル風な歌唱を聴かせてくれるアップテンポな「Wooden Spoon」でスタート。後半の効果音やゴスペル風コーラスが楽しいナンバーです。次の「Pick Up The Phone」はエレピのイントロから抑えめのクリスのギターをがっちりR&B風のリズムセクションが固めるミディアムナンバー。ここでのレスリーのソフトでやや哀愁を湛えたボーカルが、秋を感じさせてくれます。

同じく抑えめの楽器アレンジの中にフルートやサックスの音色が心落ち着かせてくれる「Helpless」、レスリー自身とジム・ライアンのアコギのアルペジオと後半から入ってくるジミーのピアノだけというシンプルながら心にしみいる、これぞシンガーソングライター作品という感じの「Fine Friends」、トルバドゥール風のピアノから一気に時代を感じさせるディスコ・ビートっぽいアップテンポにそれこそ「飛び込んでいく」このアルバムでは異色なナンバー「Jump Right In The River」とレスリーのボーカルと楽曲を堪能できる作品が続いて、ラストはもう一曲のジミーとの共作曲「Rocking Chair」。ジミーのピアノをバックにレスリーがその柔らかなボーカルでしっとりと歌うバラードで、この素晴らしいアルバムのフィナーレを飾ります。



レスリーはこの後5枚目のアルバム『Maybe It's Lost』(1977)をリリースした後、『狂気』のエンジニアだったアラン・パーソンズとの縁で、アラン・パーソンズ・プロジェクトのアルバム『イヴの肖像(Eve)』(1979)に参加、「If I Could Change Your Mind」のリード・ボーカルを取ったのを最後に、音楽業界からは引退してしまいました。最初の夫ジミーと離婚後、1978年に音楽プロデューサー、トニー・コックスと再婚し、スコットランドのマル島の港町に移り住んで静かな生活を送っていたようですが、残念ながら2010年に66歳の若さで他界しています。


Moon Bathing (Back)


長らくCD化されず、古くからの音楽ファンの間だけで聴かれ続けて来たこのアルバム、ありがたいことに昨年2016年に日本で世界初CD化を果たし、広く音楽ファンの手にわたることになりました。これからますます秋深まる中、きっとその素晴らしい楽曲とレスリーの歌声が心を温めてくれる、そんな作品、是非一度聴いてみてはいかがでしょうか。


<チャートデータ> チャートインなし

スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

追悼ポール・カントナー〜さらば、宇宙船の基幹操縦士〜
 下記は先ほどFacebookにアップしたもの。備忘録として自分のブログにもアップしておくことにしました。今年はホントに重い訃報が多くて気が重い。まだ1月だというのにね。

2016年の訃報ラッシュ、今度はJefferson Airplane/Jefferson Starshipのギタリストで創設メンバーの一人、ポール・カントナーが逝ってしまった。これもボウイグレン・フライ同様、大きく一つのロックの世紀の終わりを象徴する事件だと思う。心よりご冥福をお祈りする。

paul-kantner-jefferson-airplane-billboard-650.jpg 

当然自分は1967年の「Summer Of Love」も、1969年のウッドストックも、まだ神秘的でスリムな美人ボーカルだったグレイス・スリックが歌う「Somebody To Love(あなただけを)」がヒットした頃のジェファーソン・エアプレインを知るわけはない。でも洋楽を聴き始めた頃から、ラジオで60年代末から70年代初頭にかけてのロックが文化的パワーを噴出させた時代を取り上げる時、必ずジャニスジミヘンと一緒にあのグレイスのパワフルなボーカルを聴いていたので、あの曲は耳にとても馴染んでいる。

そこで出会ったのがトップ40と、そこで何と飛行機から宇宙船にグレードアップした彼らがヒットさせていた「Miracles」「With Your Love」といったマーティ・バリンの曲。そして名盤『Earth』のヒットでジェファーソン・スターシップは僕と同時代のロック・バンドとして生き生きと活動していた。そこでいつも黙々とギターを弾いていたのがポール・カントナーだった。


