FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
【年末恒例企画#1】ビルボードHot 100年間チャート予想(Part 1, 20-16位)

昨年からちょっと気合いを入れ直して始めたこの【年末恒例企画】シリーズ、その第一弾の年間シングルチャート予想。11月のチャートもすべて発表され、今年もこの季節になりました。だいたい毎年これくらいから年末~12月のグラミー賞発表までは怒濤のようなブログ連発モードに入るのですが、今年はいろいろと公私ともに忙しく、年間チャート予想→自己年間ベストアルバム→グラミー予想と1月中旬までにコンプリートできるかやや不安。まあでも行ってみます(^^)

ではまず年末企画第一弾、独自の集計方法で予想するビルボード誌Hot 100年間チャート予想。今年のアメリカでの流行り歌というと、何と言っても年間チャート集計期間中(201712月~201811月)52週中、何と半分以上の291位を独占したドレイクの一人勝ち状態、と甚だ面白みに欠ける一年だった、という感想にならざるを得ないですね。もちろんアルバム『Scorpion』も決して悪い出来だとは思わないけど、ここまで圧倒的かよ、と反体制的性格の自分はちょっとシラけながら今年のシングルチャートを見てました。で、じゃあそのドレイクがブッチギリの1位で年間チャートの上位を独占するのか?

では早速2016位の予想を行ってみます。まずは年間20位。


20. No Tears Left To Cry - Ariana Grande

Hot 100 - 27週、Top 40 - 23週、Top 10 - 12週、Top 5 - 1週)

2018.5.5付 最高位3


Ariana Grande No Tears Left To Cry 

アリアナの4枚目のアルバム『Sweetener』からの先行シングルとしてリリースされて、5/5にいきなり3位に初登場したこの曲、昨年5月の彼女のマンチェスターでのライヴで発生した爆弾テロ事件にショックを受けたアリアナが、あの悲劇から一緒に立ち直って、ファンには人生を楽しんで欲しい、という思いをこめてマックス・マーティンら当代のヒットメーカー達と共作したダンスポップ・チューン。UKでも4月から5月にかけて最高位2位を2週記録するヒットになりました。

2016年12月のニッキー・ミナージとのシングル「Side To Side」(最高位4位)以来の久しぶりのトップ10ヒットとなったこの曲を筆頭に、アルバム『Sweetner』からはこの他「God Is A Woman」(最高位8位)、「Breathin」(現時点で14位上昇中)、そして彼女に取って初のNo.1ヒット(しかも初登場1位)となった「Thank U, Next」が今週のチャートで1位に君臨しているなど今年は大いにチャート上でアリアナが活躍した年になりました。

一方、この「No Tears~」が出た時に、アリアナのステディの彼氏だった、彼女のデビューヒット「The Way」でもコラボしていたマック・ミラーがこの後9月にODで急逝するという新たな不幸がアリアナを襲うことになります。「もう流す涙はない」と歌ってマンチェスターでのトラウマを克服しようとしていたアリアナにとっては辛い2018年になったに違いないね。2019年がアリアナに取っていい年になりますように。




19. Mine - Bazzi

Hot 100 - 34週、Top 40 - 30週)

2018.4.7付 最高位11


Bazzi_Mine.jpg 

バジことアンドリュー・バジ(21歳)はミシガン州カントン出身、レバノン人の父とアメリカ人の母を持つ、レバノン系2世アメリカ人。

高校生くらいの頃からネット上に自作の曲をアップして、かなりのフォロワーをもっていたというバジ独特のヒップホップ・テイストを持った浮遊感が凄く気持ちいいこのゆったりとした曲調の「Mine」も、スナップチャットというメッセージ・アプリを通じてネット上にアップしたところあっという間に人気を集めて世界中で大ヒット。Hot 100でも11位に登るヒットになったのですねえ。ネット時代を象徴するようなバジのこのヒット、ある意味今年のチャートを席巻したドレイクとかトラヴィス・スコットとかのラップ・アーティストと全く異なる支持層を得たヒットとして特筆すべきなのかも。

バジはこの他にもフィフス・ハーモニーから独立して今年ブレイクしたカミラ・カベラをフィーチャーした「Beautiful」も現在31位上昇中。グラミーの新人賞にはノミネートされないだろうけど、今後の動向が気になるヤツではあります。



18. Never Be The Same ▲2 - Camila Cabello

Hot 100 - 35週、Top 40 - 30週、Top 10 - 3週)

