Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
【新企画】新旧お宝アルバム!#18 「Fifth」 The Autumn Defense (2014)

#18FifthThe Autumn Defense (Yep Roc, 2014)


ここのところ秋晴れの日々が続く一方、気温も徐々に下がってきて、秋風がちょっと肌寒くなってきましたが、今週の「新旧お宝アルバム!」で取り上げる「新」のお宝アルバムは、そういう秋風の吹く季節にぴったりの、哀愁のメロディと緻密に作りこまれたポップ・センスが素晴らしい、アメリカのオルタナティブ・カントリー・ロック・シーンで活躍する、ジョンパットの2人を中心としたバンド、その名もオータム・ディフェンスのインディ5作目『Fifth』をご紹介します。


the-autumn-defense-fifth (front)


実はこのオータム・ディフェンスの中心メンバー、ジョン・スティラット(vo., b., g., kbd., )とパット・サンソン(vo., g., kbd., perc.)は、オルタナ・カントリー・ロック・シーンの代表的なバンド、ジェフ・トウィーディーの率いるウィルコの現ラインアップのメンバーでもあります。

つまりこのオータム・ディフェンスは、2002年のファーストから既に5作目を数えますが、ある意味ジョンパットのサイド・プロジェクト的位置づけ。

しかしかたやウィルコの方がやや先進的なサウンドも駆使しながら、オルタナ・カントリー・ロックの可能性を追求するバンドであるのに対し、このオータム・ディフェンスは1960年代から1970年代のポップ・ロックの素晴らしい作品群をほうふつとさせるような、美しいボーカル・ハーモニーやキャッチーなメロディ、ソフトで緻密な楽曲構成で作りこまれた珠玉のポップ・ソングを聴かせてくれるバンドなのです。

ちょうど60年代で言えば『ラバー・ソウル』前後のビートルズや、ホリーズ、70年代ですとアメリカクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングといった、美しいコーラス・ワークを魅力のメインとするアーティスト達を思わせる曲を聴かせてくれるのがオータム・ディフェンス

そのポップでキャッチーながら哀愁を帯びたメロディーの楽曲群は、正に新旧を問わず日本の洋楽ポップ・ファンの皆さんに気に入って頂けると思います。



アルバム冒頭を飾る「None Of This Will Matter」はゆったりとしたメロディと1960年代後半のバーズホリーズといったアコースティック・ロック・バンド的なギター・ストロークのリフが効果的に使われた、とても懐かしいナンバー。続く「This Thing That I've Found」もアメリカの「金色の髪の少女(Sister Golden Hair)」をちょっと思わせるアコギのストロークを中心にした、やや哀愁の漂う70年代アコースティック・ポップ。後半のエレクトリック・ギターのフレーズなどは10ccスーパートランプといったイギリス系のちょっと個性のある70年代ポップ・バンドを思わせます。そして3曲目の「I Can See Your Face」。こちらはサージェント・ペッパーズ以前のビートルズホリーズといった60年代のポップなイギリスのグループをもろ想起させるようなメロディとリフで、特にオールド・タイマーなポップ・ファンにはたまらない佳曲です。




アルバム中盤の「Calling Your Name」はエレピのイントロと70年代初頭っぽいエフェクタをかけたフィル・スペクターっぽいギターのリフが、いかにもという感じのポップナンバー。でも楽曲の作りこみやコーラス・ワークなどが完璧なので既視感はあるが嫌味になっていないのがこのバンドのいいところ。ザ・バンドとかを思わせるメロディが楽しい「Can't Love Anyone Else」や正に「名前のない馬」のアメリカの全盛期の頃の秀逸な楽曲を思わせながら楽曲クオリティでは引けを取っていない「August Song」、ヴァン・ダイク・パークスアンドリュー・ゴールドあたりのバーバンク系のウェストコーストロックを思わせる曲調で、一音ずつベースが下がっていくギターのアルペジオとコーラスの絡みが美しい「Under The Wheel」など、本当にこのアルバムは珠玉のポップ・チューン揃いで、商業的に全く注目を集めなかったのが嘘のよう。



スティーリー・ダンの『Aja』や『Gaucho』がスタジオ・ミュージシャンの一つ一つの楽器の完璧なサウンドビットをモザイクのように組み上げたポップ・アルバムの傑作だとすると、この『Fifth』はジョンパットを中心とした気心の知れたバンドメンバーだけで、一個一個の楽器のサウンドビットではなく、美しいキャッチーなメロディ、過去の優れたポップ作品の様々な意匠、コーラス・ワークの緻密な構成、魅力的なコード進行のアイディアや楽曲構成といった、いわゆる「いい曲」の様々な構成要素、エキスをうまーく凝結させたポップ・アルバムの傑作といえます。