JeffersonStarship Earth

ポールはもっとブルースなロックをやりたかったジャック・キャサディヨーマ・コーコネンエアプレインを抜けてホット・ツナを結成したことで飛行機が宇宙船になった時も、1978年に創設同志のマーティ・バリンが抜けてミッキー・トーマスに変わって、サウンドが次第次第にシンセロックっぽくなっていった時も宇宙船の基幹操縦士であり続けたのだけど、ミッキーグレイスが次第にバンド・コントロールを取るようになり、ついに1984年のアルバム『Nuclear Future』を最後に宇宙船離脱。

その後実は全く知らなかったのだが、1990年頃にはグレースクレイグ・チャキーソ(かつてポールが宇宙船にグレードアップする時にスカウトしたギタリスト)ら宇宙船のオリジナル・メンバー全員が脱退してミッキー・トーマス・バンドとなってしまったスターシップをよそに、ポールは1992年に宇宙船を再結成して基幹操縦士となっていたのだ。まるで『フォースの覚醒』でミレニアム・ファルコン号で華々しく再登場するハン・ソロのようではないか。彼は昔の盟友、ジャック・キャサディパパ・ジョン・クリーチ(惜しくも1994年に没)に若いメンバーを加えて2枚のオリジナルアルバムの他5枚ものライブアルバムをリリースしていたらしいのだ。

JeffersonStarship-DeepSpaceVirginSky.pngJeffersonStarship-WindowOfHeaven.jpgJeffersonStarship-TreeOfLiberty.jpg

その2枚のオリジナルアルバム(上の右2枚)と、ライブも是非聴いてみようと思っている。最後まで、宇宙船の基幹操縦士として本来あるべき、そして僕が70年代後半〜80年代初頭にかけて親しんだ同時代のあのロック・バンドを操縦し続けようとしたポールの最後のレガシーをちゃんと受け止めるために。

R.I.P., Paul - you're definitely one of the rock's heroes and we all thank you for your accomplishments as the chief pilot of Jefferson Starship.


ビルボード誌のポール・カントナー訃報記事はここから読めます(英語)。

Barakan Evening Vol. 2に行ってきました。
 既にFB等では報告済みですが、今週の水曜日、4月22日に代官山の「晴れたら空に豆まいて」(という名のライブハウスです。面白いネーミングですよね)で開催されたイベント「Barakan Evening Vol. 2」に行って来ました。

BarakanEvening2.jpeg 


ピーター・バラカンさんについては、その独自の音楽に対する趣味やスタンス、それを表現するラジオやTVでの活動の様子、ひいてはインターFMで「Barakan Morning」を人気番組にしながら、局との方針の違い?で執行役員を外れるなど、優れた洋楽の日本での普及を推し進めるその気骨ぶりには従来から共感を覚えてきました。そんなところで今月日経夕刊でバラカンさんが「ラジオという媒体を通じてあまり陽の当たることのない、しかし優れた音楽をより多くの人々に届けるのが自分のパッション」といった内容の四回連続コラムを連載したのを読んで、自分の考えていることと同じじゃん!と感動。興奮してバラカンさんに思わず自分のこれまでの活動と思いを綴ったメールを書き、22日のイベント(すでに前売りは完売だった)で会えれば、と送ったところ「当日券もあるからおいで。もし入れたら声かけて」と涙の出るような優しい返信を頂いたので、いそいそと行って来ました。一応イベント告知サイトに、当日のリクエストやメッセージを受け付けるリンクがあったので、メールとリクエスト(Lake Street Diveの「Bad Self Portrait」)を送っておいたのが、今から思うと大正解。

事前に電話で当日受付開始が6時からと聞いていたので、5時50分頃に現地に着いたら、既に3人ほどのかたが並んでいて、バラカンさんの人気ぶりを実感。しかしうちお一人は前売り予約済みの方ということで当日整理券番号#3をゲット。1時間ほど開始まで時間を潰し、19時半からの開始ちょっと前に会場に戻ったところ、既に会場内からはインターFMバラカンさんの人気番組だった「Barakan Morning」の再現よろしくオープニングの音楽と歓声が。何とか1曲目(ポール来日にちなんで、Dr. Johnの「Let 'Em In」w)が終わるあたりで会場に入場できてラッキー、と思っていたら、いきなり聴き覚えのあるドラムスのイントロが。やった!自分のリクエストがかかった!と年柄もなく大喜び。回りのお客さんの何人かもLake Street Diveの「Bad Self Portrait」にノリノリになって喜んでくれたのが、自分のことのように嬉しかったなあ。ある方からは終わった後に「ボニー・レイットみたいですね!」と言われてホントにそうだなあと。

