Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
【新企画】新旧お宝アルバム!#21 「Waitress In A Donut Shop」 Maria Muldaur (1974)

#21『Waitress In A Donut Shop(ドーナッツ・ショップのウェイトレス)』Maria Muldaur (Reprise, 1974)


アメリカではサンクスギヴィング・ホリデーが終わり、街は一気にクリスマス気分。日本も同様に年末気分でそわそわしてくる季節。これから洋楽ファンは今年のベストアルバムや、今年の年間チャートや、グラミー賞候補発表などイベント続きで、忘年会の予定と共にこれまでとはまた別の意味で盛り上がる季節です。あなたの今年の洋楽総決算、どういう感じでしょうか。

さて今週の「新旧お宝アルバム!」は第21回目、「旧」のアルバムをご紹介する順番ですが、今回は70年代のアメリカンロック・ファンの間では根強い人気を持つ女性ボーカリスト、マリア・マルダーの『Waitress In A Donut Shop(ドーナッツ・ショップのウェイトレス)』を取り上げます。


MariaMuldaur_WaitressInADonutShop_Front.jpg 


さて今回なぜマリア・マルダーのこのアルバムを選んだのか。既にベテランのアメリカン・ロック・ファンや評論家の諸氏の皆さんからは「お宝じゃなくて王道、名作じゃないか」とお叱りを受けそうなのですが、このコラムの趣旨としては「古いいいアルバムは新しい洋楽ファンに、新しい良いアルバムは古くからのベテラン洋楽ファンに、日頃聴かない(と思われる)時代の作品に目を向けて頂く」ということなので敢えて選んだ次第。

(理由1)このアルバムはその前作、彼女の大ヒット「真夜中のオアシス(Midnight At The Oasis)」(1974年全米最高位6位)収録の『オールド・タイム・レイディ(Maria Muldaur)』同様、ゴスペル、R&B、スイング・ジャズ、カントリー、マリアッチ、テックスメックスなど、アメリカの様々なタイプの音楽スタイルをポップ・ロック的なアレンジで聴かせてくれる、言わば「アメリカン・ソングブック」的な作りになってます。なのでとかく最近の打ち込み系やエレクトロなポップ・ソングに馴染んだ最近の洋楽ファンにはある意味新鮮に聴いてもらえるのではないか、と思ったこと。

(理由2)つい先日、そうしたアメリカン・ミュージック、特に現代アメリカ南部音楽の父と言ってもいいアラン・トゥーサンが他界。このアルバムにはその彼の作品「Brickyard Blues」がしっかり取り上げられていること。

(理由3)先日都内某所で開催されたヤング・スタッフさん主宰のイベントで、マリアの「真夜中のオアシス」を皆さんの前でかける機会があり、改めてマリア・マルダーという今のポップ音楽のコンテクストではあまり語らられることがないけど、それがとても残念なほどこの魅力的な女性シンガーを今の洋楽ファンの皆さんにも聴いてもらいたい、と思ったこと。幸いこの作品はワーナーさんの「新・名盤探検隊」シリーズの再発で今年デジタル・リマスタリングされて改めてCD屋さんの店頭に並んでいるので入手しやすくなっているということも重要な理由でした。


上記の理由にも挙げたように、冒頭スイング・ジャズの1920年代の有名曲「Squeeze Me」でノスタルジックに始まるこのアルバムは、マリアッチ風のアレンジながらウェストコーストの有名シンガーソングライター、ウェンディ・ウォルドマンのペンによる「Gringo En Mexico」や、カナダのアンナ・マッギャリグル(90年代以降活躍する個性的なシンガーソングライター、ルーファス・ウェインライトの伯母さんにあたる)作のテックスメックス風味のマンドリンの音色が印象的な「Cool River」、はたまた50~60年代のR&Bシーンを代表するソングライティング・チーム、リーバー&ストーラーの作品で、その昔1962年にペギー・リーがヒットさせたオールド・タイムな魅力満点の「I'm A Woman」(1974年全米最高位12位)など、アメリカ伝統大衆音楽に興味がある洋楽ファンにはまるでオモチャ箱のように戦前からロックンロール台頭までアメリカの大衆音楽シーンを彩ったいろんなスタイルが登場して飽きることがありません。




このアルバムタイトルの出処である「わたしはドーナッツ・ショップのウェイトレス、あの人は毎朝やってくる、でも、彼の話って、いつも彼女のことばかり」(訳詞:天辰保文氏)といういかにも1950年代以前の雰囲気の曲調と歌詞で更にノスタルジアを煽る「Sweetheart」やエラサラ・ヴォーンが若かった時代の白人女性シンガー然とした雰囲気の「Oh Papa」。

