FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
【Boonzzy Music】新旧お宝アルバム!#131「Back Roads And Abandoned Motels」The Jayhawks (2018)

 #131Back Roads And Abandoned MotelsThe Jayhawks (Sony Music Entertainment / Legacy, 2018)


先週は日本ではなくアメリカ南東部が巨大ハリケーンに襲われ、ノース・キャロライナ州を中心に洪水や停電などの被害が発生している模様。まるでその前の週の関西地方のように、今も数百万戸がまだ停電中途のこと。犠牲者も発生しているようで、一刻も早い平常状態への復帰を祈るばかりです


一方日本ではここ1~2週間でめっきり過ごしやすい気候になり、着々と秋の気配が深まる毎日。そんな秋にぴったりの哀愁とアップビートな感じをもったメロディ満載の楽曲を毎回聴かせてくれる、ゲイリー・ルイス率いる今やアメリカーナ・ロック・バンドの重鎮となったジェイホークスが今年に入って2年ぶりに出してくれたアルバム『Back Roads And Abandoned Motels』を今日はご紹介します。


Back Roads Abandoned Motels 


90年代以降のいわゆるアメリカーナ・ロック・ルネッサンスの潮流に乗って登場した様々なバンドの中でも、ジェイホークスと言えばウィルコライアン・アダムス率いるウィスキー・タウン、サン・ヴォルトといったバンドと並んで、その後のこのジャンルのアーティスト達に大きな影響を与えてきた1986年創立の今や老舗バンド。今もバンドを引っ張るゲイリー・ルイスと共にバンドを創立したマーク・オルソンの二人が中心になったジェイホークスは1992年の傑作アルバム『Hollywood Town Hall』でこの分野での代表的なアーティストとしての確固たる地位を築きました。続く『Tomorrow The Green Grass』(1995)では新たに女性キーボード&ボーカルのカレン・グロトバーグをメンバーに加え、グランド・ファンクの「Bad Time」のカバーを含む素晴らしい楽曲群を揃え、アーティストとしての頂点を極めることに。

しかしこのアルバムを最後にマークが脱退、それでもロック・エッジの立った楽曲と、デビュー以来の持ち味であるメランコリーでありながら心が温かくなるような楽曲をバランスよく配した『Sound Of Lies』(1997)、『Rainy Day Music』(2003)といった素晴らしいアルバムをコンスタントに発表してきました。


Hollywood Town Hall


2011年の『Mockingbird Time』では久しぶりにマークがバンドに復帰、『Hollywood~』以来のジェイホークスらしい力強いアルバムを聴かせてくれましたが、この後マークは再脱退。一昨年久しぶりにリリースされた『Paging Mr. Proust』(2016)では実験的な楽曲もいくつか試みている分、個人的にはやや散漫な印象があって「ああ、ジェイホークスもこのままフェイドアウトしていくのかなあ」と寂しい気分になっていたところでした。


ところが昨年元キンクスレイ・デイヴィーズが突然リリースした、強いアメリカ音楽へのオマージュを剥き出しにした好アルバム『Americana』のバックを、何とジェイホークスのメンバーが全面的に努めているのを見て大いに驚いたものです

今年に入って出た、その続編とも言うべき『Our Country: Americana Act II』(2018)でもジェイホークスのメンバーが続いてバックを努めていて、一つ気になったのはカレンのボーカルがいつになく前面にフィーチャーされた曲が耳に残ったこと。そのレイのアルバムを聴きながら「ジェイホークスの新譜は出ないのか」とぼんやりと思っていた矢先にリリースされたのが今日ご紹介するこのアルバムです。


今回のこのアルバムは、リーダーのゲイリー・ルイスがこれまでに他のアーティストと共作、提供してきたここ数年の楽曲のセルフカバー10曲と、ゲイリーのペンによる新曲2曲という構成。ジェイホークス・ファンとしてはなかなかそれだけでも「いったいどの曲をやってるのか」と期待が膨らむところ。そして届いた新譜に針を落として聴き始めたところ、流れてくる楽曲の演奏スタイルといい、それぞれのメロディといい、90年代から2000年代にかけて彼らが一番輝いていた時期のジェイホークスのサウンドがよみがえったような、そんな素晴らしい内容だったので、今回ご紹介することにしたというわけです。



