Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
■2008/11/21 東京国際フォーラムAホール キャロル・キング
あっという間にあの感動のライブから1週間経っちゃって、その間にキャロル・キング大先生はスマスマに登場してSMAPと競演しちゃったりなんかして。66歳のおばあちゃんにしてとってもキュートで面白い彼女とSMAPの組み合わせはそれはそれで結構微笑ましかったりしたけどね。キムタクが「キャロル・キングって、ビートルズが出て来たばっかりの時に既にキャロル・キングの曲のカバーをやってたくらい(「Chains」のこと)凄かったんだぜ!」と思わぬ所で口走っており「こいつ結構洋楽詳しいんじゃん」と思ったりしてた。
caroleking.jpg
そんなことはどうでもいいんだけど、先週の金曜日のキャロル・キングのライブ。4年前からやってる「Welcome to my Living Room Tour」の日本版ということで、東京国際フォーラムのAホールに入っていくと、ステージには座り心地の良さそうなソファーとピアノ、そしてライトスタンドが2本くらい立っているという、まさにキャロルの居間にお邪魔してパフォーマンスを聞く、といった趣向がうれしい。客電が暗くなって拍手の中、キャロルおばさんが満面の笑顔で登場。今回はギターとベースとキャロルの3人編成という極めてシンプルな構成で、かなりアンプラグド度の高いライブを聴かせてくれたが、そのライブのオープニングはいきなりダーンとピアノのストロークから始まる「Beautiful」。いきなりの名盤『つづれ織り(Tapestry)』(1971)からの選曲に今日のこれからの展開に期待が盛り上がる。キャロルの歌声はややかすれ気味ではあるが、当年66歳とはとても思えないほど力強く、よく通る素晴らしい歌声だ。曲が終わると、キャロルが深々とお礼をして、いきなり「ワタシノリビングルームニヨオオオコソオオオ~」と日本語を駆使してご挨拶。続けて始まったのは文字通り「Welcome To My Living Room」。2004年に今回と同様のセッティングでのツアーを開始した時に発表されたライブアルバムからの曲。観客の層はどう見ても僕と同じ40代以上の人が多そうで、この曲を知っている人は多くはなかったろうが、でもこの暖かいメッセージは十分客席に伝わった。続く「Now And Forever」はあのマドンナトム・ハンクス主演の映画『プリティ・リーグ(A League Of Their Own)』(1992)のサントラに提供していたミディアム曲だ。いずれも超有名曲ではないが、曲の合間に「ミナサンコンニチワ~」「ワタシハキャロル・キング(ローマ字風に発音して)デスゥ」などと日本語を振りまく彼女の暖かい人柄が伝わってくるパフォーマンスだ。そして3曲目に「トテモムカシノキョクデスゥ」と言って始まった「Up On The Roof」でまず最初のノックアウト。あのドリフターズに提供して大ヒットとなり、後にローラ・ニーロ(1970年全米92位)やジェイムス・テイラー(1979年全米28位)の名唱でもヒットした彼女の代表作の一つ。一曲を挟んだ後、キャロルが弾き始めたピアノのイントロで思わず会場がどよめいた。またまた『つづれ織り(Tapestry)』(1971)からの「Home Again」だ。最初のピアノの数音が作り出すまさしくマジックに思わず呆然としてしまったのは僕だけではあるまい。


>>続きを読む
スポンサーサイト
■11/29/2008付Hot100の続き
taylorswift.jpg...ということで帰ってきましたが、かなりドタバタの3連休だったのでなかなか懸案のテイラー・スイフトの6曲同時初登場をカバーする時間がなくて、今日に至ったというわけ。実はもうそろそろ12/6付のチャートが発表されているタイミングなんだけど、敢えてそれを見ずに11/29のチャートのコメント、いってみます。
何と言っても11/29のチャートではアルバム『Fearless』を堂々アルバムチャート1位に送り込んだテイラー嬢の6曲同時初登場が話題。その6曲とは:
  • 13位 - White Horse
  • 49位 - Forever & Always
  • 72位 - The Way I Loved You
  • 79位 - Fifteen
  • 87位 - Breathe
  • 94位 - Hey Stephen
で、この6曲同時Hot100初登場というのは歴代何と第3位の記録なんです。つい最近のアレもあったので覚えてる人も多いと思うんだけどここでおさらいしてみましょう。

