Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
日本人のHot 100ヒットの作者クレジットについて〜Part 2
 いやいや、上には上があるもんです。さっきの「Sukiyaki」のブログをアップした後に、更に最近の日本人作者クレジットのHot 100ヒットがあるよ、との指摘がありました。

何でこれを忘れていたのか、と個人的には悔しいのですが、90年代を代表するヒップホップ・ユニット、A Tribe Called Quest(通称トライブ)が1998年に放ったHot 100ヒット「Find A Way」(最高位71位)が日本を代表するDJで、1990年「Groove Is In The Heart」(最高位4位)のヒットを放ったディー・ライトのメンバーとして活躍したトーワ・テイの「Technova」をサンプルしていて、きっちり彼の名前が共作者の一人にクレジットされております。ちなみにこの曲は1998年10月24日付のチャートインが最終なので、今回のJeezy + Jay Zの曲での宇童・阿木のクレジットはほぼ16年ぶりの快挙、ということになりますね。


指摘してくれた篠崎くんありがとう!
スポンサーサイト
日本人のHot 100ヒットの作者クレジットについて
 今日のJeezy + Jay Zの「Seen It All」の日本人作者クレジットの件で、「1982年の都倉俊一以来か?」と書いたところさっそく沢山のご指摘頂きました。ありがとうございます。

皆さんからのご指摘通り、レイフ・ギャレットの曲の後もありました。皆さんのご指摘は4 P.M.の1995年のヒット「Sukiyaki」、そう坂本九さんの「上を向いて歩こう」のリメイク(作詞:永六輔、作曲:中村八大)でしたが、実はこのネタ関係でその後もありました。ちなみにこの曲関連でのHot 100ヒットにおける永・中村コンビのクレジット歴は下記のようになります。
  • 坂本九バージョン(オリジナル)〜チャートイン 1963.5.11〜8.10(14週、最高位1位3週)
  • A Taste Of Honeyバージョン〜チャートイン 1981.3.7〜8.15(24週、最高位3位)
  • 4 P.M.バージョン〜チャートイン 1994.9.17〜1995.4.22(32週、最高位8位)
  • Rapahel SaadiqAsk Of You (From "Higher Learning")」がメロディーの一部を使用〜チャートイン 1995.3.25〜8.5(20週、最高位19位)
  • Mary J. Blige「Everything」がメロディーの一部を使用〜チャートイン 1997.9.27〜1998.2.7(20週、最高位24位)
ということで、どうも正解は1998年2月7日付チャートインのメアリー・J・ブライジの「Everything」の共作者に永・中村コンビがクレジットされて以来16年7ヶ月ぶりということのようです。ちなみにこの曲はご存知のようにDiana Ross &  Marvin Gayeの「You Are Everything」(作者:Thom Bell &  Linda Creed)とJames Brownの「Payback」(作者:James Brown &  Fred Wesley)もサンプルしてるサンプルだらけ曲でしたよね。







(Young) Jeezy + Jay Zの新曲、往年のJ-Popをサンプリング
先週末発表の9/20付ビルボードHot 100に85位初登場したヤング・ジージー改めジージーの最新作『Seen It All: The Autobiography』からの第一弾シングルはジェイZをフィーチャーしたアルバム・タイトルナンバー「Seen It All」。この曲、何と往年の豊島たづみのヒット曲「とまどいトワイライト」のイントロ部分のループをサンプリングしてベーストラックに全面使用してる。従って、作者のクレジットに「R. Uzaki & Y. Aki」(宇崎竜童阿木燿子)の名が表示されました。Hot 100チャート曲の作者クレジットに日本人が登場するのは誰以来なんだろう。さっと調べたところ、レイフ・ギャレットの「Runaway Rita」(作者の一人が都倉俊一)が最後にチャートに登場した1982年1月9日付のチャート以来だと思うけど、どうでしょう?

で、こちらがサンプル元。


ちなみに今EDMのスティーヴ・アオキ(ベニハナ・レストランのロッキー青木の息子)の「Delirious (Bonesless)」が90位にランクインしていますが、彼はUS CitizenのJapanese-Americanなので、対象外としてます。

以上、最新Hot 100情報でした。
copyright © 2017 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.