Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
■2011年My Best Albumカウントダウンその3 - #6 & #7
My Top 10 Albums of 2011
#7: LP1 - Joss Stone (Stone'd/Surfdog)

JossStone_LP1.jpg正直に言おう。僕はこのアルバム、究極のジャケ買いだった。もしこれが僕が元々大好きなジョスのアルバムでなく、他の知らないアーティストのアルバムだったとしてもおそらく即ジャケ買いしただろう。何しろ見てお判りの通り、このジャケのカッコ良さったらない(え?そんなことない?うーん単なる趣味の違いですな)。しかし小鼻にピアスリングを施した鼻から下、あごまでのジョスの顔がアップされたこのジャケは単なるスタイルだけでなく、ジョスの並々ならない自己表明が込められていると僕は見た。これまでとは違う、本当の自分を表現したいという彼女の自己表明が。何しろ彼女とEMIとのここ数年の確執は有名だったし、彼女としてもメジャーレーベルの契約に縛られた条件の下での表現活動にかなりフラストレーションを溜めていたようだ。そんな彼女が自ら立ち上げたStone'd(自分の名前と、ドラッグでトリップしているという意味のスラングを掛けてるあたり彼女らしい)からリリースしたこのアルバムは、あの元ユーリズミックスデイヴ・スチュアートを全面的に作品作りとプロデュースに迎え、彼女に取ってはサウンド的なルーツの聖地に近い、アメリカはテネシー州ナッシュヴィルで、僅か6日間で録音・作成されたというから彼女の気合いが判るというもの。

で、アルバム冒頭の「Newborn」からエンディングの「Take Good Care」までの10曲を一気JossStone.jpgに聴き通して思うのは、このアルバムが(僅か6日間で作られたということもあるが)スタジオライブ的にほぼ一発撮りと思われるような臨場感とシンプルなバックの演奏に乗って、ジョスのボーカルがとてもリアル感を持って聴く者に迫ってくる、静かな迫力に満ちた作品であるということ。ジャニス・ジョプリンベティ・ライトといったR&B・ブルース女性ボーカリストの先達のスタイルを固持しながら、彼女自身の存在感と表現力がひしひしと迫ってくるパフォーマンスはさすがと言える。何せこれでまだ24歳ですから、あなたデイヴ・スチュアートのプロデュースワークも、いい意味であまり音を作りすぎず、彼女のボーカルが引き立つようなバッキングトラック作りに徹しているのがよろしい。楽曲的には、単なるR&Bや単なるブルー・アイド・ソウル・ロックとかいうことではなく、きっちりメインストリームを意識しながら、ロック・R&B王道系・そして(ナッシュヴィル録音だからということでもなかろうが)オルタナカントリー的な風合いも渾然一体となった曲を彼女が気持ちよさそうに歌っているのがいい。特に個人的なお気に入りは情感たっぷりにもだえ歌うR&Bバラード「Newborn」、シャッフル調のリズムでメンフィス風なトラックの「Don't Start Lying To Me Now」、イントロやブリッジのカッティングギターが印象的な「Somehow」、そしてアコギ一本で見事に歌い上げる典型的なR&Bブルース・バラードの「Landlord」など。

SuperHeavy.jpg彼女はこのアルバム作成の前に、デイヴ・スチュアートとのつながりのきっかけとなった、ミック・ジャガースチュアートA.R.ラーマンダミアン・マーレーによるスーパーグループ、スーパーヘヴィにメンバーとして参加している。そちらの方の全般的評価は賛否両論だったようだが(不勉強にしてまだ聴いていません。すいません)、そういったプロジェクトへの参加が、デイヴとの関係づくり、ひいては彼女自身の作品プロジェクトに対するいい刺激になったのは想像に難くない。『Body, Mind & Soul』や『Colour Me Free』の時のような作り込んだアルバムで聴けたジョスの力強いソウルフルなパフォーマンスとはまたひと味違った、ややパーソナルな感触のジョスのパフォーマンスが聴けるこのアルバム、ちょっと前のシェルビー・リンルシンダ・ウィリアムスのアルバムに通じるものを僕は感じてかなり気に入った一枚になりました。


