Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
【新企画】新旧お宝アルバム!#15「Funky Kings」Funky Kings (1976)

 #15『Funky Kings』Funky Kings (Arista, 1976)

シルバー・ウィークはあっという間に終わり、いよいよ秋本番。これからは素晴らしい音楽を聴くには絶好の季節。ということで今回第15回目の「新旧お宝アルバム!」では「旧」の作品から、70年代中盤に1枚だけアルバムを残しているウェストコースト・ロックの伝説的なバンド、ファンキー・キングスの『Funky Kings』を取り上げます。


FunkyKings_Front.jpg

既にウェストコースト・ロックやアメリカン・シンガーソングライターのいろんな作品を掘り下げて聴いているベテラン・リスナーの間ではよく知られているこのバンド。なぜ「伝説」かというと、70年代中盤当時シーンでの存在感を築きつつあった3人の実力派シンガーソングライターがコア・メンバーであり、うち2人はその後更に大きくシーンで実力を発揮した、いわば実力派SSWの登竜門的なバンドだったから

その一人、ジャック・テンプチンは、それまで既にイーグルスに「ピースフル・イージー・フィーリング」(ファースト収録)「過ぎた頃(Already Gone)」(『On The Border』収録)などのヒット曲を提供していてイーグルスとの交流も深く、このバンド結成当時最も実績を持っていた中心メンバー。彼はバンド解散後も、グレン・フライとのコンビで「The One You Love」「Sexy Girl」「Smuggler's Blues」「You Belong To The City」などなど一連のヒットを手がけた、ウェストコースト・ロック・シーンでは今や誰もが知る大物ソングライターとして活躍しています。

一方、もう一人のジュールズ・シアーは、このバンド結成当時はまだまだ新進気鋭のSSWでしたが、バンド解散後、いくつかのバンドを経ながらソロ・アルバムをコンスタントに発表。その中から「All Through The Night」(シンディ・ローパー)、「If She Knew What She Wants」(バングルズ)、「Whispering Your Name」(アリソン・モイエ)などを他のアーティストがヒットさせることでシーンでの評価を勝ち得て行きました。今やティル・チューズデイエイミー・マンマシュー・スイート等とも交流が深く、80年代以降を代表するアメリカの優れたSSWの一人という評価です。

3人目のコア・メンバー、リチャード・ステコルは残念ながら上記の二人に比べると商業的な成功やシーンからの大きな評価も得ていませんが、このバンド結成当時はローカルシーンではかなり人気のあった「ホンク」というバンドで活躍していました。このアルバムに彼が提供している曲もメインストリーム・ロックの楽曲として出来のいいものばかりで、彼の実力が伺われます。

アルバム全体を色濃く彩るのは、70年代中盤の、まだウェストコーストロック全盛期だった頃のオプティミスティックな雰囲気。そしてアルバムに詰まっているのは、秀逸なメロディなど60年代後半からのアメリカンSSWの系譜をきっちり踏襲しながら、ちょうど当時絶頂期に差し掛かっていたイーグルス、ポコ、オザーク・マウンテン・デアデビルズといった中道ややリベラル寄りのカントリー・ロック・サウンドに乗った質の高い楽曲群です。


FunkyKings_Back.jpg

いかにもウェストコースト・ロック、という感じのアコギストロークとツイン・ギターのイントロが気分たっぷりのジャック・テンプチン作の「Singing In The Streets」で始まり、後にキム・カーンズもカバーした、こちらも70年代初頭のSSW的アルペジオ・ギターに乗せて歌われるリチャード・ステコル作「My Old Pals」、同じくリチャード作の軽快なリズムに乗ったちょっとファンキーなカントリー・ロック曲「So Long」と冒頭三曲で既に「よしよし、いいぞいいぞ」と、ウェストコースト・ロック好きのファンであれば一気に引き込まれる構成。


ドブロ・ギターのイントロとバッキングと、ジャックのソウルフルなボーカルがスワンプ・ロックを思わせる「Highway Song」、ポコあたりの初期アルバムに入っていても違和感ない、リズムの取り方が面白いジュールズ・シアー作の「Nothing Was Exchanged」を経て、このアルバムのちょうど真ん中、おヘソに位置するのがジャック作の「Slow Dancing」。このゴスペルタッチのバラードは後の1977年に、あのジョニー・リヴァースが「Swayin' To The Music (Slow Dancin')」というタイトルで全米最高位10位の大ヒットにした曲。自分も含めて、ジョニー・リヴァースの曲からこのファンキー・キングスにたどり着いた音楽ファンも多いと思います。