Hot 100 同時多発初登場記録トップ5(カッコ内は初登場順位が最高位でない場合の最高位)
1. davidcook.jpgDavid Cook - 2008年8月7日に11曲初登場
  • 3位 - The Time Of My Life
  • 15位 - Dream Big
  • 22位 - I Still Haven't Found What I'm Looking For
  • 28位 - The World I Know
  • 42位 - I Don't Want To Miss A Thing
  • 47位 - Billie Jean
  • 67位 - Always Be My Baby
  • 73位 - Hello
  • 77位 - The Music Of The Night
  • 92位 - Eleanor Rigby
  • 99位 - I'm Alive
ご存知、アメリカン・アイドル第7代目グランド・チャンピオン。彼が優勝した翌週発表のチャートでこの快挙が達成されました。「The Time Of My Life」と「Dream Big」以外は全てカバーで、いずれも彼が勝ち上がる課程で番組で実際に歌った曲。どの曲が誰がオリジナルか判るかな?ちなみにこの11曲は全てiTune Music Storeにアップされていたらしいんだけど、チャートが発表された瞬間に「The Time Of My Life」以外の曲はiTuneから消えてしまったという曰く付きの代物で、僕も未だにダウンロード出来ていません。今週発売の彼のデビューアルバムにもこの10曲は収録されてないようなので、幻のヒットに...

2. hannahmontana.jpgHannah Montana (a/k/a Miley Cyrus) - 2006年11月11日に6曲初登場+1曲再登場(Re-entry)
  • 47位 - If We Were A Movie
  • 67位 - I Got Nerve
  • 81位 - Pumpin' Up The Party
  • 83位 - Who Said [Re-entry]
  • 84位 - The Other Side Of Me
  • 89位 - This Is The Liife
  • 99位 - Just Like You
これもご存知ディズニーの人気TVシリーズ『Hanna Montana』であの「Achy Breaky Heart」(1992年最高位4位)の大ヒットで有名なビリー・レイ・サイラスの実娘であるマイリー・サイラスが扮するキャラクター名でいきなりこの同時多発デビューをやってのけました。マイリー本人はブルネット(一見黒髪に見えるが)なんだけどハナ・モンタナはご覧の通りブロンドということで、まあスーパーマンとかスパイダーマンの類とコンセプトは一緒なんですが。

3. Taylor Swift - 2008年11月29日に6曲初登場

>>続きを読む
■11/29/2008付Hot100~同時多発デビュー発生!
...ということで昨日の東京国際フォーラムでのキャロル・キングの素晴らしいライブの余韻から一夜明けた三連休初日の今日、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。いやあ66歳のキャロル・キングの年齢を感じさせない力強くもマジカルなライブ、よかったねえ。詳細はこの連休中にまたレビューをアップしますね。

まずはこの間の「トップ5内初登場曲最多記録保持者」のクイズについて。カニエが3曲で同率2位だけど、1位ともう一組の2位は誰?という問題でした。回答は下記の通り。

Hot 100トップ5内初登場曲最多記録(2008.11.29付現在)

1. MariahCarey.jpg Mariah Carey - 5曲
("Fantasy""One Sweet Day"- 1995年1位初登場、"Always Be My Baby" - 1996年2位初登場、"Honey" - 1997年1位初登場、"My All" - 1998年2位初登場)
2. The_Notorious_BIG.JPG Notorious B.I.G. - 3曲
("One More Chance/Stay With Me/The What" - 1995年5位初登場、"Hypnotize" - 1997年2位初登場、"Mo Money Mo Problems" - 1997年4位初登場)
2. KanyeWest2.jpg Kanye West - 3曲
("Swagga Like Us" - 2008年5位初登場、"Love Lockdown" - 2008年3位初登場、"Heartless" - 2008年4位初登場)

...というところでどうだったでしょうか。予測は当たった?ビギーはちょっと盲点だったかも知れませんね。

というところで実は今日これから家族で小淵沢のリゾナーレにミニ家族旅行に出発するので残念ながら今日のところはここまで。テイラー・スイフトの6曲初登場の詳細やその他の記録、トップ20内初登場最多曲数ランキングの発表(ちなみに1位~3位当たった人には何か差し上げましょう)等々については、明日の晩、帰って来てからアップするのでお楽しみに。

では行ってきます!
■速報~テイラー・スイフト祝1位
Fearless.jpgやはりというか余裕というか、予想通り昨日発表された11/29付のビルボードアルバムチャートで、テイラー・スイフト嬢の新譜『Fearless』が堂々592,000枚を売り上げて初登場1位を達成!この前もお伝えしたように、これは去年秋のキャリー・アンダーウッドの『Carnival Ride』以来の女性カントリー・アーティストのアルバム1位で、かつ売上枚数も当時のキャリーの527,000枚を軽くブッちぎる堂々の1位ということになります。

でもニュースはこれだけでなく、何と今週Hot100の方には、この間初登場を予想した「White Horse」(13位初登場)を含めて合計6曲が初登場!これは記録なんだけど、どういう風に記録かは今日帰宅してからデータを整理の上、報告します。この間のトップ5内初登場のクイズの答えも発表しなきゃね。そうそうそれに加えて歴代トップ20内初登場の記録もお伝えする予定。ここでもテイラー嬢がブイブイ言わせてくれてます。乞うご期待。