My Top 10 Albums of 2011

#6: Ghost On The Canvas - Glen Campbell (Surfdog)



GlenCampbell_GhostOnTheCanvas.jpgグレンアルツハイマー病に冒されたため、現役最後のアルバムを作成するらしい、というニュースが耳に入ったのが去年の春先。彼の前作の今時のロックナンバーのカバー作『Meet Glen Campbell』を2008年個人年間アルバムチャートの3位に入れて、彼の円熟したそれでいてはつらつとしたパフォーマンスに感動していた僕は複雑な気分でそのニュースを聞いたもんだ。もういよいよ老いた、病気にやられた往年の名シンガーが最後の老醜をちらつかせながら作るアルバムってどんなだろう。聴きたいような、聴きたくないような。でも意を決して、確かにそのアルバム背景に相応しいドドメ色のジャケのCDを購入して聴いてみた。アルバム冒頭のオープニング的な「A Better Place」に続き、前作でグレンがカバーしていたポール・ウェスターバーグがこのアルバムのために提供してくれたタイトルナンバー「Ghost On The Canvas」を高らかに歌うグレンの声を聴いてそんな心配は一発で吹っ飛んだ。ああ、何て澄み切った声で力強く歌ってんだろう!誰がこれがアルツハイマー病に冒された今年76歳になるシンガーだと思うだろうか!

とにかくこのアルバムを聴いて本当にインスパイアされるのは、グレン自身の歌唱パフォーマンスが本当にソリッドであること、彼の人生を題材にしたという楽曲群を今回提供しているポール・ウェスターバーグジェリーフィッシュロジャー・マニングJr.ジェイコブ・ディランたちの楽曲が本当に明るくオプティミスティックなサウンドとリリックに満ちていること、そして前作からのお約束である今時のミュージシャン達との共演(クリス・アイザックブライアン・セッツァーダンディ・ウォーホルズスマパンビリー・コーガン、そしてチープ・トリックリック・ニールセンらが共演している)で彼のパフォーマンスが彼の一生の終わりで終わるのではなく、若いミュージシャン達へのレガシーとして伝わって行くだろうというある意味の確信が感じられることだ。特に「A Thousand Lifetimes」「It's Your Amazing Grace」そしてビリー・コーガンリック・ニールセンをフィーチャーしたアルバムのラストナンバー「There Is No Me…Without You」などはそうした明日への力強さを強く感じさせてくれる。また見逃せないのは、アルバム全体のトータル感と、グレンの人生を表現したという楽曲群の流れを映画かミュージカルのようにつないでくれるインスト中心の1分前後の曲を6曲、一手に手がけたロジャー・マニングJr.の貢献度だ。

GlenCampbell.jpgこのアルバムの発表に合わせて、昨年の夏から今月にかけて北米16都市、イギリス・アイルランドの21都市をカバーする、彼の最後のツアーとなった「Good Times - The Final Farewell Tour」が敢行され、大盛況のうちに終了したらしい。うーん行きたかった!ただツアー中の基本的なセットリストはここ最近の2作の曲ではなく「Gentle On My Mind」「By The Time I Get To Phoenix」「Wichita Lineman」「Southern Nights」「Rhinestone Cowboy」といった往年のヒット曲で占められたらしい。うーんそれもいいなあ。で、そんな彼のラスト・ライブを見逃した我々に朗報。来月2/12に発表される第54回グラミー賞の授賞式で何とグレンが今年の新人賞候補のバンド・ペリー、そして今やカントリーの中堅選手となったブレイク・シェルトン共演するらしいのです。うーんこれは見逃せないコラボですなあ。この様子、来月の生グラミーブログ(ひょっとしたら生グラミーTwitterになるかもですが)で是非お伝えします。ともあれ、毎日の仕事や日常の些事に疲れてしまっているあなた、是非このアルバム聴いて下さい。元気になること請け合いですぞ。

(つづく)
スポンサーサイト
■2011年My Best Albumカウントダウンその2
ちょっと間が空いてしまいましたが引き続き行きます。

My Top 10 Albums of 2011
#9: Undun - The Roots (Def Jam / IDJMG)