キャブ・キャロウェイとかのジャイヴ・ミュージック全盛の1930年代の雰囲気満載の軽快な「It Ain't The Meat (It's The Motion)」なんて聴いてるだけでウキウキしてくるメロディとリズムに、マリアのちょっと気だるい、でも色香をたっぷりと含んだ歌声が楽しく乗ってます。




そしてアラン・トゥーサンの「Brickyard Blues」。この曲は70年代あまり当時知られざるソングライターの作品を取り上げて大ヒットにすることで有名だったスリー・ドッグ・ナイトが同じ時期にポップなアレンジでシングルヒット(全米最高位33位)にしていたり、イギリスのフランキー・ミラーも同時期にソウルフルなカバー・バージョンを発表してます。

でもここでのマリアは、思いっきり作者のアラン・トゥーサンをリスペクトしたと思われる、正にニューオーリンズのどこかのライヴジョイントで演奏されているかのようなスワンプ・テイスト満点のアレンジで歌ってます。


彼女のアルバムを語る上で楽曲の構成やアレンジもさることながら、欠かせないのはバックを固めるミュージシャンたち。前作同様、ギターのエイモス・ギャレット、マンドリンのデヴィッド・グリスマン、ドラムのジム・ゴードンらの手堅い職人的なメンバーが基本ラインアップで、ダンナのジェフ・マルダーはアレンジを担当。

これに加えてドクター・ジョン(ピアノ)、デヴィッド・リンドレー(ギター)、エルヴィン・ビショップ(ギター)、ポール・バターフィールド(ハーモニカ)、ニック・デカロ(ストリング・アレンジ)など70年代アメリカン・ロックを支えてきた「いかにも」なメンバーがキラ星のように要所要所でマリアの歌を引き立てる素晴らしい演奏を聴かせてくれてます。


WaitressInADonutShop_Back.jpg

アメリカの伝統大衆音楽のスタイルをポップ・ロックのアレンジとうまーくミックスさせながら完成されたこのアルバム。伝統大衆音楽というスープの出汁が強く効いてますが、決して「古臭い」という印象はありません。

むしろその出汁とマリア・マルダーという個性的で魅力的なシンガーの歌と、70年代のアメリカン・ロック・シーンを代表するようなミュージシャンたちのコンテンポラリーなロックスタイルの演奏がよく出来た料理のようにうまーく調和して、素晴らしい味と香りを醸し出しているのです。


マリアは前作とこのアルバムが商業的に成功した後、いわゆるヒット作には恵まれていませんが、自分の軸をぶれさせることなく、グレイトフル・デッドのバックコーラスでツアーに参加したりして、今に至るまでほぼ2年に一度くらいの頻度で新しい作品を発表し続けています。

特に最近ではブルース・ミュージック・シーンでの評価が高く、2005年にはアルバム『Sweet Lovin' Ol' Soul』がグラミー賞のブルース部門にノミネートされたり、2013年にはブルース・シンガーに与えられる名誉な賞とされるココ・テイラー賞の女性部門にノミネートされるなど、今もアメリカ伝統大衆音楽のスタイルを軸とした活動を続けているようです。

そのマリアが最も脂の乗った活動を展開していたこの時期のパフォーマンスで満載のこのアルバムは、今のデジタルで打ち込み主体のポップ・ソングの多い最近の洋楽に親しんだ若い洋楽ファンの方々にこそ是非聴いて頂きたいのです。皆さんにとって新しいスタイルの音楽との、きっと楽しい出会いがあることをお約束します。


<チャートデータ>

ビルボード誌全米アルバム・チャート 最高位23位(1975.1.4付)


I'm A Woman

ビルボード誌全米シングル・チャート(Hot 100)最高位12位(1975. 3.13.8付)

スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

【新企画】新旧お宝アルバム!#20 「Didn't It Rain」 Amy Helm (2015)

#20Didn’t It RainAmy Helm (eOne, 2015)


秋もいよいよ深まりそろそろ紅葉の季節。一方では蟹を始めとする冬の海の幸が美味しくなるこの季節、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。先週仕事の関係でお休みしてしまった「新旧お宝アルバム!」、今週取り上げる「新」のお宝アルバムは、この秋の雰囲気にも合うアメリカーナ・ロックの素晴らしい作品で、あのザ・バンドの名ドラマー、故リヴォン・ヘルムの娘さん、エイミー・ヘルムのデビュー・ソロ・アルバム『Didn’t It Rain』をご紹介します。