続くジュールス作の2曲は対象的な曲調で彼の実力を感じさせます。アップでストレートなロック・ナンバー「Let Me Go」はリンダ・ロンシュタットで大ヒットしたマーサ&ザ・ヴァンデラスの「Heat Wave」あたりを下敷きにしたと思しい、モータウンテイストの軽快な曲。バックでギターを弾いてるのはマッスル・ショールズ・リズム・セクションの一員として70年代を通じて数々のセッションで活躍した名うてのギタリスト、バリー・ベケット。もう一曲はアート・ガーファンクルもカバーした、美しいメロディのバラード「So Easy To Begin」。


アルバム後半はリチャード作のこれもスワンプっぽい「Help To Guide Me」で始まり、この時代のディランを意識したのではないかという感じの曲調のジャックの「Mattress On The Roof」、そしてアルバム最後はハード・ブギー的なテイストも入ったギターの決めがカッコいいリチャード作の「Anywherer But Jimmie's」でクロージングとなります。

このバンドの結成の肝いりはアリスタ・レコード初代社長で、ジャニス・ジョプリン、シカゴ、ホイットニー・ヒューストン、アリシア・キーズなどをブレイクさせた、現在はソニー・ミュージック・エンターテインメントの最高クリエイティブ責任者(CCO)であるあのクライヴ・デイヴィス御大。当時シカゴなどに続き、イーグルスドゥービーの向こうを張るアメリカン・メインストリーム・ロックバンドとしてこのバンドを育てるという意気込みで全面バックアップ。

プロデューサーもポール・バターフィールド、ドアーズ、ジャニスなどを手がけて実績充分なポール・ロスチャイルド、ミキシングは当時既に名うてのエンジニアで、後にキム・カーンズのアルバム『私の中のドラマ(Mistaken Identity)』のプロデュースでグラミー賞を受賞するヴァル・ガレイという鉄壁の布陣でした。しかし基本的には60年代ロックの名匠だったロスチャイルドをこの時代の新人バンドに起用するという、クライヴのセンスのずれが災いしたか、このアルバムは残念ながら商業的には成功せず、セカンド・アルバムをリリースすることなくバンドは解散してしまいました。

このままこの3人がぐんぐん実力を上げながらバンドを大きくしていったら70年代を代表するメインストリーム・ロック・バンドになった可能性も大いにあっただけに惜しい解散。しかしこの解散がジャックとジュールスに新たなキャリアを開いたことを考えると時代の必然だったのだろうと思いますし、このアルバムから僅か2年後にはディスコ全盛、ニューウェイヴやパンクの台頭、ヒップホップの勃興などシーンが大きく変貌したことを考えると、これはこれで良かったのかも、とも思えます。

SlowDancing_SingleJacket.jpg

これから秋が深まる中、きれいに晴れ上がった秋空を見上げながらこのアルバムを聴くと、ベテランの洋楽ファンには、あの70年代中盤のまだメインストリーム・ロック、ウェスト・コースト・ロックが全盛だった頃のピュアである意味ナイーヴな音楽シーンの興奮が思い出されるかもしれません。また若い洋楽ファンには、70年代のオプティミズムを象徴するような作品が詰まったこのアルバムを耳にしてもらうと、当時のアメリカン・ミュージック・シーンのポジティブな雰囲気を想像してもらえるかもしれません

いずれにせよ、一聴の価値ある作品。是非この秋の音楽ライフのお供にいかがでしょうか。

<チャートデータ>

アルバム チャートインなし

Slow Dancingビルボード誌全米シングルチャート 最高位61位(1977.1.8~15)

スポンサーサイト
【新企画】新旧お宝アルバム!#14「Salad Days」Mac DeMarco (2014)

 #14Salad DaysMac DeMarco (Captured Tracks, 2014)

 台風や水害や地震を経て、ようやくここ数日は秋らしい気持ちのいい天気になってきましたが、今週の「新旧お宝アルバム!」は「新」のお宝アルバムとして、昨年リリースされた、カナダのエドモントン出身で現在ニューヨークはブルックリンをベースに活動する新進シンガーソングライター、マック・ディマルコののアルバム『Salad Days』をご紹介します。