TheRoots_Undun.jpgザ・ルーツというと、一昨年の僕の年間アルバムトップを飾った、ジョン・レジェンドとのコラボ盤『Wake Up!』での彼らのバックアップぶりは見事だった。ハロルド・メルヴィンWake Up Everybody」などオバマ大統領就任によるオプティミズムを体現するR&Bの名曲を高らかに唄うジョンを手堅くサポートしつつ、生演奏ヒップホップバンドとしての存在感を存分に感じさせてくれていたものだ。思えばあの高揚からはや3年、オバマ大統領は内政外交共に苦戦し、今年の大統領選での再選を危ぶむ声すら出ている。そんな状況を反映したわけでもなかろうが、そのザ・ルーツの12作目は、こにコンセプトアルバムの主人公である架空のキャラクター、Redford Stephen心拍が停止するフラットライナー音から始まるという真っ暗なオープニング(笑)。

確かにアルバムの内容は主人公のRedfordが人生に苦労する中、手っ取り早く稼ぐために悪の道に踏み入り、最後は死んでしまうというシリアスなもので、英米の音楽メディアもそのリリック内容を評価する向きが多いのだが、僕がこのアルバムに惹かれて思わず聴き込んでしまったのは残念ながらそういう観点からではない(もう少しリリックを読み込みたいところだが、このアルバムが出た去年後半は公私共にそれどころではなかったので、と言い訳です。失礼)。むしろ全体の楽曲群のトーンがここ数作の彼らの作品にしてはえらく僕のツボをつく、アップビートながらどこか哀愁を強く感じさせるひどく心地の良いグルーヴに満ち満ちていたからだ

DiceRaw.jpg暗めの冒頭2曲が終わるといきなり70年代のR&Bトラックに乗ってLLクールJが「I Need Love」をラップしているような錯覚に陥る「Make My」で思わずおや?と思ったら、もうこのアルバムの世界にのめり込んでいる。次の「One Time」も哀愁漂うトラックに小気味のいいDice Rawのフロウが乗ってて楽しいし、明らかに70年代フュージョンソウルからのサンプリングと思われるギターリフが洋楽オヤジ趣味をくすぐる「Kool On」、更にはバリーホワイトのイントロかと思うクエストラブのドラムスがカッコいい「The OtherSide」などラップが苦手な向きにも純粋に楽しめる楽曲が目白押しだ。中でも「♪No one's in the lighthouse / You're face down on the ocean♪」というサビのボーカルフレーズが無茶苦茶気持ちいい「Lighthouse」は本作のハイライト曲だ。リリックはどうも諍いの末誰かが海に落ちて溺死する話のようなのでかなり陰鬱たる内容なのだが、唄にラップにとここでも大活躍のDice Rawの声は妙に明るい

The Roots.jpg一通りルーツの楽曲が終わると突然個性派シンガーソングライターのサフジャン・スティーヴンスが登場、「Redford (For Yia-Yia & Pappou)」という短いピアノインストを演奏した後、ルーツの面々が同じテーマを最初はサフジャン同様の静かなピアノで、次は思いっきり前衛的に壊れたアレンジで、そして続いてもの悲しげなバイオリンで演奏して、最後はピアノの不協和音コードでアルバムは終了。決して万人に勧められる作品ではないが、ヒップホップに多少なりとも興味のある方には一聴をお勧めする、かなり完成度の高い作品だと思う。さあて僕はもう少しリリックを読みこむかな。


My Top 10 Albums of 2011
#8: Pull Up Some Dust And Sit Down - Ry Cooder (Nonesuch / Perro Verde)

RyCooder_PullUpSomeDust.jpgここ数年、オルタナ・カントリーと並んでマイブームなのが、西洋の音楽雰囲気も残した(昔風に言うと)第三世界テイストの音楽。故中村とうよう大先生やミュージックマガジンの連中ほどコアな世界には入っていけないのだけど、そもそも80年代からトーキングヘッズの『Remain In Light』とか好きだったわけだからもともと素養はあったんでしょう。そこへ来て『Buena Vista Social Club』以来大好きなライ・クーダー大先生の新譜となれば聴かなきゃいかん、と思ってるところにミーンタイム仲間の松本さんからの推薦もあったので12月にさっそく聴いてみたところ、これが何とも仕事でボロボロになった僕の気持ちをホッコリさせてくれるアルバムだったというわけ。