AmyHelm_DidntItRain_Front.jpg

エイミーは今年45歳、リヴォン・ヘルムとやはりシンガーであり、リンダ・ロンシュタットのバージョンで有名な「Love Has No Pride」の共作者であるリビー・タイタス(もう一人の共作者は最近久々の新作を出したエリック・カズ)との娘さんです。リヴォンリビー70年代を通じてパートナーでしたが、80年代に離婚、その後リビーはあのドナルド・フェイゲン1993年に結婚しています。エイミーはそんなミュージシャンたちに囲まれた幼少時代を過ごしたので当然のごとく若い頃から自らのバンドや、父のリヴォンのバンドに参加して演奏活動を行ってきていたようです。

その父リヴォン2012年に残念ながら癌で他界したのですが、今回のエイミーのデビュー・アルバムには何と3曲(「Send Our Last Dime」「Sing To Me」「Heat Lightning」)在りし日の父と一緒に録音した曲が含まれているばかりか、エグゼクティブ・プロデューサーとして父リヴォンの名前が誇らしげに掲げられているのです。

またアルバムのインナースリーヴを見ると、母リビーリヴォンの前の夫、バリー・タイタスとの間の息子で、2009年に他界した異父兄のエズラの写真があり、「兄に捧げる」の言葉が。


DidntItRain_Insert2.jpg

つまり、このアルバムはエイミーに取ってプロのミュージシャンとして初めてのアルバムというだけでなく、彼女を取り巻くファミリーのために大事に大事に作られた、とてもパーソナルなアルバムであることがわかります。そしてアルバムの全体のサウンドもそういうアルバムの出自を反映するかのように、とても暖かく、聴く者を包み込むような雰囲気でいっぱいのアルバムになっています。

アルバムオープニングのタイトルナンバー「Didn’t It Rain」はアップテンポなグルーヴ満点のドラムスとディストーションの効いたギターリフが印象的な、ニューオーリンズのミーターズを彷彿とさせる、いきなりソウルフルなナンバー。それもそのはずこの曲は有名なゴスペルナンバーを彼女とバンドメイトでこのアルバムのプロデューサーであるバイロン・アイザックスがアレンジしたもの。続く「Rescue Me」もメンフィス・ソウルを彷彿とするようなレイドバックなナンバーで、スーザン・テデスキを思い出させる、ブルーズとブルーアイド・ソウルが程よくミックスされたいい曲。このソウルフルな路線を続けるかのように、「Good News」はサム・クックのカバー。こちらはアップテンポかつソウルフルなエイミーの歌でアルバム全体のトーンをR&B基調に染め上げる本アルバムのキートラックの一つになっています。スライド・ギターが無茶苦茶気分。

 

アルバム中盤に入ると、ぐっとスロウにエミルー・ハリスあたりを思わせるエイミーの澄み切った歌声が印象的な「Deep Water」、父リヴォンのドラムスをバックにオールド・タイムな味わいのカントリー・シャッフルの「Spend Our Last Dime」、またまたメンフィス・ソウル的なスロウなグルーヴでぐっと聴かせる「Sky’s Falling」と、アルバムを聴き進めるにつけ、エイミーの歌声とバックのソウルフルな演奏が一体となったサウンドがただひたすら気持ちよし。

このアルバム12曲中、エイミーとプロデューサーのバイロン7曲を書いていてそのどれもが佳曲なのですが、自作曲以外ではゴスペルスタンダードのタイトル曲やサム・クックの曲と並んで印象的なのがベス・ニールセン・チャップマン作の「Gentling Me」。基本的にアコギの弾き語りでアルバムの中で唯一フォーキッシュな歌を聴かせるこの曲は、愛するファミリーを次々に失ったエイミーが「私に優しくして」と切々と訴えているかのように聞こえます。



I Can’t Make You Love Me」のボニー・レイットのような風情のバラード・ブルースナンバーの「Roll Away」、またまた父のドラムスをバックにゴスペル風の自作曲「Sing To Me」、プログレッシヴ・ブルーグラス的なバンドの演奏をバックにこちらもソウルフルに歌う「Roll The Stone」と、アルバム後半は静かな盛り上がりを見せていき、アップテンポなカントリー・ロック・ナンバー「Heat Lightning」で盛り上がった後、エレクトリック・ギター一本をバックにこれもまたブルース・ゴスペル風なエイミーの力強いボーカルによる「Wild Girl」でアルバムは余韻を響かせながら終わります。


