Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
【新企画】新旧お宝アルバム!#12 「Ten Songs From Live At Carnegie Hall」Ryan Adams (2015)

#12Ten Songs From Live At Carnegie HallRyan Adams (PAX-Am / Blue Note, 2015)

 2週間ぶりにお届けする「新旧お宝アルバム!」、第12回目の今回は「新」のお宝アルバムとして、昨年の最新スタジオアルバムに続いて今年リリースされたばかりの、今のアメリカーナ・ロック・シーンを代表するベテラン・シンガーソングライター、ライアン・アダムスのライヴ盤『Ten Songs From Live At Carnegie Hall』をご紹介します。


10SongsFromLiveAtCH_Front.jpg 

皆さんはライアン・アダムスというシンガー・ソングライターをご存知でしょうか。いえいえ、あの80年代に「Straight From The Heart」をはじめ多くの全米ヒットを放ったカナダ出身のロック・シンガーではありません(笑)。

今年2度めのフジロック・フェスティバルで来日しているので彼のライヴを観た方も多いと思いますが、これまでにソロアルバム14枚をリリース、うち何枚かはグラミー賞にもノミネートされるなど、欧米での評価と知名度を考えると、日本ではまだまだ知られていない実力派アーティストです。

オルタナ・カントリー・ロック・バンドのウィスキータウンの主要メンバーとして90年代活躍していましたが、2000年に脱退しリリースしたソロ作『Heartbreaker(2000)で一躍アメリカーナ・ロックファンの間での評価を獲得。

RyanAdams_Heartbreaker.jpg 

その作風はある時は繊細な歌詞と聴くものを惹きつけるメロディの楽曲、またある時は力強いロックンロールの乗せて怒りや悲しみ、苛立ちといった感情をぶつける楽曲など、初期のビリー・ジョエルやデビュー時のブルース・スプリングスティーンなどを思わせ、トルバドゥール(吟遊詩人)的な魅力満点なものです。

ソロ・デビュー当時、エルトン・ジョンの絶賛を受け、カントリーの大御所、ティム・マグローが彼の「When The Stars Go Blue」(2006年全米最高位37位)をカバーするなど、今やこのジャンルを代表する押しも押されぬアーティストの一人であり、是非日本でも人気が出てもらいたいアーティストです。

 RyanAdams2014Cover.jpg

そんなライアンが昨年14枚目のソロ作『Ryan Adams(2014、上掲ジャケ)をリリース直後の1115日と17日にニューヨークのカーネギー・ホールで行ったセットを丸ごとライヴ盤にした『Live At Carnegie Hall』を今年リリース、その中のハイライト10曲をまとめたダイジェスト盤がこの『Ten Songs From Live At Carnegie Hall』。

ダイジェスト盤といってもツギハギの編集盤をイメージするべからず。

ほとんどが彼のアコギの弾き語りで構成された2日間の素晴らしいライヴの本当にエキスの部分が、観客とのやり取りや曲間の辛口のジョークを交えたMCなども自然に構成され全体感が素晴らしいダイジェスト盤に仕上がっており、まるでこの10曲が当日のライヴのオープニングからクロージングのセットリスト通りの演奏であるかのように思えるほど。

 

オープニングは1115日のセットから、観客の大きな拍手に迎えられて『Heartbreaker』からの、ファンには大変人気のある彼の代表曲の一つ、「Oh My Sweet Carolina」。彼の故郷であるキャロライナを歌うこの曲は、アルバムではサビであのエミルー・ハリスが憑かれたような素晴らしいコーラスを付けていますが、彼の情感の籠もったギター・プレイと歌声は、こちらがオリジナル・バージョンでは、と思わせてしまう説得力を持っています。

続く3曲はいずれも彼の2枚目で商業的にもブレイク作となった『Gold(2001)からの曲。

物悲しいギターのアルペジオと歌詞の「Nobody Girl」に続いて、アルバムではロック調のナンバー「New York, New York」が、アコギのイントロから歌に入ったところでNYの観客が気付いて湧く様子が臨場感たっぷりで、このアルバムの最初のハイライトです。

一転してピアノの弾き語りの「Sylvia Plath」は5060年代に活動、鬱病が高じて自殺、死後ピューリッツァー賞を送られた有名な女性詩人にインスピレーションを得たと思われる曲で、繊細で美しいメロディと歌声を聴かせます。

