Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
【新企画】新旧お宝アルバム!#9 「South」Hot House

#9SouthHot House (deConstruction / RCA, 1988)

「旧」のアルバムを取り上げる順番の今週の「新旧お宝アルバム!」、第9回目の今回は、旧といっても比較的最近に近い、1980年代のアルバムにスポットを当てます。今回取り上げるのは、80年代後半UKでブラック・ミュージックが様々な形で盛り上がっていた時期、マンチェスターから登場した、黒人女性ボーカルと白人男性2人によるトリオ、ホット・ハウスの素晴らしいデビュー・アルバム「South」をご紹介します。

Hot House South Cover

あまり音楽関係のメディアや評論でふれられることは多くないのですが、80年代後半のUK音楽シーンでは、ディスコやポスト・パンクの熱が過ぎ去った後の、60年代から70年代初頭のUS R&B音楽への懐古趣味的なR&Bムーヴメントが起きていました。

アイドル・グループ、ワム!から独立して、アルバム『Faith』(1987)で正当派R&B路線を高らかに宣言したジョージ・マイケル、同じく「If You Don’t Know Me By Now」のカバーなど、フィリー・ソウルへの憧憬を露わにした楽曲で一躍トップグループの仲間入りをしたシンプリー・レッド、同じくフィリーソウルの影響を強く受けたリサ・スタンスフィールドといったブルー・アイド・ソウルのアーティストが次々に輩出する一方、USニック・マルティネリのプロデュースによるルース・エンズや、ソウルIIソウルなど、クラブ・シーンを中心にUKブラックのアーティストも多く活躍したのがこの時期。

そもそもUK音楽シーンが1950年代のスキッフルや1960年代のビートルズストーンズ以来、米国黒人音楽への憧憬をベースに繁栄してきたことを考えるとこの動きも当然と言えば当然だったわけです。

そんな時期にマンチェスターから登場した人種混合トリオ、ホット・ハウス

このアルバムにも収録、サザン・ソウルの匂いを強く感じさせるR&Bバラードの先行シングル「Don’t Come To Stay」が各音楽誌の高い評価を受け、アメリカはマッスルショールズで録音したデビュー・アルバムが本作。プロデュースは、10ccスニッフ&ザ・ティアーズなどのメンバーとしても一時期活動していたUKのセッション・ドラマー、ジェイミー・レイン


Hot House South Insert 

ソウルミュージックの持つ情念や、R&Bについてのプライドを感じさせる映画の一シーンのようなジャケもインパクトがあるのですが、アルバム冒頭はシャッフルのリズムに乗ってしなやかなヘザー・スモールのボーカルが、ホーンセクションと男性コーラスをバックに飛び込んでくる、軽快なアップの「The Way That We Walk」でスタート。ちょっと洒脱ながら、正当直球派のR&Bの醍醐味を存分に楽しませてくれるオープニングです。



続く「Don't Come To Stay」は上述の通り、サザン・ソウルっぽいバラードの佳曲。「Hard As I Try」は更に夜のクラブあたりでかかるとあたりがしっぽりとなりそうなスロウながら、タイトなリズムがいい感じ。ここでも抑えめながら情感たっぷりなヘザーのボーカルが映えています。

The Jealous Kind」はこのアルバムで2曲のカバー曲のうちの一曲で(残りは全てメンバー3人の共作)1970年代初頭ザ・バンドにも関わったルイジアナ出身のソウルフルなシンガーソングライター、ボビー・チャールズの曲。いかにもアメリカ南部、といったフレイバーの曲をタイトながらグルーヴ満点の演奏をバックに、これもヘザーが情感たっぷりのボーカルを聴かせます。

続く「Same Place, Same Time」はどちらかというとモータウンやノーザン・ソウルの雰囲気を感じさせる、男性コーラスとヘザーのボーカルがコール&レスポンス風に展開するスマートなアップテンポ曲。R&Bの楽しさを存分に表現していて、聴いていてウキウキしてくるナンバーです。

