Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
【Boonzzy Music】新旧お宝アルバム!#124「Home Grown」Johnny Rivers (1971)

 #124Home GrownJohnny Rivers (United Artists, 1971)


どうやら梅雨らしい雨模様の天気が続き、気温も一時に比べるとかなり涼しくなってきているこの季節、一方で雨に濡れた新緑の美しい時期でもあります。今世の中はワールドカップですが、MLBファンの自分は、贔屓のNYメッツの不調と、大谷をはじめ日本人メジャーリーガーの相次ぐ故障で、最近はちょっとスポーツ観戦に熱が入らなくなってきたところ。そうなると戻る先は音楽で、いろいろな新譜や昔のレコードを引っ張り出して聴く機会がめっきり増えてきているこの頃です。


さて今週の「新旧お宝アルバム!」は、久しぶりに70年代に戻り、このしっとりとした新緑の季節にぴったりな感じのアルバムをご紹介。60年代にロックンロール・スターとしてブレイク、大きな人気を勝ち得ながら70年代のニューロックへの大きな音楽シーンのうねりの中、商業的には今ひとつの状況に立たされていたジョニー・リヴァースが、自らを見つめ直すような感じでリリースした、心和ませる珠玉のアルバム、『Home Grown』(1971)をご紹介します。


Home Grown 


おそらく我々昭和世代のシニアな洋楽ファンでも、ジョニー・リヴァースというアーティストの名前を聞いたことはあってもどういう曲をやっていた、どんなアーティストかと言われるとあまりピンと来ない方も多いのでは。ましてや今ストリーミングやYouTube、デジタルダウンロードで洋楽を聴いている40代以下の皆さんは名前も聞いたことない、という方も多いでしょう。

かなり熱心なアメリカの70年代のヒット曲ファンでも、「Rockin' Pneumonia & The Boogie Woogie Flu」(1972年最高位6位)と「Swayin' To The Music (Slow Dancin')」(1977年最高位10位)の2曲が思い浮かべられればかなり詳しい方だと思います。ことほどさようにジョニー・リヴァースというアーティストは、ブレイクした60年代を除いては、70年代以降特に日本ではその名を知られるようなヒットもなく、洋楽ファンにとってもイメージが持たれにくいアーティストなんではないでしょうか


ニューヨークに生まれたイタリア系移民の息子であるジョニー(本名:ジョン・ヘンリー・ラミステラ)は、幼少の頃に移り住んだルイジアナ州バトン・ルージュで、現地のカントリー、ブルース、ケイジャン、ジャズ、R&B等が混沌とした音楽文化に触れて8歳の頃ギターを始めたのが音楽人生の振り出し。

高校時代からバンド活動を始めたジョニーは、1958年NYへ旅行した際当時ロックンロールの生みの親といわれた伝説的DJ、アラン・フリードに出会ったのがきっかけでレコード・デビューにこぎ着けますが、この時は不発。

その後60年代に入ってLAに移って地元のクラブでライブ活動をしていたところを、後にキャロル・キングの『つづれ織り』をプロデュースすることになる有名プロデューサー、ルー・アドラーに認められ、ちょうどジョニーが人気を博していた地元の有名クラブ「ウィスキー・ア・ゴー・ゴー」でのライヴをそのままアルバムにしてリリース。そこからシングル・カットされた、チャック・ベリーのカバー「Memphis」の大ヒット(1964年最高位2位)で一躍ロックンロール・スターとしてブレイクしました

Johnny Rivers


その後1966年にはルー・アドラーとの共作「Poor Side Of Town」が全米1位に輝き、キャリアの絶頂期でしたが、その後作品は発表し続けるも人気は下降線をたどり、今回ご紹介する『Home Grown』がリリースされた70年代初頭は、アルバムもシングルも以前のようなヒットにならず、ある意味商業的にはどん底の時期。しかしこのアルバムは、ジョニーとその息子と思われる少年が楽しそうにならんでいる写真が、手縫い刺繍でタイトルとジョニーの名前が縫い込まれたキャンバス地にあしらわれているという、見ただけでほのぼのとするジャケットに象徴されるように、ネガティヴなトーンは皆無で、聴く者の心を和ませてくれる、そんな作品なのです。(ちなみにレコードのレーベルも手書きのイラスト入り。これもなかなか好感度です)


Home Grown Label


またこのアルバム、バックにはLAのクラブ時代からの相棒であるジョー・オズボーン(b.)や有名セッションドラマーのジム・ケルトナーを初め、シナトラビーチ・ボーイズ、ママス&パパスなど数々の60年代のポピュラー楽曲のバックをつとめたセッションミュージシャン集団「レッキング・クルー」のメンバーも多数参加、古くから気の知れたメンツの手堅くもグルーヴ満点の演奏をバックに、ジョニーが気持ちよさそうに歌っています。



