Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
■ブログさぼっていてすいません。
まずはブログアップを2ヶ月もあけてしまっていて失礼しました。今週は一週間バンコクとシンガポールでとっても殺人的なスケジュールをこなして帰ってきて週末ほっこりしているところに、nakamakanさんからとうとう「早く更新して!」とのプッシュも頂いてしまい、恐縮です。

でも再開一発目のメッセージはやっぱり、

R.I.P. 清志郎!

です。なぜか。実は田舎の高校を卒業して東京に出て来たばかりの頃、大学の学園祭実行委員に身を投じたところ、その年の学園祭のメインのコンサート・イベントが、当時「雨上がりの夜空」を大ヒットさせていたRCで、僕らはスタッフということで楽屋にいた清志郎、チャボらと一瞬だけど親しくお話しをさせて頂いた経験があるのです。しかも清志郎は地元(国分寺二小出身で、日野高校卒)ということもあり、また人後に落ちないオーティス・レディングの大ファンということで、不思議な繋がりを感じていた人だっただけに、5/2の逝去の報道は「えっ!」という感じだったのです。こんな感じを持ったのは、過去にはダニー・ハサウェイ、マーヴィン・ゲイ、ジョン・レノンがそれぞれ逝った時以来。RC時代の代表曲の一つ、「多摩蘭坂」は実際の地名で、いつも家から娘を国立の塾に送る時や、国立に住んでる母親の所に行く時には必ず通る場所なんです。おりしも今日家でNHKを見ていたら、2005年に清志郎オーティスゆかりの地を訪れるドキュメンタリーの再放送なんかをやっていて、思わず見入ってしまい、後半あのスティーヴ・クロッパー清志郎がジャムるシーンを見て思わず涙してしまったのでした...合掌。

取りあえずチャートの方はずーっと僕の(今)大嫌いなブラック・アイド・ピーズの「Boom Boom Pow」(しかしこのタイトル、何とかならんか?)が首位を走っていて(今週7週目でとうとう今年最長記録更新)なかなかブログをアップする気が起きない、というのもありまして。アメリカン・アイドルも最終戦で大番狂わせのKris Allen君がAdam Lambert君を破ってチャンピオンになったみたいですが、来週おそらく彼の優勝曲である「No Boundaries」を始め、アメ・アド関連楽曲が上位に何曲かガンガンガーンと初登場してくるでしょう。本格的な再始動はそれを受けてから、ということにさせて頂きます。今しばしお待ちあれ。
スポンサーサイト
copyright © 2017 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.