まずA面冒頭から、歌い出しが力強いカレンの歌声というのにジェイホークスのレコードでのゲイリーのボーカルに慣れたファンの耳が快い驚きに見舞われるのが「Come Cryin' To Me」。ディキシー・チックスナタリー・メインズのソロアルバム『Mother』(2013)に収録されていた曲で、ゲイリーディキシー・チックス3人の共作のナンバーです。ちょっとメランコリックなメロディがゲイリーっぽさを思わせるこの曲、やはりナタリーのバージョンを意識してカレンのボーカルにしたのかな、と思ってると次はそのディキシー・チックスが2007年のグラミー賞主要3部門を独占した大ヒット作にして彼女らの傑作アルバム『Taking The Long Way』に収録されていた、アコースティックでレイドバックしたリズムに乗った「Everybody Knows」ではゲイリーのボーカルが登場、ほっこり心が温かくなるようなサビでのコーラスは正真正銘のジェイホークス節。これよこれよ、と思わず頬がほころぶところで続くのが、ゲイリージェイコブ・ディランと共作して、HBOのTVドラマ『True Blood』のサントラ(2011)に収録されていた「Gonna Be A Darkness」。長尺のちょっとスロウなテックスメックスっぽいイントロから、ドラムスのティム・オレーガンのボーカルが入って来てこちらもジェイホークス節を聴かせてくれるあたりはさながら目の前で彼らのライヴを観ているかのよう。そして再度ディキシー・チックスTaking The~』収録の「Bitter End」ではこちらも70年代のカントリー・ロック全盛期の頃のイーグルス初期やポコらのスタイルから脈々と伝わる楽曲スタイルの最高形のパフォーマンスを聴かせてくれ、このあたりでもうかなりジェイホークス・ファンとしては大満足な状態です


アコギのストロークで力強く始まる「Backwards Women」はナッシュヴィル出身の若手カントリー・ロック・バンド、ザ・ワイルド・フェザーズのメンバーとの共作。こちらはよりジャムセッションっぽく、でもピアノのバッキングや、ハイノートのボーカルとコーラスの絡みなど、カントリー・ロックのおいしいところは余すことなく盛り込まれたご機嫌なナンバー。

続く「Long Time Ago」は90年代「If You Could Only See」のヒットを飛ばしたバンド、トニックのリーダー、エマーソン・ハートゲイリーとの共作。ここではライアン・アダムスの作風を彷彿させるような、ちょっとトルバドゥール風のスタイルのゆったりした楽曲を聴かせてくれます。



この後も様々なアメリカーナやオルタナ・カントリー系アーティストとの共作ナンバーを、ジェイホークス一流のフレッシュでいてどこか懐かしい、ハイクオリティなカントリー・ロック・スタイルで次々に聴かせてくれるのですが、アルバム最後の2曲は今回ゲイリーが新たに書き下ろした新曲2曲

最初の「Carry You To Safety」はミディアム・テンポの、これまたメランコリックなメロディをメンバーの分厚いコーラスがバックアップ、時折ラウンジ風なリヴァーヴの効いた骨太なギターがオブリガード的に絡むあたりがグッとくる、そんな曲。そしてアルバムラストの「Leaving Detroit」はピアノの弾き語りにアコギと控えめなドラムスだけが絡む、そんな音数を抑えたアレンジで、途中からゲイリーのボーカルに寄り添うように絡んでくるカレンの、そしてメンバーの分厚いコーラスがとても気持ちのよい曲です


Back Roads (back)


前作の『Paging Mr. Proust』で個人的にはややがっかりしてからは、ジェイホークスというと昔の素晴らしかったアルバムを聴き返すことが多かった最近でしたが、久しぶりにパワーローテーションで聴きこめるアルバムを届けてくれたジェイホークスには感謝。このコラムでジェイホークスを取り上げるとすれば『Hollywood Town Hall』か『Tomorrow The Green Grass』、と思っていたのですが、この新作の到着まで待っていてよかったな、と今では素直に喜べることが嬉しい、このアルバムはそんな作品です。

とかくセルフ・カバー集というと、ファン・サービスの内輪向け的な位置づけの作品だったりすることが多いわけですが、このアルバムに限ってはそんなことはなく、フラットに聴いてもゲイリーを中心にバンドのメンバーが力を込めて作ってくれた立派な新作として評価されてしかるべき作品だと思います


いよいよ秋本番も近い今日この頃、昔からジェイホークスを知っている方も、最近レイ・デイヴィーズのアルバムで彼らを知ったという方も、そしてジェイホークスは知らないけど、心に触れる秋っぽいいい音楽を聴きたい、という方も、このアルバムも含めて過去からのジェイホークスのサウンドに改めて触れてみるというのもお勧めです。ゆっくり彼らの素敵な新譜、お楽しみ下さい。