ちょっとカントリー・ブルース風な「Moving To The Country」を皮切りに、ジョニーの魅力の一つである優しく艶のあるボーカルが映える、R&B風味のカントリー・バラード「My New Life」という流れはいかにも70年初等のシンガーソングライター・アルバム(このアルバムでジョニーは10曲中3曲しか作品に絡んでませんが)という雰囲気で、ぐっと引き込まれます。

彼のブレイクがチャック・ベリーのカバーであったように、ジョニーは自分で曲も書きますが、他人のカバーがピタッとはまるケースの方が実は多いのですが、このアルバムでそれを象徴的に感じさせるのが、3曲目の「Our Lady Of The Well」と5曲目の「Rock Me On The Water」。ご存知の方も多い、ジャクソン・ブラウンのカバーですが実はジャクソンはこのアルバムが出た当時はまだレコード・デビュー前。おそらくLAの音楽シーンで既に実績・人脈とも有していたジョニーが業界の誰かからジャクソンの評判を聞いてこれらの曲のデモを聴く機会があったのでしょう。

後にジャクソンの代表曲となるこの2曲を、いち早く取り上げるジョニーの目も大したものですが、このいずれの曲もジョニーは見事に自分のスタイルにアレンジして、彼らしいスワンプ風のスタイルでものにしています。


レコードA面のラストは、おそらくジャケ写真の息子に捧げたと思われる自作のバラード「Song For Michael」。「目の前に現れる明るい光のように僕の気持ちを喜びで満たしてくれる/君を見ていると自分が子供だった時に戻るようだ/君と僕は目を見合わせて/ただ「やあ」と言うだけだけど」という、もうマイケル君にメロメロなジョニーの様子が窺える、微笑ましいこの曲の途中にはマイケル君本人と思われる声もSEで登場します。このアルバムをとっても私的で、ポジティヴな感じにしている要因の一つがこの曲の存在で、ジャケットはそれをそのまま表しているのです


B面はA面のラストからつなげるように自作のジャグバンドっぽいカントリー・ポップ・チューン「Permanent Change」でスタートした後、ここから有名曲3曲のカバー攻撃。まずは元々インプレッションズカーティス・メイフィールド作で、ロッド・スチュアートのカバーでも有名な「People Get Ready」。ここではピアノとストリングスをバックにゴスペル風に、エンディングに向けて控えめに盛り上げるジョニーの歌唱が印象的。

続いてはキャロル・キングのアルバム『つづれ織り』収録の「So Far Away」のカバー。ルー・アドラーの導きなのでしょうが、これも当時リリースされたばかりの『つづれ織り』からさっそくカバーに取り上げたジョニーの選曲センスが光ります。ジョニーのバージョンは比較的オリジナルに忠実な、これもピアノとストリングスを中心にしたもの。


そして3曲目のカバーは、ジェームス・テイラーの「Fire And Rain」。原曲同様アコースティックなアレンジですが、ギターの代わりに名手ジェームス・バートンのドブロがややカントリー・スワンプ的なイメージを与えています。しかしこの曲のポイントは、ジョニーが後半歌唱を盛り上げてシャウトしたかと思うと、最後のフェードのところでバックコーラスが「Help me Jesus / Be my friend(主よ救い給え/我が友として)」と繰り返し原曲にはないコーラスを付けるところ。実はこれがその前2曲のカバー共々、この後のアルバム最後の壮大なアップテンポのゴスペル・チューン「Think His Name」の前振りとなっていたのだ、ということに曲が始まって間もなく気付きます。ひたすらジーザス・クライストの名前を連呼するゴスペルクワイアをバックに、淡々と歌うジョニー。商業的な逆境の中で、子供への愛と神への感謝で自らのスピリットを高くという思いを込めて、ジョニーはこのアルバムを作ったのではないか、そんな風に思わせるエンディングです。



このように非常に心温まる作品ながら、このアルバムも残念ながら大きなヒットにはならず。次作の『L.A. Reggae』(1972)からのシングル「Rockin' Pneumonia & The Boogie Woogie Flu」(こちらもヒューイ・スミスのカバー)のヒットと、「Swayin' To The Music」(イーグルスグレン・フライの作詞作曲パートナーだったジャック・テンプチンの曲のカバー)がヒットした『Outside Help』(1978)がマイナーなヒット・アルバムになったのを最後に彼の作品はチャートに戻ってくることはありませんでした。