15日のセットからの最後の曲は、またアコギの弾き語りでしんみりと聴かせる、アルバム未収録の「This Is Where We Meet In My Mind」。

 RyanAdams_insert1.jpg

後半の1117日のセットは、アルバム『Ryan Adams』からの2曲、「My Wrecking Ball」「Gimme Something Good」でスタートします。

My」はサビの部分のメロディとリフレインが印象的な曲。しかし彼の楽曲もさることながら、彼の素晴らしい歌声も聴き手を引き込む力充分。やはりカーネギーなので音響クオリティの高さもそれを増幅している感じ。

Gimme」はこれもオリジナルはバンドでロックしている曲なので、アコギで全く異なる表情を聴かせてくれて新鮮です。

前作を録音した時の話を中心のジョーク交じりのMCを挟んで、ギターフレーズが70年代ウェストコーストのシンガー・ソングライターの作品か、と思わせる懐かしい、それでいてひどく魅力的な「How Much Light」(今年シングルの収録曲としてリリース、アルバム未収録)が心を和ませてくれます。

 

また長目のちょっとふざけた感じのMCを挟んで『Ryan Adams』からの「Kim」。この曲などは憑かれたようなメロディとアコギのストロークのフレーズが、ファーストの頃のブルース・スプリングスティーンに通じるような、抑えの効いたロックを感じさせます。そして最後はまた『Heartbreaker』に戻って、2005年のキャメロン・クロウ監督、オーランド・ブルーム主演の映画『エリザベスタウン』にも印象的にフィーチャーされていた詩情豊かな「Come Pick Me Up」で、観客の万雷の拍手の中、このライヴ・ダイジェスト盤は幕となります。

 10SongsFromLiveAtCH_Insert.jpg

ライアン・アダムスの作品は、日本ではまだまだ知られていないので、いずれこのコラムの「旧」でその中から素晴らしい作品をご紹介しようと思っていました。

ところがこのライヴ盤を聴いた時、アルバムの録音や構成の出来があまりにいいのと、彼のソロキャリアのスタートと最新がうまく配されたダイジェスト盤の構成が、彼を知らない洋楽ファンの皆さんに入り口として聴いてもらうのにうってつけではないか、と思い当たり、今回ご紹介した次第です。

彼は昨年のアルバムリリースと、今年、女優でシンガーのマンディー・ムーアとの6年にわたる結婚に終止符を打ったことで、公私に亘って一つの節目を迎えたように見えます。そんな心境の彼のフジロックでのライヴ、是非観に行きたかったのですが、残念ながら今回は機会を逃してしまいました。近いうちに単独来日を果たしてくれることを期待したいと思います。

 10SongsFromLiveAtCH_Insert_2.jpg

このアルバムを聴いて、ライアン・アダムスという素晴らしいシンガー・ソングライターの曲と歌を少しでも気に入って頂いたら、彼のオリジナル・アルバムも是非聴いてみて頂きたい。

お勧めは『Heartbreaker』、『Gold』、20042009年にかけて彼のバックを務めたThe Cardinalsとの『Cold Roses(2005)と『Cardiology(2008)、そして昨年の『Ryan Adams』あたりです。

あるいは今回のライヴ盤のフル・ヴァージョンを聴くのもいいかもしれません。何と言っても音質も演奏も歌も最高なカーネギー・ホールのライヴなのですから。

<チャートデータ>

ビルボード誌全米アルバム・チャート 最高位113位(2015.6.27
ビルボード誌全米ロック・アルバム・チャート 最高位14位(2015.6.27 

Live At Carnegie Hall」(フル・ヴァージョン)
ビルボード誌全米アルバム・チャート 最高位125位(2015.5.9
ビルボード誌全米ロック・アルバム・チャート 最高位24位(2015.5.9
LiveAtCH_Front.jpg


スポンサーサイト
【新企画】新旧お宝アルバム!#11 「The Euclid Beach Band(夢のクリーヴランド)」Euclid Beach Band

 #11The Euclid Beach BandEuclid Beach Band (Cleveland International/CBS, 1979)

世の中お盆ということでバケーションモードの今週、暑さは峠を越しつつあるとはいうもののまだまだ暑い毎日。「新旧お宝アルバム!」、第11回目の今回はそんな夏にある意味ぴったりの「旧」の極上ポップ・アルバム、ユークリッド・ビーチ・バンドの「The Euclid Beach Band(邦題:夢のクリーヴランド)」を取り上げます。