DidntItRain_Insert1.jpg

ボニー・レイットルシンダ・ウィリアムスのようにまだまだアメリカーナとロックサウンドが混然と円熟し切ったような域には達していないけど、エミルー・ハリスアリソン・クラウスのようにブルーグラスやカントリー寄りというよりは明らかにメンフィス、ニューオーリンズといったサザン・ソウルやゴスペルの匂いを強く感じさせてくれる、それでいてシェリル・クロウなどのようにメインストリームでも充分通用する華やかなグルーヴとノリを持った曲やサウンドを聴かせてくれるエイミー


AmyHelm_DidntItRain_Back.jpg 

今回のこのアルバムはまだ商業的にはブレイクしていませんが、既にルーツ・ミュージックのファンの間ではかなりの話題になっているとのこと。早くも次の作品が楽しみですが、それまでは、秋の味覚とお酒を楽しみながら、彼女の歌声に酔ってみてはいかがでしょうか。

<チャートデータ> チャートインなし

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

【新企画】新旧お宝アルバム!#19 「Abandoned Luncheonette」 Daryl Hall & John Oates (1973)

#19『Abandoned Luncheonette』Daryl Hall & John Oates (Atlantic, 1973)


日本シリーズが終わり、ワールドシリーズが佳境を迎え、野球シーズンもそろそろ終わりの2015年。そろそろ年間アルバムなどの選考もはじめなきゃ、と思う今日このごろです。さて第19回目、今週の「新旧お宝アルバム!」は「旧」のアルバムで、10月に久々の来日を果たしてアラフォー以上の洋楽ファンの皆さんが盛り上がった、70~80年代を代表するブルーアイド・ソウル・デュオ、ダリル・ホール&ジョン・オーツのデビュー直後、2作目のアルバム『Abandoned Lunchonette』を取り上げます。


AbandonedLuncheonette_Front.jpg


既に今回の来日ライヴに駆けつけたベテランのホール&オーツ・ファンの皆さんならとっくにこのアルバム、知ってるよ!という方も多いでしょう。

でも、このアルバム、非常によく出来たソウル・ポップ・アルバムながら、今回のライブでも演奏された80年代の彼らの大ヒット曲「キッス・オン・マイ・リスト」「マンイーター」「プライベート・アイズ」といったあたりからのファンの方で、彼らのアルバムを最初の方まで遡って聴いた方以外には意外と知られていないのでは、と思い今回取り上げることにしました。

全米ヒット曲ファンには、「微笑んでよサラ(Sara Smile)」(1976年全米最高位4位)に続く彼らの2曲目のトップ10ヒット「追憶のメロディ(She's Gone)」(同最高位7位)が収録されたアルバムとして知られるこのアルバム、彼らがヒット曲を連発するようになるRCA時代の前のアトランティック・レーベル時代の作品。アトランティックとはデビュー作の『Whole Oates』(1972) 、本作、次作トッド・ラングレンのプロデュースによる『War Babies』(1974)の3枚のみで、その後RCAに移籍してリリースしたアルバム『Daryl Hall & John Oates(邦題:サラ・スマイル)』からの「微笑んでよサラ」で、晴れてホール&オーツがブレイクしたのです。

ShesGoneSingleJ.jpg


え、ちょっと待って、でも「追憶のメロディ」は「微笑んでよサラ」の次のヒットなんでしょう?
と疑問に思ったあなた。いいポイントです。

実は「追憶のメロディ」を収録したこの『Abandoned Lunchonette』、1973年の発売当時はアルバム・チャート最高位192位と全くヒットせず、「追憶のメロディ」もシングル・カットされたものの1974年3月に最高位60位とヒットとは程遠い状況でした。

ところが、この曲をどこで耳にしたのか、タヴァレス(70年代に「愛のディスコティック(It Only Takes A Minute)」など数々のヒットを飛ばしたR&Bグループ)が1974年のアルバム『Hard Core Poetry』で「追憶のメロディ」をカバー、これが何と同年12月に全米R&Bシングル・チャートでNo.1に。もともとフィラデルフィアでR&Bに強く影響を受けたバンドでキャリアをスタートした二人にとって、このタヴァレスのヒットには当時かなり元気付けられたことでしょう。

その後RCA移籍後「微笑んでよサラ」のヒットでブレイクしたホール&オーツを見て、アトランティックがこの『Abandoned Luncheonette』と「追憶のメロディ」を再発、ヒットにつながったというのが当時の経緯です(ちなみに下の日本盤シングルジャケには「全米ミリオンセラー!」と高らかに書いてありますが、2015年の本日現在、このシングルはミリオンセラーは達成していません(笑))。