MacDemarco_SaladDays_Front.jpg

この『Salad Days』が、自主制作のダウンロードオンリーの処女作を含めてまだ3枚目のアルバムであるマーク・ディマルコ、まだまだ聞き慣れない名前だと思いますが、昨年このアルバムが米ピッチフォーク(Pitchfork)誌の選ぶBest New Musicに選ばれ、音楽各誌の2014年ベストアルバムリストの上位にランキングされるなど(New Musical Express誌2位、Rolling Stone誌9位、Pitchfork誌12位、Q誌17位など)、一部のインディ・ポップ・ファンを中心に静かに評判が広がりつつあるようで、今年1月の初来日ライブもそこそこ好評だった模様。

とにかく一度聴くと多分その後どこで聴いても「あ、マック・ディマルコだ」と判ってしまうという独特のサウンド。一般的にはギター・ポップとか、ローファイとかいう分野に整理されそうなそのサウンドは、ポヨンポヨンと微妙にチューニングがずれてそうな(実はずれてない)リヴァーヴのかかったギターリフを爪弾きながら、脱力系のボーカルで、でも独特のポップ・センスを感じる耳に残るメロディと楽曲を聴かせるという不思議なもの。

自分が一番最初にこのアルバムを聴いた時に真っ先に思い浮かんだのは、シャギー・オーティス(70年代アル・クーパーフランク・ザッパのバンドでプレイしたR&Bとロックとジャズがミックスしたような曲を書くギタリスト。ブラザーズ・ジョンソンの「Strawberry Letter #23」の作者)とベックという全く異なるタイプの、でもいずれもとてもユニークな作風とミュージシャンシップを持った二組のミュージシャンでした。この二人に共通しているのはジャンルの垣根を気にせず、グルーヴの赴くままにプレイし、質の高い作品を作るというところ。そしてマック・ディマルコもそんな感じのアーティストです。

マックのブルックリンのアパートで宅録されたという本アルバム、冒頭のアルバム・タイトル曲をはじめ収録11曲はいずれもマックのヘタウマな、リヴァーヴ・サウンド満開のギターリフと、マックのダルそうなボーカルが得も言われずゆったりとしたグルーヴを織り成して、心地よくひたれる曲がほとんど。また、彼のギターがヘタウマといっても「Blue Boy」のバッキング・ギターや、ブルースっぽい「Brother」のギターリフなんかを聴くと、決してヘタではなく、考えられた(と思われる)ギターフレーズが楽曲構成をしっかりと支えていることに気づきます。

また、メロディ・メーカーとしてもなかなかのもので、「Let Her Go」という曲などは、ブリッジ(サビ)のレイドバックした甘酸っぱいメロディなど、ただのギター・ポップじゃないぞ、と強く感じさせてくれます。

アルバム後半は、イントロからマック得意のプヨプヨギターが炸裂する真骨頂「Goodbye Weekend」や、珍しくギターではなくアコーディオンの音色風のシンセ・リフをベースにちょっとビートルズの「サージェント・ペッパー」期を思わせるような楽曲構成の「Passing Out Pieces」、あれ?冒頭の「Salad Days」と同じ曲か?と思わせるこちらもプヨプヨギター満載の「Treat Her Better」や「Go Easy」、そして同じブルックリンを中心に活動するヴァンパイア・ウィークエンド当たりのサウンドにも通じるようなギターとリズムが印象的なインスト・ナンバー「Jonny's Odyssey」など、レイドバックでローファイなトーンは一貫しながらも心地よく聴ける楽曲が満載のアルバムです。最後はマック自身の「やあマックだよ。聴いてくれてありがとう。またすぐ会おうな」というメッセージで完結。

MacDeMarco_SaladDays_Back.jpg

メディアに出てくるマックは野球帽、ボサボサの髪の毛、グランジかよ!と突っ込まれそうなチェックのネルシャツ、前歯には隙間あり(笑)、時にはジーンズのオーバーオールなどを身につけて、およそ身なりをあまり気にしないといったキャラが明らか。ライヴなどでも下ネタジョークを飛ばしながら、仲間同士の集まりみたいなムードで演奏し、興が乗ると観客にダイヴして一緒に盛り上がる、なんてなこともやってるよう。

とにかく最初から最後まで聴くとゆったりしたグルーヴで気持ちが和む曲ばかりだし、悲しい時も、楽しい時も、ちょっと寂しい時も、そしてこれからの秋の季節に向かっては特に、いつ聴いてもいい感じのアルバムなのです。