Euclid Beach Band Front

先週触れたブラック・ミュージック同様、AORも日本は世界的にもコアなファンが多いマーケットとして知られています。何しろあまり一般には知られない欧米AORアーティストのアルバムの日本のみCD再発も結構多く、そうした日本のみ再発CDを世界中のAORファンが求めるため、中古市場の価格が常に高止まりしているというやや不健全な状態が見られていることは、ファンならよくご存知でしょう。

今回取り上げるユークリッド・ビーチ・バンド夢のクリーヴランド」もそうした作品の一つで、2001年にソニーの洋楽秘宝館シリーズで世界初CD化されたものの、その後廃盤となっているようで、アマゾンなどで調べると目を疑うような値段がついていて、ファンの間での人気のほどを伺わせます。

そんな状況はさておき、このユークリッド・ビーチ・バンドというグループ、オハイオ州クリーヴランド出身の二人組、ピート・ヒューレット(g., vo.)とリッチ・ライシング(kbd., vo.)が1978年に結成したポップ・デュオ。彼らは以前は、70年代前半はラズベリーズを率い、1975年以降ソロで「All By Myself(オール・バイ・マイセルフ)」(1976年全米最高位2位)「Never Gonna Fall In Love Again(恋にノー・タッチ)」(同最高位11位)、映画「ダーティ・ダンシング」からのヒット「Hungry Eyes(ハングリー・アイズ)」(1987年最高位4位)、「Make Me Lose Control」(同最高位3位)など数々のヒットを飛ばしたあのエリック・カルメンのバックバンドにいたミュージシャンでした。

この彼らの唯一のアルバム「夢のクリーヴランド」もエリックのプロデュース(曲も2曲提供)により、全編アメリカン・メインストリーム・ポップへのオマージュのようなとても良質のポップ・アルバムに仕上がっています。

今にしてみるとやや時代がかって聞こえてしまうストリングスのイントロで始まる冒頭の「Don't Play That Song」は、TVやディスコなど、70年代当時のアメリカン・ポップ・カルチャーに対するオマージュ的な歌詞が、いかにもエリックっぽいメロディに乗って軽快に歌われます。ボーカルのピートの声質がエリックに凄く似ているのも、エリックの楽曲を彷彿とさせる一因。

続く「There's Moon Out Tonight」はドライブイン・シアターでドラキュラ映画を見ながらポップコーン、ハイスクール・プロム(ダンスパーティ)など、こちらは60年代のアメグラ時代を思わせるこれもポップ・カルチャー趣味満点のポップ・チューン。

次もイントロからしてラズベリーズを彷彿とさせる、キャッチーなメロディの「Karen」(大滝詠一氏の曲ではありません)と、冒頭から次々に繰り出されるポップな楽曲で、メインストリームの、特に60~70年代のポップ・ファンに取ってはたまらない展開で一気に引き込んでくれます。


アルバム中盤はエリック作の甘いポップ・バラード「I Need You」でスタート。この曲は唯一シングルとしてチャートインしていますが、時代がディスコからニューウェイヴ等に移行していた中ではちょっと古臭く聞こえてしまったためか、小ヒットに留まっています。

続く「There's No Surf In Cleveland(クリーヴランドに波はない)」は、イントロのビーチボーイズ風のコーラスや、全編を通じて使われる60年代サーフ・ロック風なサウンドなど、山下達郎氏が聴いたら喜びそうなサーフ・ロックのオマージュに徹している楽しさ。ご存知のようにクリーヴランドのあるオハイオ州は内陸州でビーチはなく、あるのはクリーヴランドが南岸に位置する五大湖のエリー湖。「水はあるけど波はないからLAの連中がやるようにビーチの女の子にボードを見せびらかすことなんかできやしない」というやや自虐的な歌詞を極上のポップメロディで聴かせ、ニヤリとさせます。

次の「End Of The World」はもう一曲のエリック作のミディアム・バラード。こちらはおそらくこのアルバムの中でメロディの完成度の高さとエリックっぽさという点では随一の名曲だと思います。



この後もナッシュヴィルのカントリー・ポップっぽい「You Make It Easy」など珠玉の楽曲がこのアルバムには満載ですが、エリックのプロデュース以外にこのアルバムをタイトなポップアルバムにしているのは、バック・ミュージシャンの豪華さ。

もちろんエリック自身も2曲でピアノに参加してますが、それ以外にも、サックスのデヴィッド・サンボーン、ドラムスのリック・マロッタ、ギターのヒュー・マクラッケンなどが随所に参加してアルバム全体を締めています。