CaroleKing.jpgところで今日の夜は嫁さんと「死ぬ前に一度見とこう」(笑)シリーズ第一弾、キャロル・キングのライブを見てきます。例の3月の悪夢のロバータ・フラック以来なので、とっても楽しみ。ライブの様子はまたここにアップする予定なのでよろしく。ちなみに左の写真は最近のキャロル・キング。さすがに年は隠せないが、依然ポジティブなヴァイブが伝わってくるような感じでイー感じにエイジングしてるように見えるよね。なお彼女は(なるほどというか)かのバラク・オバマを支持しているそうで、この写真はフィラデルフィアで9/26に開催されたオバマの支持集会に彼女が参加した際のもののよう。

ところで一方ジョン・マッケインに「Running On Empty」を無断で選挙活動用に使用されてマッケインを訴えていたジャクソン・ブラウンに対して、マッケインが提訴無効申立のみならず、逆に損害賠償請求を行ってるらしいんだけど、その理由がとんでもないみたい。詳細は後ほど。

ではでは。
■11/22/2008付Hot100~蟹江が跳ねる!
最近年末に近づくと時間の経つのが早く感じられるのは僕だけ?ということで今週のチャートのお話しですが、1位は先週同様、T.I.+リアーナの「マイアヒ・ライフ(Live Your Life)」が通算4週目の首位キープ、これで先週お伝えしたT.I.の1位寡占状態が、12週中10週の83.3%の独占率となりました。そんな中で今週の話題はいきなり4位に初登場で飛び込んできた蟹江君ことカニエ・ウェストの「Heartless」。そういえば僕の好きなハートのシングルで同名のヒット曲(1978年最高位24位)あったねえ。♪Heartless~Heartless、ってね。で、この蟹江の新曲はこの間同じように初登場3位でHot100に飛び込んできた「Love LKanye_808sHeartbreak.jpgockdown」同様、11/24にThanksgiving Holidayで消費者がショッピングに精を出す(この経済状況でホントにショッピングに精を出す消費者がどのくらいいるかは疑問だが)11/29-30の週末を当て込んで発売予定の新作『808s & Heartbreak
』からの先行シングルカット、ということになります。しかし「Love Lockdown」といいこの曲といい、前の3作に比べてカニエの今度のアルバムは、ちょっとグルーミーなトーンに包まれた楽曲が多そうな予感。こういう楽曲を聴いたり、先日ロサンジェルス空港でカメラマンと悶着を起こしたり、先週はイギリス東北部のニューキャッスルでのライブの終了後、パパラッチ・カメラマンを殴って逮捕されたりなんてニュースを聞くと、思わず考え込んでしまうね。今年頭にお母さんを亡くしたってのも影響しているのかなあ。時にこの『808s & Heartbreak』ですが当初は12月第1週発売予定で、50セントの新作ともろにリリースがぶつかっていたのですが、お互いにそれを避けるべく、カニエはThanksgiving前に、そしてどうも50セントは来年にずらしたようですな。何せこの2人は去年の9月末にカニエは『Graduation』が957,000枚、50セントは『Curtis』が691,000枚の勝負で見事カニエ50セントを押さえて1位になったという因縁の関係だったからねえ。ところで蟹江君、この「Heartless」の4位初登場で今年トップ5内初登場が、上述の「Love Lockdown」(3位初登場)、「Swagga Like Us」(5位初登場、ジェイZ+T.I.のフィーチャリングですが)に続いて何と3曲目でこれは記録です。ちなみに、トップ5内初登場最多アーティストランキングを組むと、カニエは3曲で同率2位。さて、1位ともう一人の2位のアーティストは誰でしょう?これも次回までのクイズにしておこう。