もう一曲素晴らしいのがもう一つのカバー曲である、ウィリー・ネルソンがソングライター時代に書いてカントリー・レジェンドのパッツィー・クラインが取り上げて、ウィリーの名前をカントリーシーンに一躍轟かせたカントリー・バラードの名曲「Crazy」。80年代前半、ステファニー・ミルズイヴリン・キングのプロデュースで名を馳せたロン・カーシーがドラムスとプロデュースに加わったこの曲は、アメリカ南部のクラブで数少ない聴衆を前に演奏されているかのような、レトロながらソウルフルな魅力が満点な出来になっています。



このようにこのアルバムは、UKの新人グループのデビュー作とは思えないほどR&B作品としての完成度が高く、特にほとんどをメンバーが自作している楽曲のクオリティがとても高いのです。この時期のUKソウルは、同時期のUSソウル作品に比べて良い意味でも悪い意味でも、垢抜けていてドロドロした感じがないものが多いのですが、この作品についてはそれが見事にプラスに作用しています。特にシンセサイザーや打ち込みその他のエレクトロニックな楽器や細工を一切排除して、徹頭徹尾アーシーでオーガニックな音作りに徹しているのが素晴らしく、古い洋楽ファンには懐かしく、新しい洋楽ファンには新鮮に聞こえるのではないでしょうか。

残念ながらこのアルバムは音楽誌等の評判に反しUKでもあまり商業的に成功せず、この後ホット・ハウス1990年にもう一枚アルバムをリリースした後、ボーカルのヘザーが、ハウス・ミュージック系のグループ、Mピープルに参加したことで自然解散。ヘザーMピープルで、「Moving On Up」の世界的大ヒット(1993年UK最高位2位、1994年全米最高位34位)をはじめ、1993〜1998年にかけて「How Can I Love You More?」「One Night In Heaven」「Don't Look Any Further」など10曲もの全英トップ10ヒットを放つなど、素晴らしいキャリアを続ける一方残ったマークマーティンの二人は今はオンライン系の音楽評論メディアを運営しているとのこと。


m-people-1.jpg 

80年代のR&Bルネッサンス・ムーヴメントのUKに、いろんな偶然とR&Bミュージックへの愛情が結集して生まれたこの珠玉のような(今や)無名アーティストによる作品、R&Bファンなら是非、R&Bファンでなくてもチャンスがあったら是非耳を傾けて頂きたいのです。

残念ながらApple MusiciTunesでは手に入らないようなのですが、CDショップのR&Bセクションのセール等で見かけたら迷いなく拾ってあげて下さい。その価値のあるアルバムであることは保証致します。

<チャートデータ>

Don’t Come To Stay」全英シングルチャート 最高位74位(1987.2.14

The Way That We Walk」全英シングルチャート 最高位78位(1987.8.299.5

Crazy」全英シングルチャート 最高位99位(1988.7.16

スポンサーサイト
【新企画】新旧お宝アルバム!#8 「Then Came The Morning」The Lone Bellow

 #8Then Came The MorningThe Lone Bellow (Descendant Records, 2015)

先週お休みを頂いたこの「新旧お宝アルバム!」、第8回目の今回は「新」のアルバムご紹介ということで、ニューヨークはブルックリンを中心に活動している、ちょっとカントリーやフォーク、南部R&Bの香り漂うアメリカーナなロックを聴かせる3人組、ザ・ローン・ビロウが今年発表した2枚目のアルバム、「Then Came The Morning」をご紹介します。

the-lone-below-then-came-the-morning-cover-2015-billbaord-650x650.jpeg 


インディー・レーベルからのリリースで、特に有名人が関わっているわけでもなく、かつカントリー系ロックのアーティストということで、まず日本発売の可能性は限りなく低いこのザ・ローン・ビロウですが、何と言っても目を引くのは映画の一場面のようなそのジャケット。

アメリカ中西部によくありそうないかにもアメリカ!という感じのダイナーのテーブルに座った品のいい老婦人がでかいマグでコーヒーをゆっくり飲んでいる、という図。その背後の壁にはヒマワリを描いた絵が飾ってある、というもの。