しかし今でも年間50回を超えるライヴを行っているというジョニー、最近では自分のルーツの一つでもあるブルースに軸足を置いた活動を続けているようです。


2009年にはルイジアナ州の音楽殿堂入りし、2015年にはアメリカン・ポップ・ミュージック殿堂入りの候補にもノミネートされるなど、シーンからのリスペクトを今も受け続けているジョニー。そんな彼のとても私的な一面を感じ取ることができるこのアルバムで、梅雨の合間の緑美しいこの時期をお過ごしください。


<チャートデータ> 

ビルボード誌全米アルバム・チャート 最高位148位(1971.9.25付)

スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

【Boonzzy Music】新旧お宝アルバム!#123「Sublime」Sublime (1996)

#123SublimeSublime (Gasoline Alley / MCA, 1996)


2018年もとうとう6月に突入、今年もほぼ半分が過ぎました。幸い関東地区はこの週末も目の覚めるような素晴らしい好天に恵まれて、梅雨になる前に、とアウトドアやスポーツに時間をたっぷり過ごした方も多かったと思います。自分も久しぶりに近くのコースでゴルフのハーフラウンドなどして、この最高の天気を楽しんできました。


さて今週の「新旧お宝アルバム!」は、またまた久しぶりに恒例の90年代作品再評価シリーズで。90年代を代表する(当時の)新興音楽ジャンルの一つ、日本でいうところのミクスチャー・ロックの代表選手の一つでしたが、その音楽スタイルのように90年代の短い期間を一気に駆け抜けた感のある、カリフォルニアはロング・ビーチ出身の3人組、サブライムの最後のアルバムとなった『Sublimie』(1996)をご紹介します。


Sublime Album 


90年代作品を改めて評価してみようシリーズ、通算第5弾。


日本では90年代以降、ヒップホップ・ラップやレゲエ・スカとロック(場合によってはメタル・ロック)を融合したスタイルの音楽を指すのに頻繁に使われていたミクスチャー・ロックというジャンル名、実はいわゆる和製英語で、英米ではこういう言葉はないようです。なので正確にサブライムの音楽スタイルを表現するとすると、ヒップホップ風味を持ったスカコア・パンク・バンド、ということになるのでしょうか。いずれにしてもこういうスタイルのバンドは90年代に多く輩出して、今や大御所のレッチリリンキン・パークをはじめ、同じLAロング・ビーチ出身のノー・ダウトや以前このコラムでもご紹介したマイティ・マイティ・ボストーンズ、311などのよりメインストリーム・ロックをベースにしたバンドや、よりメタル方向に傾斜したリンプ・ビズキットレイジ・アゲンスト・ザ・マシーン、コーンなどが次々と活躍してました。

その中でもサブライムは当時同じシーンで活躍していたノー・ダウトのベーシスト、トニー・カナル曰く「最もヒップホップやレゲエ・スカとパンクやロックを要素を、リアルなスタイルの楽曲にしていて、リード・ボーカルのブラッド・ノウェルのソウルフルなボーカルがそれらの要素を切れ目なくバランスよくがっちりつないでいた」ということなので、当時シーンの中でも一目置かれた存在だったことがよくわかります。

そのサブライム、幼少からの友人だったエリック・ウィルソン(ベース)とバド・ガウ(ドラムス)がハイスクール卒業後始めたパンク・バンドに、当時カレッジをドロップアウトしたばかりのブラッド・ノウェル(ボーカル・ギター)が「お前ら、レゲエとかスカとかもいいぜ」と言って合流して1988年に結成。その後主に南カリフォルニアのスケートボーダー・カルチャーが濃密な地域で地元のクラブでのライヴを中心にファンを増やし、1992年にブラッドが設立したインディのレーベルからデビュー・アルバム『40oz. To Freedom』をリリース。レゲエ・スカ、パンク、ヒップホップ、サーフ・ロックを渾然一体としたスタイルが更に地元カリフォルニアで人気を呼んで地元のメジャー・バンドとしての地位を確立。


40oz to Freedom


続く『Robbin' The Hood』(1994)はラップや宅録のフォーキッシュな曲など実験的な内容だったこともあって商業的には失敗に終わり、サブライムの3人は次作となるこの『Sublime』の楽曲を準備しながら、ライヴ活動で更にファンベースを増やしていたのですが、1996年5月25日にヘロインのオーバードーズでブラッドが急逝するという事態に(享年28歳)

残ったメンバーは録音していた楽曲をまとめて2ヶ月後にリリースしたのが、この3枚目にしてラスト・アルバムとなった『Sublime』でした。


ありがちなことですが、ブラッドの他界という要素もあってこのアルバムからは彼らの唯一のモダン・ロック・チャート1位に輝いた「What I Got」をはじめ、「Doin' Time」(1997年全米最高位87位)、「Wrong Way」といった曲が盛んに全米のラジオでエアプレイされ、皮肉にもブラッドの死がサブライムを全国区バンドにしたのですが、ブラッドを失った2人はすでにこの時点でサブライムの解散を決意していたという皮肉な結果に。