こういうゆるキャラ的な感じとは裏腹に、作品の発表ペースは結構活発で、つい先月にはさっそく新作の『Another One』(ほれ、もういっちょ!という感じが伝わってきておかしい)を発表、こちらはスタジオで録音されてよりバンド・サウンドっぽくなってますが、例のプヨプヨギターと脱力ボーカルは相変わらず(ところどころ普通のギター・ソロも弾いてますが)。良くも悪くも変わらぬ魅力を発揮しています。こちらの評判もまずまず。この『Salad Days』が気に入った方は、この新作もチェックされてはどうでしょうか。

MacDeMarco_AnotherOne.jpg

シングルヒットは絶対出ないし、日本のFMでガンガンにかかる、なんてこともおそらくない類のアーティストですが、こういうアーティストに出会うと「ああ、ヒットもの以外もいろいろ聴いてみてて良かった」と思わせてくれる、そんな正にお宝というに相応しいアーティストであり作品ですよ、これは。

<チャートデータ>

ビルボード誌全米アルバム・チャート 最高位30位(2014.4.19
同全米アナログ・アルバム・チャート 最高位1位(2014.4.19)
同全米ロック・アルバム・チャート 最高位11位(2014.4.19

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

【新企画】新旧お宝アルバム!#13「Who Is This Bitch, Anyway?」Marlena Shaw (1975)

#13Who Is This Bitch, Anyway?Marlena Shaw (Blue Note / United Artists, 1975)

暑さはようやく峠を超えたものの、連日雨模様ですっきりしない今日この頃、音楽を聴くにはいい季節になりました。「新旧お宝アルバム!」、第13回目の今回は秋に向かう季節にもマッチする、「旧」は70年代のソウル・ジャズの名盤、マリーナ・ショウの「Who Is This Bitch, Anyway?」を取り上げます。


marlena_shaw Jacket Front 

ジャズ・ファンであれば既によくご存知の70年代を代表するジャズ・ボーカリスト、マリーナ・ショウ

日本のジャズ・ファンの間でも人気が高く、数多く来日公演も行っており、特に今回ご紹介する「Who Is This Bitch, Anyway?」のオリジナルの主要バッキング・メンバーを従えたアルバム再現ライブを2009年からほぼ毎年ビルボード・ライヴ東京で開催しているほど、ある意味ジャズの世界では定番アーティストの定番アルバムです。

そんなに定番な作品をなぜ今回敢えて「お宝アルバム」として紹介するのか?理由は三つ。

一つは、これほどのジャズの世界では定番作品でありながら、しかもいわゆるストレートジャズ系ではなく、70年代ソウルとジャズのグルーヴが寄り添う、非常に優れたメインストリーム・ポップ/ソウル作品としての文脈でジャズファン以外にも広く紹介されてもおかしくない内容なのに、商業的にもさほど大きなヒットになっておらず、一般のポップ/ロック、ソウルファンには意外に知られていないこと。

二つ目の理由は、今年も2月にビルボード・ライヴ東京のアルバム再現ライヴを務めたこの作品のオリジナルの主要バッキング・メンバーが、デヴィッド・T・ウォーカー(g)、チャック・レイニー(b)、ラリー・ナッシュ(kbd)、ハーヴィー・メイソン(ds, perc)といった、70年代~80年代にかけてジャズシーンのみならず、ロック、ポップ、R&Bの多くの作品のバックを務めたセッション・ミュージシャンぞろいであり、一般のポップ・ロック/ソウルファンが聴いてきた数々のヒット・レコードの音に対する感覚の延長ですんなり聴けてしまうような、いわばジャズアルバムとしては「敷居の低い」アルバムであること。

そして三つ目の理由は、この作品が70年代のブラック・シネマのサントラ盤のような、ある意味コンセプト・アルバムと言ってもいいような、ストーリー性とトータル性の高い構成で作られたアルバムであり、単なるジャズ・シンガーの作品集ということで終わっていないこと。

そもそもタイトルが凄いですよね。「いったいこのビッチ(女性に対する蔑称ですが、ここではむしろ尊厳を持って自立した大人の女、というような意味。ジャケを見れば一目瞭然は何者だ?」というんですから。その雰囲気を反映して、冒頭正にブラック・シネマを思わせる男女のさりげなく、しかし思惑や欲望、打算と駆引の要素満載の会話によるスキット「You, Me & Ethel - Dialogue」で始まります。結局嫁さんに逃げられ25ドルしか所持金がない彼は、おそらく街娼(自称「ソーシャル・ワーカー」というのが笑えます)の女性に敢え無くフラれますが、正に映画の一シーンを見るよう。