同じクリーヴランド出身のエリック・カルメン全面バックアップという強力な楽曲サポートと一流のミュージシャンを交えた演奏が、このアルバムを今でもAORファンの間で高い人気を誇る大きな要因といっていいでしょう。

Euclid Beach Band Back

こんな素晴らしいアルバムを作りながら、残念ながらこの後グループは2作目を作ることなく1980年には解散してしまいます。

ポップ作品としては優れていても、当時のパンクやニューウェイヴに向かう音楽シーンの流れとはややずれてしまっていたこと、せっかくのいい作品がクリーヴランド中心の地域的なヒットに終わってしまったこと、所属していたクリーヴランド・インターナショナル・レーベル(あのミートローフがメインアーティスト)がレーベル経営でトラブルに会うなど、全国的なヒットにつなげるにはおそらくもう一つ運がなかったかもしれません。

残念ながらCDを入手するには困難な状況ですが、YouTubeなどでこのアルバムの楽曲を聴くことはできます。60~70年代のポップがまだポップだった頃、シンセサイザーやデジタル・サウンドがまだ影も形もなかったころの純粋なポップ・ソングの魅力を改めて楽しみたい方、是非一度このアルバムの楽曲を聴いてみてはいかがでしょうか。

<チャートデータ>

I Need You

ビルボード誌全米シングル・チャート(Hot 100) 最高位81位(1979.4.14から2週間)

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

【新企画】新旧お宝アルバム!#10 「Forever Charlie」Charlie Wilson

#10Forever CharlieCharlie Wilson (RCA, 2015)

先週お休みを頂いてしまった「新旧お宝アルバム!」、第10回目の今回は、「新」の順番ということで、今年1月にリリースされた、ソウルファンなら皆さんご存知の、元ギャップ・バンドのボーカル、チャーリー・“アンクル”・ウィルソンの新譜、「Forever Charlie」を取り上げます。

CharlieWilson_ForeverCharlieCover.jpg 

R&B、ソウル、ブラコンなどなどいろいろ呼び名はあれど、ブラック・ミュージックのジャンルについてはかなり熱心でコアのファンはここ日本でも多く、主要都市には必ずコアなブラック・ミュージック・ファンが集うソウルバーがあったり、多くのブラック・ミュージック・ファンが集うDJイベントなども多く見られます。

そうしたこのジャンルのファンに根強い人気を持っているアーティストの一人がこのチャーリー・ウィルソン

80年代に「You Dropped A Bomb On Me」「Early In The Morning」「Burn Rubber On Me」「Outstanding」といったファンク・サウンドを軸にした数々のヒット曲で大きな成功を収めたギャップ・バンドのボーカリストだったチャーリーがソロ活動を開始したのは、ギャップ・バンドが事実上活動を終息した2000年。

今回の「Forever Charlie」は7枚目のソロ作になりますが、彼のソロ作はいずれもギャップ・バンド時代のファンクブチブチ系サウンドからガラッと趣を変え、メインストリームで、ダンサブルなブラコン・サウンドを中心に、聴きながら思わず体が動いてしまうような楽曲、ミディアム・スローで女性に優しく語りかけるような楽曲など、より広い範囲のリスナー向けのサウンド満載です。

といっても決してコマーシャリズムに過度に迎合しているわけではなく、かのルーサー・ヴァンドロスを彷彿とさせるような王道R&Bの矜持を保つ、チャーリーの歌の素晴らしさ(そう、この人かなり歌が上手いのです)が、彼の作品をただの安っぽいディスコ・ソングやチャートヒット狙いのオーバープロデュースの安売りソングの類からは一線を画しています。

で、今回の「Forever Charlie」。

 CharlieWilson_ForeverCharlieBack.jpg

アルバム冒頭の2曲、「Somebody Loves You」「Touched By An Angel」、これを聴いただけで、ソウル・ミュージック好きなら多分間違いなくノックアウトされます。

1月リリースにも関わらず、「夏」をテーマに楽曲のアイディアが組まれたに違いないと思わせるほど、オープニングの「Somebody Loves You」はとてつもなく開放的なアップナンバー。




そして2曲めの「Touched By An Angel」は一踊りした後、ドリンクをすすりながらプールサイドか何かでくつろぐ時に聞こえてきそうな、メロディのフックがひたすら気持ちいいミディアム・スロー。いずれのナンバーでもチャーリー叔父さんの歌は冴え渡ります。