昔から「ジャケ買い」という言葉があるように、ジャケットがいいアルバムはかなりの確率で内容のクオリティも高い、というのは私も長年のレコード収集活動から感じているところですが、このアルバムも例外ではありません。

 CS561024-01B-BIG.jpg

イントロのドラムスとピアノからメロディーに入っていくところが、たまらなく郷愁を感じさせるオープニングのアルバムタイトル曲「Then Came The Morning」。訴えかけるようなボーカルのザックの歌声がザ・バンドあたりを思わせるような、カントリーとゴスペルの雰囲気満点の楽曲構成とメロディに融合して、いきなりアルバム冒頭から「おっ」と思わせるのです。

続く「Fake Roses」は70年代であればニッティ・グリッティ・ダート・バンドポコ、最近であればライアン・アダムスといった、カントリーを背骨にしたアメリカン・ロックといった浮遊感いっぱいのメロディを聴かせてくれる佳曲。

3曲目の「Marietta」はまた冒頭の「Then Came The Morning」と同じ感じのカントリーとゴスペル、南部のR&Bの香りをふんだんに漂わせながら、ザックのボーカルが切ないメロディーを歌う歌う、スロウながらソウルフルなナンバー。

 

彼らの引き出しはこうしたカントリー・ゴスペル風なナンバーだけではなく、次の「Take My Love」は、70年代後半のアメリカン・ロック王道路線を彷彿とさせるストレートなロックナンバーですし、「Watch Over Us」はもっとフォークやカントリー路線に寄り添った、ルミニアーズマムフォード&サンズあたりがやりそうな、ちょっとアパラチアン・ミュージックの影響を感じさせる、いかにもなアメリカン・ルーツ的な楽曲。かと思うと、アルバムジャケを表現したようにも思える「Diners」はメンフィスやマッスル・ショールズあたりで、ブルース・ミュージシャンがやりそうなソウルフルな一曲で、私などはスリー・ドッグ・ナイト1972年にソウルフルに歌ってヒットした「Never Been To Spain」を思い出してしまいました。

アルバムラストの「I Let You Go」は、アコギ一本でザックがリスナーを送り出すように「君はもう行っていいよ/また戻ってきてくれたらいいなと思うけども」というリフレインをしんみりと歌うスロー・ナンバー。後半ペダル・スティール・ギターなど他の楽器も加わり、ワルツのリズムでゆったりとアルバムをしめくくるこれも胸に響く曲です。

 fc2blog_201507200010510a7.jpg

このように、ザ・バンドや初期のイーグルスポコといった、アメリカン・ルーツミュージックの影響を大きく受けながら、今のコンテンポラリーなサウンドとの接点もしっかり持っているザ・ローン・ビロウのサウンドを、メンバーは「ブルックリン・カントリー・ミュージック」と呼んでいます。

以前ご紹介したレイク・ストリート・ダイヴ同様、最初はオハイオで結成され、その後ブルックリンに活動の拠点を構えた彼ら。その音楽活動のきっかけは、リーダーでギターとボーカル担当のザック・ウィリアムスの奥さんが落馬事故にあって、その看病をしながらザックがつけていた日記を見た友人が、それを題材に作曲することをすすめたことだったようです。

何とその時に始めてギターを習い始めて多くの曲を作ったザックは、奥さんの完治後NYに移り住み、ブルックリンに居を構えて、そこでブライアン・エルムクイストg., vo.)とカネネ・ドネヒー・ピプキン(マンドリン、b., vo.)の二人に会い、ザ・ローン・ビロウが生まれました。

彼らは2013年にインディのディセンダンツ・レコードからデビュー作「The Lone Bellow」を発表、同アルバムはその年のUS各音楽誌の年間アルバム・リストに選ばれるなど、アメリカでは注目を浴びていたのですが、日本では冒頭にも述べたような理由でどうもまだ広くは知られていないようです。

今回のアルバムは、インディ・ロック・シーンでここ数年ブレイクしていて、やはりルーツ・ミュージックやUKブリット・ポップなどの影響を感じさせるバンド、ザ・ナショナルアーロン・デスナーがプロデュースしていて、ただの今風アメリカン・ルーツ・ロックになっていない、というのも味噌です。