そしてこのアルバムの凄いのは、聴いているとただただ気持ちよく、その「凄さ」を全く感じさせないこと。

アルバムラストの「What's It Take」もさり気なく、柔らかいメロディが心地よい佳曲。ゆっくりと余韻を感じさせながらアルバムのエンディングを締めてくれています。


AutumnDefense_Fifth(Back).jpg 


かくいう自分も最近洋楽愛好家の友人からこのアルバムとアーティストを教えてもらい、その素晴らしさに嬉しい驚きを押さえられませんでした。まだまだ世の中には知られていないけど、素晴らしい音楽が埋もれているなあと実感した次第。アマゾンや輸入CD屋さんでも容易に手に入るこのアルバム、メジャーなワイナリーものではないけど、ふと手に入った掘り出し物のワインを楽しむように、この秋の深まりの中で彼らの音楽を楽しんでみてはいかがでしょうか。


<チャートデータ> チャートインなし

スポンサーサイト
【新企画】新旧お宝アルバム!#17 「Beat Crazy」 Joe Jackson Band (1980)

#17『Beat Crazy』Joe Jackson Band (A&M, 1980)


秋雨前線がようやく落ち着いて日々秋の深まりを感じる今日このごろ。さて先週お休みを頂いたこの「新旧お宝アルバム!」、第17回目の今回は「旧」、といっても80年初頭にリリースされたジョー・ジャクソンの3作目のアルバム『Beat Crazy』を紹介します。


JoeJackson_BeatCrazy (Front) 


このアルバムが発表された1980年、ジョー・ジャクソンはまだイギリスのニューウェイヴ・パンク・シーンから出てきたちょっと変わったロック・シンガーソングライターで、後の『Jumpin' Jive』(1981)でスイング・ジャズに手を染めたり、『Night And Day』(1982)でよりメインストリーム・ジャズを意識したイギリス版ドナルド・フェイゲン的なシンガーソングライターへと変貌を遂げる前。

そのサイケデリックなデザインと色使いのジャケットからも窺い知れるように、このアルバムでのジョー・ジャクソンはまだまだニューウェイヴ・パンク・スカといった当時UK音楽シーンの時代を反映した、エッジの立った音楽を体現しつつ、一方では後のジャズへの傾倒を予感させるような、何か新しい方向性を探っているような貪欲な意欲と勢いを感じさせます。

しかし、この『Beat Crazy』はそうした様々な音楽的方向性を意識しながらうまーくバランスが取れていながら、音的にも鋭くタイトな作品に仕上がっている隠れた名盤。この当時ニューウェイヴ系の作品の中では、先鋭的ながらメインストリームとしても高い評価に値するという意味では、アフリカンポリリズムを大胆に取り入れたトーキング・ヘッズRemain In Light』(1980)と双璧をなすと思っていました。

ただ残念ながらジョーの作品というと、あの白いカッコいい靴のジャケのファーストや、全米大ヒット「Steppin' Out」を含む『Night And Day』、あるいはジャズとメインストリームロックをうまく昇華した『Body And Soul』(1984)あたりが語られることはあっても、この作品はなかなか話に登らないことが多く、今回取り上げることにしたわけです。


JoeJackson_BeatCrazy (Back) 


アルバムはジャケのイメージを体現するかのような、スカを意識した後乗りの激しいリズムに乗せてジョーがシャウトするタイトル・ナンバーでスタート。とにかくこのリズムがカッコいいこの曲、詞の内容は今流行の音楽やファッション、果てはドラッグに溺れてビートに狂ったように生きながら、社会政治的状況には無関心な若者たちを痛烈に批判している曲。この辺り、早くもタダ者ではないジョーの面目躍如というナンバー。

続く「One To One」はブームタウン・ラッツあたりを思わせるようないかにもニューウェイヴの匂いを漂わせる、ピアノとリズム・マシーンだけで男女の関係のねじれを歌うミディアム・バラード。

ダブのリズムを冷たく底辺に刻みながら、幸せに見えるようだがどの家庭にも悪夢が潜んでいる、とクールに歌う「In Every Dream Home (A Nightmare)」と、続いてフェードインのように流れこんできて、誰かに常に監視されている、自分は19歳までに死ぬんじゃないか、と歌う「The Evil Eyes」あたりではこの時代のUKの底辺にある暗い雰囲気をクールなリズムに乗せて歌っています。