LakeStreetDive_BadStreetPortrait.jpg

曲が終わってバラカンさんが「Lake Street Diveという僕も知らなかったグループの曲です」と紹介、「番組やっていた頃はこうしてリスナーから知らない音楽を教えてもらえてたけど最近はそれも少なくなり残念」とやった後、何と僕のメールを読んでくれてるではないの。このグループを知ったのはUS留学中の娘がSpotifyで聴いて気に入って、僕に教えてくれたのがきっかけ、というエピソードも読んでもらって更に興奮。その上バラカンさんが「阿多さん、会場にいますか?」と声をかけてくれて、思わず飛び上がって手をあげた私。いい年してよくやったなあ。でもこれで来た甲斐があった、と真剣嬉しかったね。

その後も往年の「Barakan Morning」さながら、稲葉智美さんの読み上げるニュースや天気予報などもフィーチャー、UK音楽誌『Mojo』に掲載のウィルコ・ジョンソンのハジレコや数々のバラカンさんらしい楽曲を次々にプレイ、好きなアルバムなどから楽曲をかけたり、アイリッシュ音楽の日本人のスリーピースバンド、トリコロールによる素晴らしいアイリッシュ音楽のライブなどをはさみ、最後は「Barakan Morning」の最後にかけたという「We'll Meet Again」のインク・スポッツバージョンをプレイ。そのフェードアウトにかぶせてバラカンさんが「この曲、She & Himのバージョンもあって、今日持ってきてるんだけどかけようかな、どうしようかな」と言い出したので、
ゾウイー・デシャネル(映画『Almost Famous』(ペニーレーンとあの頃)での主人公のお姉さん役や最近TVシットコム『New Girl』に主演している女優で、She & Himの片割れ)が好きな僕は思わず「お願いします!」と叫んでしまった。その声を聴いてバラカンさんが「よし、じゃかけよう」と言ってかけてくれたのも嬉しかった。多分She & Himの最新アルバム『Classics』(買わなきゃなあ)からのカットだと思うけどリンク・レイあたりの昔のアルバムみたいな残響の強い音像が印象的なバージョンでよかった。最後はこれも番組では定番だったらしい、ドビー・グレイの「Drift Away」(明日なきさすらい)。これは僕も大好きなナンバーですが、会場の一部はサビを大合唱で大盛り上がりの中でイベント終了。

SheHim_Classics.jpg

終了後、事前に自分が作ったプレイリストを焼いたCDを持ってバラカンさんにお礼かたがた話しかけたところ、とても柔和に応対してもらい、自分が優れたしかしなかなか広く知られていない洋楽をバラカンさん同様広めていきたい、若い世代には古いけどいい音楽を、年配の世代には今の新しいけどいい音楽を、広める機会を作るようなイベントをやって行きたい、と夢を語ったところ「何か手伝えることがあったら言って下さい」とありがたいお言葉を頂きました!

次回「Barakan Evening Vol. 3」は7/15、ゲストはあの!鮎川誠氏ということで大ブルース大会が予想されますが、こちらの前売り予約を今度は会場で素早く登録して、心暖かい気持ちで帰途についたのでした。次回が早くも楽しみです。
バラカンさん鮎川さん450 


2015/3/28 King Bee DJ - The Blacks Cover White
この記事、とっくの昔にアップしてたつもりでしたがどうも上がってなかったようなので、改めてアップします。やや日が経ってしまって寝ぼけた感じになってるのはご勘弁を。今日は4月のKing BeeのDJナイトに参加予定なので、またアップします。

今日(3/28)は月一の新橋King BeeのDJナイト。今月のお題は「Black Covers White」ということで黒人による白人曲カバーをかけるという趣向。ちょうど20年ほど前に洋楽ファンサークルmeantimeのオフ会で「Oreo's Jam」っていうタイトルでやったDJと全く同じテーマだったのでその時のプレイリストを一部使いながらなかなか楽しいDJができました。以下はセトリ。(〜以降は作者)