 455833042-1-630x420.jpg

ここ数年というもの、インディ、メジャーを問わず、アメリカのロック・シーンの重要なキーワードが、ブルックリンであり、オルタナ・カントリーまたはアメリカン・ルーツであることは、ウィルコ、ライアン・アダムス、マムフォード&サンズ、ルミニアーズなどなどの活躍で明らかになってきています。

そんな中、そのムーヴメントの王道を行くようなザ・ローン・ビロウのこの作品は、アメリカン・ロック、特にルーツ系(R&B、ブルース、カントリーなど)に興味がある方には是非聴いて頂きたい。

特に、70年代アメリカン・ロックに親しんだ、アラフィフ以上の洋楽ファンの方にはたまらないサウンドのはず。「最近はいい音がないなあ」などといってザ・バンドドゥービー、オールマンとかばかり聴いていないで、このような今なお昔からのアメリカ音楽の系譜をしっかり受け継ぎながら、新しい息吹を吹き込んでいるアーティストにも耳を傾けてみてはいかがでしょうか?

<チャートデータ>

ビルボード誌全米アルバム・チャート 最高位44位(2015.2.14

同全米ロック・アルバム・チャート 最高位11位(2015.2.14

同全米モダン・ロック/オルタナティブ・アルバム・チャート 最高位6位(2015.2.14

【新企画】新旧お宝アルバム!#7 「The Original Soundtrack(オリジナル・サウンドトラック)」10cc

#7The Original Soundtrack10cc (Mercury, 1975)

7回目の「新旧お宝アルバム!」、今回はまた「旧」に戻り、1970年代の作品を紹介します。今回は、名曲で彼らの最大のヒット曲である「アイム・ノット・イン・ラブ」を収録していながら、なぜかアルバム自体作品としてあまり最近語られることのない、イギリス人四人組のグループ、10cc1975年のサード・アルバム「オリジナル・サウンドトラック」を取り上げます。

10cc_OriginalSoundtrack (Front)

まず最初に断っておきますが、タイトルに「オリジナル・サウンドトラック」とありますがこのアルバム、別に映画のサントラ盤などではありません。

このアルバムは、あたかも映画のサントラ盤であるかのような、ある時は皮肉たっぷり、ある時は芝居仕立てのメロディや歌詞をふんだんに盛り込んだ楽曲群で構成された、映画のサントラを模した巧妙なパロディ作品、と思って下さい。

アルバム・タイトルだけが赤文字であとはモノクロで統一されたジャケットには、古い西部劇の1シーン(当時の日本盤の故今野雄二氏のライナーノーツによると、1957年のパラマウント映画『胸に輝く星』に主演したアンソニー・パーキンスらしい)が移された映写機や、映画のフィルムリールなど、アルバムのテーマを体現するような小物が配されています。デザインは、ピンク・フロイドELOツェッペリンの「聖なる館」などのデザインで有名なアート集団、ヒプノシスの手によるもの。

ケヴィン・ゴドレー、ロル・クレーム、グレアム・グールドマン、エリック・スチュワートによる4人組、10cc1972年のデビュー当初からこうした知的な遊び心とイギリス人らしい皮肉さ、そしてパロディ精神旺盛な作風で知られ、それが一つの形となったのがこのアルバム。

 10cc Original Soundtrack (Back)

アルバムのオープニングからして、パリを舞台にしたオペラかミュージカルの一場面を再現するかのような、SEもふんだんに使われた8分あまりの「パリの一夜(パリのある夜〜同じその夜のパリ〜夜がふけて)(Une Nuit A Paris」。次から次に曲やメロディがどんどん変わっていき、途中には「オペラ座の怪人」からの一節も飛び出すという、まるで舞台を見ているかのような楽曲構成で一気に気分は映画の世界に。