Twilight.jpgTwilightCD.jpgアルバムの話になったついでに今週のアルバムチャートのNo.1は映画『Twilight』のサントラがメジャースター達の年末リリースの合間をかいくぐって見事初登場1位を記録してます。え?『Twilight』あなた知らない?いけないなあ、ステフェニー・マイヤー作のヤング・アダルト・ベストセラー小説の映画化作品の『Twilight』でしょう。この本、実はアメリカのティーンエイジャー達の間で大人気を呼んだ四部作『Twilight』(2006)『New Moon』『Eclipse』『Breaking Dawn』(2008)の第一弾で、普通の高校生の女の子がイケメン男の子(実は吸血鬼)と恋に落ちてしまうという設定の小説。これだけ聴くと何となく他愛のないパルプ・フィクションかあ、と思いがちですがさにあらず。どうもストーリー展開やキャラクター描写が優れており、結構はまるみたい。この表紙(←)とかも結構目を引くでしょう。まあ僕もこの4月にビジネススクールのリユニオンでNYに行った時に中3の娘に「この本買ってきて」と言われてその存在を知ったところなので、偉そうなことは言えないが。でも買ってきた本、娘はなかなか読んでないみたいなんで僕の方で先に読んじゃおうかなあ。で、ということでこの映画も待望の、という感じの作品のようなんでキャストはいずれも無名の俳優達なんだけど、映画封切り前(アメリカでは今度の金曜日に全米の封切り。来週のBoxofficeチャート初登場1位は確実です)からサントラがこうして1位になるという盛り上がりようなんですなあ。ちなみにこのサントラからは今週パラモアのいかにもこの映画向きの曲調の「Decode」がシングルカットされ、見事34位初登場、彼女らにとっての2曲目のトップ40ヒットになってます。


>>続きを読む
■2008年11月15日付Hot100~ビヨンセどんまいPart 2~
先週あんなにアップしたんだから今週は当然1位だと思ってたビヨンセ、何と今週は早くも赤丸が消えて5位に後退、代わって今週の1位は何とT.I.T.I.を蹴落として、”恋のマイアヒ”「Live Your Life」が何と2度目のトップを取ってしまいました。うーんT.I.あにい、強い。ちなみにこの曲の邦題、「マイアヒ・ライフ」だった。そりゃそうだけどさ...

ところで、皆さん知ってますかあ?これで9/6に「Whatever You Like」が1位を取ってから、今週付のチャートまで、途中ブリトニーピンクに1週ずつ1位を明け渡した他は、完全にT.I.が1位を独占状態(11週中9週)。今やこのT.I.天下状態にチャレンジしそうなのは今週14位→9位に入ってきたエイコンの「Right Now (Na Na Na)」くらいのもんでしょう。あとは年末にかけて大物の新曲が初登場1位とかない限りはこのままT.I.独占状態で2008年のチャートイヤー(11月いっぱいで終了)がクロージングを迎えてしまいそう。

と、いうところで前回のクイズ(100位で初登場して1位になった曲、3曲とは?)の解答いこうかな。すぐに北海道のN間くんから1曲だけ答えを寄せて頂きましたが(ありがとう!)、その1曲ははっきりいって正解です。で、問題の3曲とは:

>>続きを読む
■2008/11/8付Hot 100~ビヨンセどんまい!~
art.obama.grant.ap.jpgやあ昨日のオバマ大統領選当選のカタルシスは凄かったね。事前の得票予想は優勢だったけど何しろ人種差別が根深く残っている国なので、事前アンケートでは「オバマに入れる」って言ってた白人層が当日「やっぱマッケイン」と豹変することも十分に考えられただけに、このLandslide Victoryは素晴らしい。これで少しはアメリカ人のethnocentricity(民族自己中心主義)もいい意味で修正に向かうことを期待したい。しかしアリゾナ州フェニックスで敗北演説をやったマッケインの潔さには清々しいものを感じてしまった。選挙運動後半で劣勢になった時、観衆がマッケインの演説中に「オバマ死ね」とか過激な人種差別的ブーイングをしたのを慌てて「オバマは立派な奴だから君らもっと冷静に」となだめた、という話も伝わっていたので、この冷静かつ前向きな敗北宣言はある意味納得できるところ。でもきっと死ぬほど大統領になりたかったに違いないマッケインの敗北にあたってのこの態度は大きく評価出来ると思う。一方オバマの勝利宣言スピーチ(全文はここを参照)もいつもながら素晴らしいものだった。「You」という言葉をパラグラフ単位のメッセージの主語として繰り返し使ったり、リンカーンの「人民の、人民による、人民のための政府」という言葉を上手に組み入れたり、レトリックも多いのだがそれが極めて聴衆に自然に受け入れられるような使われ方をしており、やはりこの男は(僕より一歳年下なんだけど)凄いと思ったね。ただ本人もスピーチの中で言っていたように「今日のこの出来事がChangeなのではなく、これからChangeをみんなで実現して行かなくてはいけない」のであり、これからかなりの試練が待っていることは間違いない。「Yes, We Can」(あのウィル・アイ・アムがこのフレーズを使ってオバマ応援の曲とビデオを作ったらしい)が現実のものとなるよう、見守って行きたいと思う。一つだけ気になっているのは、イラク撤兵声明の一方、アフガンに対しては場合によっては派兵増強も検討する、とか何とか言ってること。国際法上のどういう規定・権利を根拠にアフガン派兵を正当化しようとしているのか、彼の明確な説明を聞きたいところだ。

>>続きを読む
copyright © 2017 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.