1. She's Gone - Tavares (1974)〜Daryl Hall & John Oates
2. Hello It's Me - Groove Theory (1995)〜Todd Rundgren
3. You've Got A Friend - Donny Hathaway (1972)〜Carole King
4. Walking In The Rain - Grace Jones (1981)〜Harry Vanda & George Young (Easybeats/Flash & The Pan)
5. Crazy - Hot House (1988)〜Willie Nelson
6. You Belong To Me - Chaka Khan f/ Michael McDonald (2007)〜Michael McDonald & Carly Simon
7. How Deep Is Your Love - Portrait (1992)〜B., R. & M. Gibb
8. A Song For You (Live From Welcome Home Heroes) - Whitney Houston (1991)〜
Leon Russell

ちなみにHot Houseは後にMピープルのリードボーカルで90年代初頭のUKクラブシーンでブレイクするHeather Smallがいた凄いポップでアーシーなUKソウルグループ。この曲が入ったアルバム「South」は結構オススメです。

HotHouse_South.jpg 

ラストにかけた、ホイットニーの「A Song For You」。これは昨年リリースされた、彼女のキャリアを俯瞰するライブ音源とDVDセットの『Whitney Houston Live: Her Greatest Performances』からのナンバーでしたが、これが素晴らしい盛り上がりの感動的パフォーマンスで、観客の一部の方は思わず涙ぐむ場面も。このアルバム+DVD、全てのブラック・ミュージック・ファンはmust haveの名盤ですよ!

WhitneyHouston_HerGreatestPerformances.jpg


11/15 新橋King Bee「KBディスコ」DJしました。
さてさてここのところ月例で新橋のソウルバー、King BeeさんでアマチュアDJイベントに参加させてもらってますが、去る11/15にKBディスコに参加、80年代ダンス・ミュージックをかけまくりました。その際のセットリストをアップします。いやあ久しぶりに掛けまくる80年代ダンスフロア・チューンの数々、六本木ナヴァーナあたりに通った頃が懐かしく思い出されましたね。ということで第一巡のセットリスト。

Opening: Sun Goddess - Ramsey Lewis / Spirng Rain - Silvetti


1. Looks Aren't Everything - Cherelle
2. Medley: Innocent / Alex 9000 / Innocent II - Alexander O'Neal
3. Walking Into Sunshine - Central Line
4. Friends - Shalamar
5. Forget Me Nots (12" Version) - Patrice Rushen
6. Controversy - Prince
7. Don't You Want Me (Instrumental Remix) - The League Unlimited Orchestra
8. Saturday Saturday Night - Zoom
9. Kickin'  Back - L.T.D.
10. Mama Used To Say (12" Version) - Junior

何しろトップバッターの前座DJだったので、最初の頃はお客様も少なく黙々かける、という感じだったけど、L.T.D.ジュニアで持ち時間の45分をフィニッシュする頃にはお客様も増えてきて、結構盛り上がってもらえたのでなかなか気持ちよかった。80年代にフロアでよく耳にした、熱いチューンが並べられて久しぶりに血が騒ぐという感じであった。

この後3人の常連DJの皆さんが回したあと、回ってきた2巡目ではちょっと趣向を変えてUKダンス・チューンのモジョ(実はフランスのユニット)からスタート。


1. Lady (Hear Me Tonight) (Original Mix) - Modjo
2. Boy Meets Girl - Haircut 100
3. Blue Monday (12" Version) - New Order
4. Don't Call Me Baby - Madison Avenue
5. It's Not Right But It's Okay (Dance Mix) - Whitney Houston
6. You Want This (Single Version) - Janet Jackson
7. Giving You The Benefit - Pebbles
8. Pump Up The Volume - M/A/R/R/S
9. Try Jah Love - Third World

UKで始めたんだけど、New Orderあたりでちょっとフロアの乗りがイマイチだったので、少しずつまた80年代R&B的トラックにシフトバックして、結局最後はサード・ワールドでとってもベタに盛り上がらせて頂きました(笑)。

ここのアマチュアDJイベントに毎月参加させてもらってますが、それとはまた違った感じで楽しかった!他の常連DJさんのDJタイムでは思い切り久しぶりに踊りまくってしまいました。これ、ちょっとクセになりそう。

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

copyright © 2018 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.