そして多重コーラスによる分厚いオーバーダビング(3人の声を624人分のコーラスにしたというから凄い)で夢のシーンを表すかのような「アイム・ノット・イン・ラブ(I’m Not In Love」。全英でNo.1、全米でも最高位2位の大ヒットとなったこの美しいメロディの曲、ご存知の方も多いと思います。しかしこの曲、美しいだけでなく、主人公は「壁に君の写真をかけているのは/そこにある汚いシミを隠すため/だからあまり騒ぎ立てて友達に僕らのことを話さないで/僕は君を愛してるわけじゃないから」と屈折しまくった内容の10cc一流の歌詞にも注目。

 

この後も、盗撮したヌード写真で女性を脅迫するつもりがそれが原因でハリウッドの大スターになるという「ゆすり(Blackmail」や、クイーンの『オペラ座の夜』収録の「Love Of My Life」を思わせる、これも古い映画の一節のような「ブランド・ニュー・デイ(Brand New Day」、そして「人生はごった煮の野菜スープのようなもの/人生は冷えたラザニアみたいなもの」とこれも皮肉たっぷりな歌詞の「人生は野菜スープ(Life Is A Minestrone」など、10ccお得意のウィットと遊び心一杯の曲が次々に登場。

極めつけは、アルバム最後を飾る「我が愛のフィルム(The Film Of My Love」。さしずめこの「オリジナル・サウンドトラック」を通じて登場した男女の主人公達が、この曲で全てのストーリーが完結するかのように、二人の愛を描いた映画は世界中で大ヒットしてオスカーを取るに違いない、とこれも皮肉たっぷりな(英語だと「tongue in cheek」)歌詞が、「オリエント急行」「荒野の七人」「風とともに去りぬ」といった古い名画のタイトルをちりばめながら展開する、というクロージングにぴったりの作品でこのアルバムは幕を閉じます。

 ImNotInLove.jpg

このアルバムが当時も評価高く、今40年の時を超えてもとても新鮮に聞こえるのは、ここまでご紹介してきたような、楽曲自体が「映画」という普遍的なテーマをウィットたっぷりに取り上げていることに加えて、「アイム・ノット・イン・ラブ」(1991年にフロリダのダンス・ポップ・グループ、ウィル・トゥ・パワーがカバーして全米最高位第7位を記録)に代表されるような極上のポップ・センスたっぷりの楽曲群で構成されていることに尽きると思います。

前述しましたが、このアルバムのとびきりポップな楽曲で映画というノスタルジックな題材を洒脱に料理したこうした構成は、実はクイーンの『オペラ座の夜』などのアルバムに大きな影響を与えたのではないかというのが私の見立てですがいかがでしょうか。

 

このアルバムの後、次の「びっくり電話(How Dare You!(1976) 発表後、よりアーティな楽曲を担当していたゴドレー&クレームが脱退。残った、よりポップな楽曲を担当していたグールドマン&スチュアートは「愛ゆえに(The Things We Do For Love(1977)の大ヒットを飛ばしたのをご記憶の方も多いでしょう。でも、四人が微妙なクリエイティブ・バランスを保って作り上げたこの作品の頃の10ccがやはりアーティストとしては一番エッジもあり、10cc「らしかった」と思うのは私だけではないと思います。 

愛ゆえに」以前の10ccは「アイム・ノット・イン・ラブ」のシングルしか知らないという洋楽ファンの方、また「10cc」って誰?という若い洋楽ファンの方、このアルバムは最近スタートしたApple Musicでも聴くことができます。一度耳を傾けてみて、こんな洒脱でウィットに富んだロックが評価されていた1970年代後半のイギリスポップ・ロックシーンの雰囲気を感じてみてはいかがでしょうか。

<チャートデータ>

ビルボード誌全米アルバム・チャート 最高位15位(1975.8.28.9
全英アルバム・チャート最高位3位(1975

I’m Not In Love

  • ビルボード誌全米シングル・チャート(Hot 100)最高位2位(1975.7.268.93週間)
  • 全英シングル・チャート 最高位1位(1975.6.287.52週間)

Life Is A Minestrone

  • 全英シングル・チャート 最高位7位(1975
copyright © 2017 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.