<チャートデータ> 

ビルボード誌全米アメリカーナ・フォーク・アルバム・チャート 最高位8位(2018.7.28付)

スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

【Boonzzy Music】新旧お宝アルバム!#130「Definition Of A Band」Mint Condition (1996)

 #130Definition Of A BandMint Condition (Perspective / A&M, 1996)


先週西日本を襲った巨大台風21号Jebiによる被害、そしてその数日後に北海道を直撃した震度7の地震と、先週の日本はまさに災害列島の様相を呈し、各地での犠牲者の方々、非難されて電気や水などのライフラインを断たれて大変な状況の方々の様子を知るにつけ、犠牲者の方々のご冥福を心より祈ると共に、被災者の皆さんの一刻も早い日常へのご復帰を祈らずにはいられません。一方昨日日本中をわかせた大坂なおみ選手の全米オープン優勝。セリーナや大会側のフェアとはいえない対応もありましたが、彼女の輝きがこれでくすむことはないので、このニュースが災害に苦しむ方々の力に少しでもなればいいですね。


さて一方で徐々に秋に向かう感じの天候になりつつある今日この頃、今週の「新旧お宝アルバム!」は、来る秋の雰囲気を感じさせてくれる、90年代のお宝R&Bアルバムをご紹介。90年代のソウルR&Bルネッサンス・ムーヴメントを代表する、セルフ・コンテインド・バンド(自ら楽器演奏するR&Bバンドのこと)の代表選手、ミント・コンディションの3枚目のアルバム『Definition Of A Band』(1996) をご紹介します。


Definition of a band


以前もこのコラムで触れましたが、1970~80年代を通じて洋楽に親しんだファンの皆さんの多くが、新しい洋楽作品やアーティストから離れてしまった1990年代というデケイドは、実は80年代USの音楽シーンの多くがマスプロ偏重、シンセや打込みサウンドに偏重したことのアンチテーゼでもあるかのように、多くのアーティストがよりアコースティックで、オーガニックな演奏や歌唱、楽曲スタイルに回帰し、ロック、R&B、ヒップホップ、カントリー、ルーツ・ミュージックと多くのジャンルにおける質の高い作品が多く生み出された、実は音楽的には大変重要なデケイドでした

かのMTVアンプラグド・シリーズが始まったのが1989年というのもそれを象徴しています。で、


90年代作品を改めて評価してみようシリーズ、通算第7弾。


以前申し上げたように、個人的に90年代のR&Bシーンでのルネッサンス立役者は、テディ・ライリーブラックストリート、ガイなど)、ラファエル・サディークトニ・トニ・トニ)、ベイビーフェイスそしてジャム&ルイスソロジャネットの一連の作品など)だと思っているのですが、このうち唯一クリエイティヴ的には停滞期だった80年代の初頭から一貫してクオリティの高い作品を作り続けてきたのがご存知ジャム&ルイス

その二人が90年代の動きに呼応するかのように、A&Mレーベルの肝いりで1991年に立ち上げたレーベルがパースペクティヴ・レーベル。そしてそこからの第1号アーティストが、今日お届けするミント・コンディションでした。


ストークリー・ウィリアムス(vo.)、ホーマー・オデル(g.)、ラリー・ワデル(kbd.)、ジェフ・アレン(kbd., sax.)、ケリ・ウィルソン(g., kbd., perc.)そしてリック・キンチェン(b.)の6人からなるミント・コンディションは、1989年にミネアポリスのクラブで演奏しているところをジミー・ジャムにスカウトされ、当時彼がテリー・ルイスと立ち上げようとしていたパースペクティヴ・レーベルから1991年にはデビュー・アルバム『Meant To Be Mint』をリリース。

バンドメンバー全員が楽器演奏(しかもキーボード奏者が3人いて音の厚みが素晴らしいのです)し、全員が曲を書けるというミントが、キャッチーなバラード・ナンバー「Breakin' My Heart (Pretty Brown Eyes)」(全米最高位6位、R&Bチャート3位)でたちまちヒットをものにしたのは、上記のような彼らの音楽的才能レベルの高さを考えればある意味当然だったかも