2018.5.12付 最高位6

Camila Cabello Never Be The Same 

そのバジのヒットにフィーチャーされていたカミラ・カベロフィフス・ハーモニーの人気がグッと盛り上がったタイミングの2016年にショーン・メンデスとのコラボヒット「I Know What You Did Last Summer」(最高位20位)そして若手ラッパーのマシン・ガン・ケリーとのコラボヒット「Bad Things」(最高位4位)でソロでもいける、とグループから電撃脱退、物議を醸したのは記憶に新しいところ。そのカミラが満を持して昨年末リリースしたソロ・デビュー・アルバム『Camila』から放った堂々のNo.1ヒット「Havana」に続くヒットがこの「Never Be The Same」。

ちょっとダークでエレクトロな感じの音像をバックにファルセットなども駆使して歌う今風ポップなこの曲、昨年12月にデジタル音源がリリースされた時に2週間だけチャートの下の方に登場してドロップ。その後アルバムのリリースと共に再チャートインした後は順調にチャートを上昇。

このヒットの最後の後押しは、この曲がトップ10目前まで来たタイミングで、今最も勢いのいい男性カントリー・シンガー、ケイン・ブラウンをフィーチャーした別バージョンがリリースされ、これでめでたく6位上昇で彼女に取って3曲目のトップ10を達成した、というマーケティングもいろいろと工夫して彼女を売ろう、というA&Rチームの努力が感じられるヒットになりました。UKでも今年1月に7位に登るヒットに。

キューバ系アメリカ人ということで、トランプの移民政策にも批判的な発言を各所で行い、ただのポップ・シンガーではない、というイメージも醸成されつつあるカミラ、個人的に気になるのは果たして今回のグラミーの新人賞部門にノミネートされるか、というあたり。



17. Love Lies - Khalid & Normani

Hot 100 - 39週、Top 40 - 24週、Top 10 - 3週)

2018.9.8付 最高位9

Khalid Normani Love Lies

昨年シーンに登場して19歳ながら表現力豊かな歌唱と今時のヒップホップ・テイストで浮遊感満点の音像で話題を集め、グラミー新人賞部門にもノミネートされたカリードことカリード・ロビンソン。去年はグラミーソング・オブ・ジ・イヤーにノミネートされたロジックの「1-800-273-8255」にもフィーチャーされ、グラミーで大いにそのパフォーマンスを見せてくれた彼がリーダークレジットとしては「Location」(2017年最高位16位)、「Young, Dumb And Broke」(同18位)に続く3曲目のトップ40ヒットで初のトップ10ヒットとなったのがこの曲。ゲイの高校生を巡るティーン・コメディ映画『Love, Simon』の挿入歌として使われたこの曲、カリードフィフス・ハーモニーのメンバー、ノーマニとのデュエットのいかにもカリードっぽい感じの今時のR&Bバラードノーマニの達者なボーカルがカリードの眠そうな(笑)ボーカルと好対照で、それもあって9位に登るヒットになったか。

先月、デビューアルバム『American Teen』に続く作品としてデジタル・ダウンロード・オンリーのEP『Suncity』がビルボードアルバムチャートでも8位を記録、シングルの「Better」も現在チャートイン中(今のところの最高位は34位)と2019年に向けて好調な発進中のカリード、今年もサマソニにも来日した今一番熱いエレクトロDJ、マシュメロとのコラボシングル「Silence」(全米最高位30位、UK3位)やベニー・ブランコのヒット「Eastside」(同18位上昇中、UK1位)とあちこちで存在感を見せていて、しばらく彼からは目が離せそうにありません。「Suncity」早くヴァイナル出ないかなあ




16. New Rules ▲3 - Dua Lipa

Hot 100 - 33週、Top 40 - 32週、Top 10 - 5週)

2018.2.17付 最高位6

Dua Lipa New Rules

 
デュア・リパという一風変わった名前の今年23歳、アルバニア系イギリス人の女性シンガーの全米での初のトップ40ヒットとなったのがこの「New Rules」。本国UKでは既に2017年8月に彼女初のUKナンバーワンヒットとなっているこの曲、彼女のけだるそうな成熟した感じのボーカルが今風のエレクトロでちょっと東欧風のメロディとミディアム・アップのトラックに乗ってるといういかにも今風ポップ、という曲。

彼女、UKでは2016年に「Hotter Than Hell」(15位)でブレイク以来この曲が出るまでに既にトップ10ヒット2曲を飛ばしていて、昨年のブリット・アウォードでは最優秀ブリティッシュ女性アーティスト部門とブリティッシュ・ブレイクスルー賞(その年最も大きくブレイクしたアーティストに与えられる賞)の2部門を堂々獲得してるので、全米には満を持しての進出、そして見事ヒットを果たしてます。