ひたすらカッコよくタイトなベースラインに乗って恋人への苛立ちを吐き捨てるように歌う「Mad At You」や、永遠に繰り返すループのようなギターリフの印象的な「Someone Up There」、ダブのリズムを刻むギターをバックに人種差別をテーマにした詞を朗読するかのような「Battleground」、そしてスカのリズムに軽快に乗って、TVに出てくる可愛い坊や達には才能なんてある訳無いさ、と痛烈に歌う「Pretty Boys」など、どの曲もアルバム全体、他の曲とのシークエンスが途切れなく、様々なタイプの気持ちのいいビートに乗って繋がっているのですが、一曲一曲で言っていることはかなり痛烈な風刺だったり、どうしようもなく暗鬱なテーマだったりします。

しかしその二つの強力に相反する要素が、むしろこのアルバムの先鋭性と作品としての出来の良さを支えているのです。

美しいメロディの歌なのに歌詞の内容は残酷だったり凄惨だったりすることによってその作品が作品としての凄さを如実に発揮する、というのとよく似ている効果がここにはあります。

そして彼のそんな楽曲と演奏によって「ビート・クレイジー」にされてしまっているのは、このアルバムを聴いている我々なのかもしれません。




ジョーはその後ジャズやサルサなど多様なジャンルにその創作活動のインスピレーションを広げていっただけでなく、90年代にはクラシックの作品も発表し2001年にはグラミー賞クラシカル・インストルメンタル部門を受賞するなど、その音楽に関する広い知見と造詣の深さで今もユニークな活動を進めています。また自らのウェブサイト(joejackson.com)では「今何を聴いているか(What I'm Listening To)」と題して、彼が今興味を持っている音楽についてのブログを不定期にアップしています。秋の夜長、そういう彼の音楽についての広い知見を綴ったブログを紐解きながら、ちょうど35年前に発表されながら未だにそのエッジと瑞々しさを失わないこのアルバムを聴いてみてはいかがでしょうか。


<チャートデータ>

ビルボード誌全米アルバム・チャート 最高位41位(1980.12.13付)

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

【新企画】新旧お宝アルバム!#16「Pageant Material」Kacey Musgraves (2015)

#16Pageant MaterialKacey Musgraves (Mercury Nashville, 2015)

秋真っ盛りに突入している今日この頃。これから年末にかけて話題の新作リリースが目白押しになる時期、楽しみですね。さて今週の「新旧お宝アルバム!」は「新」のお宝アルバムとして、今のナッシュヴィル音楽シーンの中でも新しいスタイルのカントリー系アーティストを代表する女性シンガーソングライター、ケイシー・マスグレイヴスの今年リリースのメジャー2作目『Pageant Material』をご紹介します。


KaceyMusgraves_PageantMaterial_Front.jpg

ケイシー・マスグレイヴスという名前はまだまだ日本では耳慣れないと思いますが、彼女は数年前からカントリー関係のみならず音楽メディア全般の注目を集めていて、昨年の第56回グラミー賞では新人部門にノミネート、メジャーデビュー作となった前作『Same Trailer Different Park』(2013)は大御所ティム・マグローの作品やテイラー・スウィフトの『Red』など錚々たる面々を押さえて最優秀カントリーアルバムを受賞。またソングライターとしても最優秀カントリー・ソング部門ミランダ・ランバートの「Mama's Broken Heart」と自身の「Merry Go 'Round」がノミネートされ、後者が受賞するという華々しいブレイクぶりを見せています。

彼女の書く曲は基本的にメインストリーム・ポップまたはフォーク・ミュージック寄りのカントリー・ポップで、多くは親しみやすくキャッチーなメロディの曲です。ただその歌詞の内容は、前作収録の「Follow Your Arrow」「Merry Go 'Round」などに見られるように、アメリカの中道保守的な価値観を受け入れず自分の信念に従って生きる重要さを歌ったものや、同性愛に対する率直な肯定やマリファナ嗜好についての歌など、それまでのカントリー界の常識を覆すものが多いことから、ローリング・ストーン誌などロック系音楽誌の支持も広く集めています。

また2013年末にはケイティー・ペリーの北米ツアーに参加するなど、カントリー界に囚われない活動の広さで様々なリスナーを獲得している模様。

PageantMaterial_Insert.jpg

そんな彼女が前作から2年、満を持してリリースしたのが今回の『Pageant Material』。ジャケ写でケイシー自らがジュエルを散りばめたティアラを付けて扮しているように、「(Beauty) Pageant」というのは「(ビューティ)コンテスト」という意味。