Mint Condition


彼らの音楽性は、当時の他のアメリカのR&Bアーティスト達に比べると、自らの演奏を主体に楽曲を自ら書いていく、そしてプロデュースもセルフでこなしてしまう、というスタイルも関係してか、ジャズ、それも90年代UKで同時に盛り上がっていったアシッド・ジャズ的なスタイルを強く持っていて、それが彼らを90年代R&Bルネッサンス・ムーヴメントの中でも、ユニークな存在にしている大きな要素のように思いますそしてこのアルバムもタイトル(バンドというものの定義)も彼らがバンド・アーティストであることの矜持を明確に示しているのは間違いのないところ。



まるでジャムセッションのような、ドラムスのソロからカリプソ・スティール・ドラムやサックスが入り乱れる短い「Definition Of A Band (Intro)」で始まるアルバムは最初からただのR&Bアルバムじゃない感満載。リズムを強調したグルーヴがいい「Change Your Mind」から、ミントお得意のゆったりとしたグルーヴを内包したバラードのシングル「You Don't Have To Hurt No More」になだれ込むあたりの気持ちよさはこのバンドの真骨頂。

レコードのスクラッチノイズ的SEをバックにこちらもうねるグルーヴとリズムが快感の「Gettin' It On」を経てこのアルバム最大のヒットシングルとなった完全クワイエット・ストーム・フォーマットの「What Kind Of Man Would I Be」。同時期最盛期を迎えていたベイビーフェイスの影響も感じるメロディを歌うストークリーの艶のあるボーカルと時折入るミント得意のリズムのキメがアルバム前半のハイライトを構成



その後冒頭の曲を更にスイング・ジャズ・セッション風にアレンジした「Definition Of A Band (Swing Version)」に続いて演奏される「Ain't Hookin' Me Up Enough」はそれまでの楽曲に比べてファンキーさを前面に出したナンバー。そしてそこからいきなりボコーダーをフィーチャーしてザップ風のヘヴィー・ファンクを聴かせる「Funky Weekend」、ピーヒャラ・シンセをフィーチャーした「I Want It Again」あたりはいわばこのアルバムのファンク・セクション。それでもそれに乗るストークリーのテナー・ボーカルが楽曲のしなやかさを演出してるところがミントたるところ。



On & On」からはまたお得意のミント節に戻り「The Never That You'll Never Know」は90年代R&Bの典型的なアレンジで彼らのミュージシャンシップを感じさせるナンバー。そこからまた「Raise Up」ではスローながらまたファンキーな楽曲を挟んだ上で、ボーイズIIメンを思わせるほぼアカペラの「On & On (Reprise)」でまた少しメインストリームに戻した後、アルバム終盤はバンド演奏ならではのジャムセッションにボーカルが乗ったような楽曲スタイルの2曲「Sometimes」「Missing」でシャッフル調のグルーヴを展開した後、クロージングはピアノのみの弾き語りでストークリーが両親への愛情を気持ちをこめて、しなやかに歌い上げる「If It Wasn't For Your Love (Dedication)」で終了。最後にストークリーが「Love you, Mom & Dad」とつぶやくのがいい。


Definition of a band (back)


ストークリーの歌のうまさ、アシッド・ジャズやジャズのジャム・セッション的グルーヴで聴かせるバンド演奏と楽曲構成、そしてキメのリズムやメロディをメリハリよく配置したそつのないソングライティングがミントの魅力の主たる構成要素で、このアルバムは初期3枚の中でもこれらが最もバランスよく、絶妙に作り込まれている作品だと思います


この後ミントパースペクティヴ・レーベルのクローズに伴いエレクトラに移籍して『Life's Aquarium』(1999)をリリースの後、6年間のバンド活動休止に入ります。トニ・ブラクストンと結婚したケリの脱退後、活動を再開したミントはインディから4枚ほどのアルバムをリリース。いずれもそこそこの結果を残していたのですが、彼らの名前を久しぶりにメジャーなニュースで聞いたのは2016年の第59回グラミー賞で、彼らが前年に出したクリスマス・アルバム『Healing Season』が最優秀R&Bアルバム部門にノミネートされたこと。残念ながら賞はレイラ・ハサウェイに持って行かれてしまいましたが、彼らの健在さを改めて実感したことができて嬉しく思ったのを覚えています。


秋の気配が少しずつ強くなる今日この頃、ミントのグルーヴ満点な楽曲と演奏、そしてストークリーの素敵なボーカルを聴きながら過ごしてみるのも乙なのではないでしょうか。


<チャートデータ> 

ビルボード誌全米アルバム・チャート 最高位76位(1996.10.12付)

同全米R&Bヒップホップ・アルバム・チャート 最高位13位(1996.10.12付)

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

copyright © 2018 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.