この後もデビューアルバム『Dua Lipa』から「IDGAF」がUK1位、カルヴィン・ハリスとのコラボシングル「One Kiss」(全米最高位26位)とヒットを連発、直近ではKポップの人気ガールグループ、ブラックピンクとのコラボまでやってて、なかなか幅広い活動を精力的にやってます。




さて何とか今夜か明朝には年間チャート予想、15位~10位もアップしなくては。では。


スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

【Boonzzy Music】新旧お宝アルバム!#134「Shipwrecked」Gonzalez (1977)

 #134ShipwreckedGonzalez (Capitol, 1977)


MLBワールド・シリーズもレッドソックスの圧倒的な勢いによる勝利で終わり、日本シリーズの決着も着いたということで野球シーズンも終了、日々朝晩が冷え込み始めていよいよ晩秋の雰囲気一色になってきた今日この頃、皆さんも音楽の秋を十分に満喫されているでしょうか。このブログがアップされる月曜日にはポール・マッカートニーの国技館公演というまあいろいろ賛否両論を呼びながら、ある意味歴史的なイベントも行われる中、そろそろ年間チャートや年間ベストアルバムの発表、そして来月頭にはグラミー賞ノミネーションの発表もあるという、音楽ファンにはいろいろと忙しい時期になってきました。


そんな中、深まる秋を楽しんで頂くべく、今回の「新旧お宝アルバム!」では、あまりスポットの当たることのないアーティストの隠されたお宝、Hidden Gem的なアルバムを、ということで、イギリスのホワイトR&B・ファンク・バンド、ゴンザレスが1977年の暮れに発表したアルバム『Shipwrecked』をご紹介します。


Shipwrecked.jpg 


ゴンザレス?何か聞いたことあるな」と思われた洋楽チャートファンの方、いらっしゃいますよね(笑)。そう、このゴンザレスというバンド、ディスコ全盛期の1979年に「Haven't Stopped Dancing Yet(邦題:ダンスは止まらない)」という中ヒット(全米最高位26位、全英最高位15位)でチャートを賑わしたあのゴンザレスです

この曲がヒットした当時は「まあキャッチーだけどノー天気なディスコヒットだなあ」という印象(失礼)で、グループの素性も何も全く分からず、てっきり当時よくあったスタジオミュージシャンをかき集めて作ったワンショットグループだと思っていました。

ところが時は流れて30年以上が経ち、最近彼らの1975年のアルバム『Our Only Weapon Is Our Music』を耳にする機会があり、その洒脱でファンキーでブルー・アイド・ソウルなグルーヴ満点のサウンドを聴いて一発で気に入ってしまい、更にこのゴンザレスが「あのゴンザレスと同じバンドだと知って二度驚いたのでした。


Our Only Weapon


彼らのことを調べると、実はこのバンド、同じく70年代中期以降80年代にかけて活躍した、アヴェレージ・ホワイト・バンドココモといった、いわゆるUKホワイトR&Bファンク・グループの代表選手の一つであり、かつその後シーンで活躍したミュージシャン達を輩出、あるいはそれまでにシーンで活躍したミュージシャン達がからんだ、ある意味登竜門のようなバンドだった、ということを知りました。


その最たる人物が、今日紹介するアルバムのプロデューサーで、B面1曲目に収録されているその「Haven't Stopped Dancing Yet」の作者である、グロリア・ジョーンズ。オハイオ州シンシナティ出身の彼女は60年代自らR&Bシンガーとして活躍、この時期に録音した1981年にあのソフト・セルが英米で大ヒットさせた「Tainted Love」が70年代にUKのノーザン・ソウル・シーンで人気を集めるなど、カルトな人気を持っていたようです。

またグロリアは60年代後半以降70年代前半にかけてはモータウンのヒット曲ライターチームの一員で、この頃手がけたグラディス・ナイト&ザ・ピップスの「If I Were Your Woman」(1971年全米最高位9位)ではグラミー賞にもノミネートされるなど、ソングライターとしての地位も確立。

しかし彼女が最も有名なのは、あのマーク・ボランのパートナーとして、またTレックスのバック・ボーカル兼クラヴィネット奏者として、そして数々のセッション・ボーカルの実績で、70年代を通じてUK音楽シーンでそのポジションを確立していきました

しかし1977年、自動車事故でマーク・ボランが亡くなった時、当の車を運転していたのが他ならぬグロリアで、事故で財産を失って以降はマークとの間にできた息子ローランと共に家族のいるLAに戻って細々と音楽活動を続けているようです。そしてその事故の直前に録音されたのが、このゴンザレスのアルバム『Shipwrecked』。