このままミディアム・スローでゴージャスなアレンジの次の「Goodnight Kisse」になだれこむアルバム前半は、サウンド的に80年代のブラック・ミュージックが一番ストレートな楽曲中心で、ダンサブルで、聴くとウキウキする雰囲気満載で、そのあたりのブラック・ミュージックが好きな向きにはたまらない出来。

毎回のお約束の他のアーティストの曲のメロディや歌詞をちょっとサンプリングしてチャーリー自身の歌で聴かせるパターンも健在。

クレジットはないですが、80年代後半に活躍したラヴァートの「Casanova」のメロディと歌詞を一瞬本歌取りした軽快な「Just Like Summertime」や、これも80年代のカール・カールトンのダンスヒット「She’s A Bad Mama Jama」のリズムリフを楽しく使った「Sugar. Honey. Ice. Tea」など、ソウルファンが「あー、これ聴いたことある!」と潜在意識を刺激して快感が湧くこと間違いなし。

また、これも毎回お約束の他アーティストのコラボですが、今回は2 曲のみ、あのラガマフィンで全米ヒットも多く持つシャギーとのコラボによるレゲエのリズムが落ち着く「Unforgettable」と、チャーリーに「アンクル」のニックネームを付けた張本人、スヌープ・ドッグとのコラボでギターのカッティング・リフがちょっとジャスティン・ティンバーレイク入っているアップナンバー「Infectious」。いずれもコラボ相手はあくまでもフレイバー付の役割に徹していて、メインで存在感を持って楽曲を支配しているのは当然チャーリー叔父さん

CharlieWilson_ForeverCharlieInsert.jpg 

もう一つ今回の作品で効果的だと思うのは、80年代後半〜90年代にブラック・ミュージックシーンを席巻したジミー・ジャムテリー・ルイス2人による作・プロデュース曲が、アルバム後半に「Hey Lover」「Things You Do」そしてクロージングの「Me & You Forever」と立て続けに登場、アルバム全体の雰囲気を微妙に変えつつ、アルバムのトータル感を整えていること。

しかもこの3曲のジャム&ルイスのプロデュースは、90年代のジャネット・ジャクソン作品などで見せたハードで派手なダンサブルな曲調ではなく、80年代後半、まだ彼らが爆発的にシーンでのし上がる前夜、S.O.S.バンドなどの作品で見せていた、やや抑えめながら静かなファンクネスを感じさせる、それでいてメロディの立った曲調に統一されているのが、マチュアでアダルトなチャーリー叔父さんの歌とこのアルバムの統一感にとても有効に働いているのです。

ここまでの記述でお判りのように、このアルバム、80年代〜90年代にブラコン、ソウル・ミュージックにハマった経験のある方ならどなたでも十二分に楽しめる内容になっています。

チャーリー2005年メジャーのジャイヴ・レコード(現RCA)から継続してソロ作を出すようになってからの一連の作品、「Charlie, Last Name Wilson」(2005)「Uncle Charlie」(2009)「Just Charlie」(2010)「Love, Charlie」(2013)はいずれもソウルファンには楽しめる内容なのですが、今回はそのエンターテインメント・レベルがまた一段上がっているのがうれしいところ

何と言ってもアルバム全体がポジティブなオーラに包まれているのがいい。特にこの愛する女性に対するストレートな讃歌「My Favorite Part Of You」などその極致です。


このようにソウル・ミュージックにはつきものの女性を口説くような歌や、楽しく踊って騒ごうぜ!的な内容の楽曲も多い作風の一方、90年代前半にはコカイン中毒でホームレスに見を落としながら、ギャップ・バンド時代のマネージャーの支えで見事復帰したり、2008年には自ら前立腺ガンを乗り越え、今積極的に前立腺ガン予防基金である前立腺ガン基金(Prostate Cancer Foundationのスポークスマンとして寄付活動に熱心であるなど、人生の数々の苦労を乗り越えてきたチャーリー

彼の伸びやかで巧みな歌いまわしのテナー・ボーカルにはそうした彼の人間性も反映され、更に楽曲や歌の深みを増しているようにも思えます

暑い夏がようやく峠を越えようとしている今日この頃、昔ブラコンが好きだったけど最近新しいのは苦手だなあ、と言うあなたも、ドリンク片手にチャーリーの最新作、素晴らしいソウルアルバムを楽しんで見てはいかがでしょうか。

<チャートデータ>

ビルボード誌全米アルバム・チャート 最高位17位(2015.2.14

ビルボード誌全米R&B・ヒップホップ・アルバム・チャート 最高位2位(2015.2.14

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

copyright © 2017 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.