アルバムは全曲ダリルジョン、または二人の共作による曲9曲で構成され、全体のサウンドは、明らかに高度にソフィスティケートされたフィリー・ソウル・サウンドと、フォークやロックの要素が絶妙にブレンドされたもので、「追憶のメロディ」をはじめ今聴いても大変洗練されていて、非常にクオリティの高い楽曲満載のアルバム。

冒頭の「When The Morning Comes」「Had I Known You Better Then」はサウンドはどちらかというと70年代初頭のフォーク・ロックなのですが、シンセが控えめに使われていたり、ダリルのボーカルのソウルフルなフェイク具合やコーラスの付け方がR&Bテイスト充分。

先日のライヴでも唯一このアルバムから演奏されたという「Las Vegas Turnaround (The Stewardess Song)」はジョンによる、いかにもフィリー・ソウル然とした、エレピが印象的なミディアム・ナンバー。この曲は当時まだスチュワーデスだった後のダリル夫人で80年代の大ヒット曲の共作者、サラ・アレンのことを歌った歌とのこと。

問答無用の名曲「追憶のメロディ」はAメロ部分や間奏が長いアルバム・バージョン。そのシングルのB面でもあった「I'm Just A Kid (Don't Make Me Feel Like A Man)」はまたフォーク・テイストのAORっぽいバラードナンバー。




アルバム・タイトル曲の「Abandoned Luncheonette」はちょっとスティーリー・ダンの初期やビリー・ジョエルの初期を思わせる、都会的なサウンドとメロディに、ストーリー性を持たせた歌詞の楽曲ですが、後半がだんだんフィリー・ソウル風になっていくのがホール&オーツ流。続いてややブルージーなメロディの哀愁漂うシャッフル・リズムの「Lady Rain」から、ややスーパートランプ10ccといったグループがやりそうな、ドラマチックでスケールの大きい展開のメロディでややドラマチックな組曲風の「Laughing Boy」で静かに盛り上がったアルバムは、ファンキーなギターリフとリズムでソウルフルに聴かせながら次々に曲調が展開していき、最後には何とバンジョーまで登場する「Everytime I Look At You」で幕を閉じます。


AbandonedLuncheonette_back.jpg

デビュー作とこのアルバムは、アトランティック・レーベルがかなり力を入れて売り出そうとしたことが伺われ、ロバータ・フラック、ビー・ジーズ(『Main Course』)、アヴェレージ・ホワイト・バンドといった数々の大ヒット作を手がけた、レーベルを代表する大物プロデューサー、アリフ・マーディンを起用しています。

またこのアルバムのバックを固めるのも、ギターのヒュー・マクラッケン、ドラムスのバーナード・パーディーリック・マロッタ、そして後にスタッフとして活躍するキーボードのリチャード・ティーとベースのゴードン・エドワーズなど、当時の一流スタジオ・ミュージシャンで固められていて、制作サイドの体勢は万全だったことが判ります。

しかしこのアルバムの素晴らしいところは、そうしたプロデューサーやバックの演奏が織りなす、いかにも70年代のメインストリーム・ポップ・アルバム然としたサウンドの心地よさもさることながら、ダリルジョンが書いた、後の大ヒット作にも繋がっていくような、彼らの出自をきっちり踏まえた質の高い楽曲で満載であることですし、二人のボーカルやコーラスの上手さとソウルフルさでそれらの楽曲が引き立っていることです。


彼らはその後「リッチ・ガール」「ウェイト・フォー・ミー」の大ヒットを経て、80年代にはスーパースターへとのし上がって行くことになるのですが、そうした彼らがまだ素朴さを残しながら、フィリー・ソウルとフォーク・ロックの融合という自分たちの出自を明らかに聴かせてくれるこの頃の素晴らしい作品を聴きながら、彼らの本来の音楽的側面を見直してみるのも一興ではないでしょうか。


<チャートデータ>

ビルボード誌全米アルバム・チャート 最高位33位(1976.11.20付)

RIAA(全米レコード協会)認定プラチナ・ディスク(100万枚以上売上)


「She's Gone」(追憶のメロディ)

ビルボード誌全米シングル・チャート(Hot 100)最高位7位(1976.10.3011.6付)

同全米ソウル・シングル・チャート 最高位93位(1976.10.916付)

copyright © 2017 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.