その会話の終わりから、このアルバム最初の曲でファンキーなカッティング・ギターとスイングパートが交互に飛び出していきなりのっけからテンションの上がる「Street Walkin' Woman」になだれこむあたりが最初のハイライト。ここでの演奏もさることながら、マリーナのボーカルは、ビッチであることの誇りと力強さを感じさせて、一気に引き込まれます。70年代前半からの「ブラック・イズ・ビューティフル」の気概も充分に感じさせます。

続く「You Taught Me How To Speak In Love」は70~80年代のAOR作品的なメロディとコーラスの曲。デヴィッド・フォスター・プロデュースと言われても頷いてしまいそうですが、彼の80年代作品のような過剰プロデュース的な感じはなく、もっと手作り的な肌合いを感じる曲です。次の「Davy」は、このアルバムをプロデュースしたベナード・アイグナー作で彼が弾くピアノでしっとりとマリーナが、道を誤りそうな息子に家に帰っておいで、と歌う曲。

アイグナークインシー・ジョーンズの「Body Heat」(1974)やジョージ・ベンソンの「In Flight」(1977)収録のスタンダード曲「Everything Must Change」の作者ですが、この曲は彼のソウルフルでありながら洒脱な作風が現れた心に染みる曲です。

Feel Like Makin' Love」はご存知ロバータ・フラックの大ヒット曲「愛のためいき」のカバーで、このアルバムはこの曲の名唱を含む、と紹介されることが多いようですが、全体で特にこの曲のパフォーマンスが際立ってという印象は実は受けません。それだけ全体のクオリティが高いということでしょう。

マリーナ自作の小品「The Lord Giveth And The Lord Taketh Away」をはさみ、アイグナーのもう一曲の作品「You Been Away Too Long」が続きます。この曲はこのアルバムで一番「ジャズっぽい」曲。この時期のマリーナはジャズ・シンガーとして最も勢いのあるころ、脂の乗った達者なボーカルで聴かせます。再びマリーナ自作のこれもジャジーで情感たっぷりな「You」に続いてアイグナー作の「Loving You Was Like A Party」で、曲調がまたがらりと変わり、70年代前半のソウルミュージックの雰囲気を強く湛えたマイナー調のソウル・ジャズチューンになります。そして最後は美しい映画の一シーンを思わせるような短いプレリュードを挟んで、ちょっと意表を突くくらい軽やかで明るい曲調の「Rose Marie (Mon Cherie)」でアルバムは幕を閉じます。

このようにアルバムを聴き進めると、まるで映画の一幕一幕が見えるかのように、全体の統一感とストーリー性が高いことがわかると思います。またジャズ界のミュージシャンがバックを務めていますが、いわゆる後の「フュージョン」的な軽さはなく、足に地がついた感じの演奏を聴かせてくれるのが嬉しいところです。

彼女はこの後も現在まで数々のアルバムを出していますが、いまだにこの作品が彼女の主要作として評価されているようです。それは冒頭触れた、毎年の再現ライヴが未だに多くのファンを集めていることからも判ります。

また、この作品が作られた時期が、70年代ソウルR&Bシーンのいくつかの大きな動き~ファンクのメインストリーム化、ヒップホップの勃興、ボーカル&インストルメンタル・グループの台頭、マーヴィン・ゲイダニー・ハサウェイカーティス・メイフィールドといったR&Bシンガーソングライターの活躍など~の一つであった、後の90年代のオーガニック・ソウルの原点となったソウル・ジャズが大きく盛り上がったタイミングであったことも、この作品を特別なものにしている大きな要素であったように思います。

marlena-shaw-1.jpg

このアルバムは、2年ほど前にEMIミュージック・ジャパンさんがブルーノート復刻1,000円シリーズの1枚としてリマスタリング盤が再発されており、比較的容易に入手できます。

ジャズとか、ソウルとか、そういった枠組みを気にせず、シンガー、マリーナ・ショーの素晴らしい歌と控えめながらバックをかっちりサポートしているミュージシャンたちの織りなす音像が喚起する映像を思い浮かべながら、このアルバム、是非お楽しみ下さい。

<チャートデータ>
ビルボード誌全米アルバム・チャート 最高位159位(1975.8.2
同全米ジャズ・アルバム・チャート最高位8位(1975)
同全米ソウル・アルバム・チャート最高位47位(1975)

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

copyright © 2017 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.