Ry Cooder.jpg何つったってこのジャケがまた渋くてかつポップでいいじゃないですか、ねえ。中身も、先生得意のバンドネオンの音色も楽しいテックスメックス風の「El Corido De Jesse James」や「Dreamer」とか、ニューオーリンズでランディー・ニューマンがラリってるような風情が楽しい「Quicksand」とか、エル・モカンボでラウンジミュージックを聴いてるような「Dirty Chateau」などなどいかにもな楽曲が粒ぞろいのアルバムです。中でも大笑いしたのが、ブルースギターのリフ練習みたいな感じで始まり、ライ先生もなり切ってブルースを唸る「John Lee Hooker For President」。どうでもいいけどライ先生、このアルバム思いっ切り楽しんで作ってるな〜というのがバシバシ伝わって来て、夜ラムかテキーラを片手に聴くと思わずニンマリしてしまいそうだ
RyCooder_PullUpSomeDust_Back.jpg
とにかくこのアルバム聴く時はシラフじゃダメだよね、という感じ。ただしライ先生が単にノー天気な奴だと思ってると大間違い。アルバムラストを飾る軽快なギターリフが楽しい、やはりラテン調の「If There's A God」なんてなかなか痛快な歌詞(「最近共和党の連中が天国の扉の鍵を変えちまったから/夢の王国に行く鍵が使えなくなっちまった/結果俺らみたいな貧乏な労働者たちは/金がなきゃ天国すら行けなくなっちまったよ/もし神様がいたら、そろそろ最後の酒を飲み干して帰る頃合い/まだ神様が天国にいたとしても一人ぼっちでどっかに旅立とうとしてるぜ」)でライ先生、風刺精神も抜群だね、とまた別の意味で楽しくなる。寒い今日この頃だからこそ、改めて酒傾けながら聴きたい一枚。

さてがんばって残りも早いとこアップして、グラミーの予想もそろそろやらなきゃね。ではでは。
■2011年My Best Albumsカウントダウンその1

■2011年My Best Albums - #10


ええ、皆様、明けましておめでとうございます。なんて、もう今日で松の内も終わりになって新年のご挨拶でもないですね。今回確認してみたら、何と去年9月以降初めてのアップになってしまってました。このブログの場合、間が空くことは結構過去もあったのですが、去年は仕事の方で怒濤の一年だったもので...でも先週でもって仕事の方もいろんな意味で一段落付いて、しばらくはちょっと余裕があるのでここで年末年始恒例のお題を一気にこなそうと思ってます。よろしくお付き合いのほどを。

MusicMagazine.jpgということで、その第一弾、去年は何故か飛んでしまっていた、年間My Best Albumsのカウントダウンをキックオフしたいと思います。とはいえ、去年がそう言うわけで公私ともに怒濤の一年だっただけに、年末になるまで殆どアルバムを買う余裕がなくて、12月に慌てて気になっていた作品、話題になっていた作品あれこれを買いあさって突貫で聴いたので、ちょっと作品の聞き込み度という点では例年に比べやや薄くなっているかもしれません。今年も年末恒例で『ミュージック・マガジン』誌の年末号を買ったのですが、今年のかの誌のチャートはアメリカがグラミー賞の最優秀アルバム部門にもノミネートのボン・イヴェールと、イギリスがアデルと、意外と意外性のない選出で海外各誌の選出に比べるとおもしろみがなかった、というのが正直なところでして。アメリカの10位に今は化石と化したレッチリが入ってたりとか、イギリス部門の3位にコールドプレイが入っていたりとか、こういう一般音楽誌とあまり変わらない選出をされると、わざわざこの雑誌を買う必然性がないなあ、と思った次第。でもイギリス部門のジェイムス・ブレイクとか、ラップ部門のドレイクなど、年内に聴けなくて、年明けに聴いて結構はまっているアルバムもあったので、やはり今年はちゃんとその年のアルバムはその年に聞こう、と思った次第でした。