そのアルバムを語るに欠かせないのはミクスチャーな音楽性もさることながら、南カリフォルニアのスケートボーダー・カルチャーを色濃く反映したアルバムのアートワークです。ジャケには鮮やかながら独特の雰囲気を持ったスケートボーダー・イラストがあしらわれる中に、背中に誇らしげに「SUBLIME」というタトゥーを背負った男の背中がバーンとあるという、なかなかインパクトのあるジャケ。当時のこのあたりのカルチャーをよく知る人にはこのジャケだけでもサウンドの中身が何となく想像がつくのでは。



さてアルバムはルースなレゲエのリズムに乗って、途中ヒップホップなスクラッチを交えた、当時のレッチリのナンバーを思わせるゆったりとしたナンバー「Garden Grove」でスタート。彼らの最大のヒットとなった「What I Got」はレイドバックなブラッドのアコギのリフとタイトなリズムがだんだん盛り上がり、途中からトースト・レゲエ風になったブラッドのボーカルが途中からヒップホップ・スクラッチをバックにフリースタイル風に変貌していくという、ラジオから流れてくると「おっ、これ何?」と耳を引くこと必至なナンバー。

こちらもエアプレイヒットとなった「Wrong Way」は典型的な軽快なスカコア・ナンバーで、天気のいい日のライヴでやると盛り上がりそうなナンバー。他の曲でもそうですが、エリッのベースのミックスが強めになっていて全体のグルーヴを強化している効果を果たしています。




更にスピーディーなスカコア・ナンバーでライブではモッシュ必至の「Same In The End」を経て、あのロドニー・キングのリンチ事件に起因する1992年のロス暴動を題材として、ラジオや警察無線を模したSEをバックに、ダブっぽいトラックとほぼラップに近いボーカルで異様なテンションを構築、ふとクラッシュを思い出してしまうApril 29, 1992 (Miami)」では一気にそれまでのノー天気な雰囲気から、アルバムはシリアスな感じに。


やはりエアプレイヒットの「Santeria」は一転してアップビートなレゲエ・リズムにブラッドのピロピロと奏でるギターリフとボーカルが印象的な曲。リリックは自分の彼女を取られた男が復讐しようとするが、返り討ちにあって銃で脅されるとなかなか情けないですが(笑)。

超ハイスピードのパンク・ロックフレーズとレゲエ・フレーズ、そしてスカ・コア・フレーズが代わりばんこに登場して最後は一体になるというなかなか楽しい「Seed」やレイドバックなレゲエ・ロックの「Jailhouse」を経て、またまたダブっぽいリズムに乗った醒めた感じのするエッジの効いたギターとブラッドの絞り出すようなボーカルで、またまたクラッシュポリスあたりのナンバーを思わせる「Pawnshop」でアルバムは後半に。

パンク一発の「Paddle Out」、レイドバックなダブ・ロックの「The Ballad Of Johnny Butt」、アップのスカコア「Burritos」などなどと、サブライムの音楽スタイルを順繰りにまたもう一度お披露目した後、アルバムの最後は、「What I Got」のアンプラグド・ヴァージョン的な「What I Got (Reprise)」、そして最後は彼らの唯一のHot 100ヒットで、ハービー・マンのフルートをサンプリングしたヒップホップのスタイルであのガーシュインの「Summertime」のフレーズをモチーフに、サウンド・コラージュにラップを乗っけるような感じの不思議なグルーヴを感じさせる「Doin' Time」で全17曲、約1時間のサブライム・ワールドが終了します。



ブラッドの死によってサブライムは解散しましたが、2009年に残ったエリッが、サブライムのファンの一人、ローム・ラミレスをボーカルにサブライム再結成をトライ。再結成そのものはブラッドの遺族のクレームでかないませんでしたが、彼らは現在も「サブライム・ウィズ・ローム」名義で活動を続けているとのこと。

その後近年のアナログ・レコード復活に合わせて、このアルバムを含む3枚のアルバムが2016年には180g重量盤でアナログ・リイシューされるなど、最近またサブライムに関する関心がシーンで静かに高まりつつあるようです。

Sublime Album back


これから梅雨の時期ですが、太陽いっぱいのカリフォルニアの空を思いながら、90年代の一時期を飾ったサブライムのこの独特のサウンドに身をゆだねて、初夏の到来を待つというのもいいのではないでしょうか。


<チャートデータ> 

ビルボード誌全米アルバム・チャート 最高位13位(1997.7.26付)

同全米ロック・アルバム・チャート 最高位41位(2017.5.6付)

同全米オルタナティヴ・アルバム・チャート 最高位23位(2017.4.1付)

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

copyright © 2018 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.