で、4曲めに入っているタイトル曲はシャッフル調のテンポのいいフォーク・ポップですが、歌詞の内容は前作同様、こんな風にケイシー・ワールド炸裂です(笑)。


PageantMaterial_Insert2.jpg

「南部で育つ女の子の常識ってもんがどうもあるらしい

あたしはだいたい常識で行動しようとするんだけど

いつも言っちゃいけないことを言っちゃって恥かいちゃうの

もしあたしが町中の人の前でハイヒール履いてキャットウォークを歩かなきゃいけないならきっと転んじゃうわ

そしてあたしがビューティ・コンテストに出るようなタイプじゃないって

ママも気が付いて泣いちゃうわね


あたしはいつも普通の子と違う考えみたい

世界平和を気にしてないわけじゃないけど

ステージの上で水着着ても世界平和に貢献できるような気がしない

あたしは「隣の気のいい娘さん」じゃないし

時には考える前に喋っちゃって、取り繕おうとするけどだめ

自分を偽って勝つよりは、自分自身でいて負ける方がまし」

6曲目でシングル・カットされた「Biscuit」も同じように軽快なカントリー・ポップで、前作収録の「Follow Your Arrow」と同じようなメッセージを歌っています。

「完全な人なんていない みんな打ちのめされたこともあるし嘘もつく

大体の人は不倫してるし そうでない人もチャンスを狙ってるはず

一番尊い立場にいる人でも時には堕ちることもある

私達って誰でも何か人に言えない秘密をかかえてるわよね


だから世間なんて気にしないで自分の畑を耕して自分の子供を育てたら?

何か煙を吸いたければ吸えばいいし 自分の好きな花を育てればいい

自分の家の塀はちゃんと直して 自分のクレイジーな考えには責任持って

自分の日々の生活だけ気にしてれば人生なんてそんなに大変じゃない」

Mind your own biscuits and life will be gravy」というこの歌の最後のラインは、biscuits(スコーン風の南部特有のパン)を日々の生活に例え、グレイヴィー・ソースと言う意味と「簡単」という意味の俗語であるgravyを一緒に使った、いわゆるダブル・ミーニングです。この辺りは日本人の私達だとなかなかピンと来ないところですが、こういう当たりも欧米で広いリスナー層にケイシーが受けている要素なんでしょう。

もちろん英語が得意でなく歌詞はよく判らない、という方でも、オープニングのノスタルジックでキャッチーなナンバー「High Time」からテイラー・スウィフトなどと共通する典型的なフォーク・シンガーソングライター的ポップ・チューン「Late To The Party」、70年代ウェストコースト系のポップ・チューン「Somebody To Love」など、アルバム全体とても聴きやすい楽曲満載。スティール・ギターやバンジョーなどのカントリー楽器の使い方も程よいので、それこそテイラーの『RED』までのアルバムが楽しめる方であれば、充分ポップ・アルバムとして聴けるクオリティ高い出来上がりになっています。何よりも彼女の歌声が耳に心地よく、彼女との共同プロデューサーであり、最近の若手カントリーアーティストでの仕事で頭角を表しているシェイン・マクアナリールーク・レアードによるアルバム作りも手堅いものです。

古い価値観にとらわれることなく、自分たちの信じるところに従って生きれば人生を楽しくやれる、とポップな楽曲に乗せて歌うケイシー。一方でこのアルバムの最後に収録された隠しトラック「Are You Sure」ではこの曲の作者でカントリー界の大御所、ウィリー・ネルソンとデュエットするなど、先達へのリスペクトは怠っていません。彼女が活躍できるのも、先達の努力があるからだということも充分判っているようです。

PageantMaterial_Insert3.jpg

日本ではなかなかカントリーは売れない、という固定観念は残念ながら今もレコード業界に多いようで、あのテイラーですら日本でティーン雑誌がその楽曲の歌詞やメッセージが同世代の共感を呼ぶということで取り上げて人気が出てやっと日本発売となった経緯があります。ケイシーテイラー同様、その楽曲のポップ性、歌詞のメッセージが若い世代に共感を呼ぶと思うので、是非日本発売をお願いしたいのですが、現在は輸入盤のみで入手可能のようです。

来年のグラミーでも多くのノミネートが期待されるなど、これからのアメリカ音楽シーンの一角を担っていくアーティストの一人となることは間違いないケイシーの歌を、深まり行く秋の中で楽しんでみてはいかがでしょうか。

<チャートデータ>

ビルボード誌全米アルバム・チャート 最高位3位(2014.7.11
同全米カントリー・アルバム・チャート 最高位1位(2015.7.11)

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

copyright © 2017 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.