というところで昨年の僕の10位から参ります。

My Top 10 Albums of 2011
#10: Ceremonials - Florence + The Machine (Universal Republic)

Florence+TheMachine_Ceremonials.jpgフローレンス・ウェルチ率いるフローレンス+ザ・マシーンはこの2年ほどでいろんな意味でシーンにおける存在感を高めてきたな、というのが僕の感触。2009年のデビュー作『Lungs』とUKでのブリット・アウォードの2年連続受賞、そして2010年にあの人気TVドラマ『Glee』でもいち早くカバー対象となった「Dog Days Are Over」のアメリカでのヒットなどで一気に英米両方のメディアでも注目される新進アーティストとしての位置を確立、2010年のグラミー賞新人賞にもノミネートされるなど、デビューからの表舞台への進出のスピードはかなり速いモノがあった。その2010年の活躍を評価されたか、2011年2月のグラミー賞授賞式では、ジェニファー・ハドソンらの実力者たちと並んでアレサ・トリビュートのパフォーマーの一人として登場、力が入りすぎて音を外すなどしながらもR&Bへの憧憬をめいっぱい感じさせる微笑ましいフローレンスのパフォーマンスが、僕的には彼女への好感度をぐっと上げたのでした。

で、去年の11月にドロップされたこのアルバム、ジャケからして前作以上にシアトリカルな展開が予想されたのだけど、冒頭のFlorence.jpgOnly If For A Night」からいきなりその予想を全く裏切らない、ケイト・ブッシュやかくあらん、という感じの重たいながらも迫力満点のグルーヴで持って行く感じの曲でいきなりアルバム全体のトーンをセット。続く「Shake It Up」は一転してキャッチーなリフメロで、大陸的なノリでアゲアゲに(といってもマイナー調だが)持って行く、アメリカのFMとかでも受けの良さそうな曲で更に聞く者をぐいぐいと作品の中に引っ張り込んでくる力強さがある佳曲。その後もいかにもイギリス的な陰の部分を持ち、ケイト・ブッシュやビョークに影響を受けたというフローレンスらしいパフォーマンス・スタイルが、実は根底に流れるR&B的要素をそこここに感じさせる楽曲と相まって聞いていて大変心地よい。「Breaking Down」や「Lover To Lover」なんて、フィラデルフィア・ソウルやアトランティック・ソウルが80年代のデヴィッド・ボウイーチャイナ・クライシス当たりを通過してるような感じの不思議な楽曲に仕上がってていいねえ。とにかくうまく表現できないが、このアルバム、深いところで結構僕の音楽的ツボを突いてくれていて、年末の超忙しい時期に毎朝の通勤時、一日をキックオフするのにちょうどいい感じで僕を刺激してくれた、ありがたいアルバムだったのです。

残念ながら本作からはまだ英米共に大きなヒットシングルは生まれていないが、既にUKでは初登場ナンバーワンを記錄。ビルボードのアルバムチャートでも最高位6位を記錄、ロック・アルバム・チャートでも年末から年始にかけて通算2週間トップを取るなど、アメリカにおける人気と存在間も着実に築いているようだ。去年の感謝祭の週にはあの『サタデイ・ナイト・ライブ』にも出演して全米のお茶の間への露出も充分。そんな中で発表された本作は『Lungs』で世間の耳目を集めたフローレンスが、より楽曲の完成度と、シーンにおける存在感を確立したという意味では注目に値する佳作だと思う。折しも、2/1には初来日を果たし、赤坂ブリッツで一夜限りのライブを行う。過去にライブで、自分の好きなR&B系やヒップホップ系のアーティストの曲をカバーしたことの多いフローレンス(昨年BBCのライブではドレイクの「Take Care」をやったそうな!)、自作のパフォーマンスと共にどんなカバーを、どんなステージを見せてくれるか楽しみだ。もちろん私は行って来ます。

続きもまたアップします。乞うご期待。
copyright © 2017 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.