Gonzalez.jpg


ジャケは昔船乗りがギリシャ神話のアルゴ号のお話にちなんで、海難を避けるために船首に彫り込んだという女神の船首像を模したような女性が船首に据え付けられた図、というレコ屋でもちょっと目を引くデザイン。このジャケのアート・ディレクションは実はスティーヴ・ミラー・バンドの『Book Of Dreams(ペガサスの祈り)』(1977)、ビートルズの『Rock 'N' Roll Music』(1976)、ジョン・レノンの『Shaved Fish』(1975) そしてR&Bバンド、メイズの1977~80年の一連のアルバムのジャケを手がけた日系アメリカ人のロイ・コハラ氏。こんなところにも我々の感性に響く要素があるのかも。そしてサウンドは、ブチブチ・ファンクあり、メローなフュージョン・インストあり、そしてUKソウルマナーで、ダンサブルなグルーヴ満点のナンバーありと、70~80年代のブラック系がお好きな向きにはたまらないアルバム構成になっています



オープニングの「Just Let It Lay」はいわゆる当時のディスコ調の軽い感じではなく、スレイヴとかザップと言ったオハイオ・ファンク的な重たいシンセ・ベースが効いた、それでいて洒脱な感じの漂う長めの、フロアで人気を呼びそうなファンクナンバー。そして続く「Rockmaninoff」は、何とタイトルからも想像できるように、あのエリック・カルメンも「All By Myself」で使った、ラフマニノフピアノ協奏曲第2番ハ短調作品18のメロディーをモチーフに使ったナンバー。この下手すればコケそうなアイデアを70年代中期の一番脂が乗ってた頃のクルセイダーズを彷彿とさせる、スタイリッシュなフュージョン・ファンク・ナンバーに仕立て上げてるあたりはメンバーのミュージシャンシップの高さを感じさせます


ストリングスを優雅に配したスロウなメロディを、後にアラン・パーソンズ・プロジェクトに転じるボーカルのレニー・ザカテクAPPの「Games People Play」等のボーカルは彼)が歌う、クラシカル・ゴスペル風のスケールの大きい「Oh I」に続きA面を締めるのはアルバムタイトルの「Shipwrecked」。波の音と船体がギシギシときしむ音にかぶさって始まる軽快なアップテンポなメロディとリフ、そして70年代初頭フィリーサウンド風のコーラスがキャッチーなナンバーです。



B面トップはヒット曲の「Haven't Stopped Dancing Yet」。何となくアルバム全体ではやはり浮き気味のナンバーだけど、改めて聞いてみると中盤のリフがフォートップスとかのモータウン系のサウンドを本歌取りしてるのが分かって、さすがノーザン・ソウルの女王、グロリアのペンによるだけあってただの「ノー天気なディスコ」ではないなあと再評価。続く「Bob Gropes Blues」はフルート/ソプラノ・サックス担当のスティーヴ・グレゴリーのペンによる、ムードあるセンシュアルなフュージョン・インストナンバー。デヴィッド・T・ウォーカーを思わせるゴードン・ハンテのギターとホーンの絡みがひたすら気持ちよし。



再びムードをファンクにシフトした「Tear Down The Business」は、これもオハイオ風な、でもちょっとバーケイズあたりを思わせるブチブチ・ファンク・ナンバー。ただのファンク一辺倒ではなく後半の展開がちょっとシャレオツな感じになるのはUKバンドならではか。そしてアルバムフィニッシュにふさわしく、映画のエンドロールのバックにいいのでは、といった感じの「Baby, Baby, Baby」はちょっとレトロな感じのホーンセクション中心で、軽快なリフとメロが70年代UKポップ風のライトファンクのインストナンバーです。

Shipwrecked (back) 

このアルバムには参加していませんが、クリス・リアミック・テイラーのバック等でUKシーンで活躍した日本人ベーシスト、クマ原田もこの頃ゴンザレスに在籍していたようですし、80年代に英米のダンス・チャートで「If You Could Read My Mind」(1980年全米ダンス・チャート2位)などのヒットを放ったヴァイオラ・ウィルスも一時期所属していました。


このアルバムはリリース当時は全く注目を浴びませんでしたが「Haven't ~」のヒットを受けて、アメリカでは『Haven't Stopped Dancin'』(1979)というタイトルで、ジャケ・収録曲も変えて再発、一応チャートインしています。しかしこの後バンドは2枚のアルバム『Move It To The Music』(1979)、『Watch Your Step』(1980)をリリースしましたが、商業的な成功には恵まれず、中心メンバー、キーボードのロイ・デイヴィーズの他界をきっかけに1986年には解散しています。


Havent Stopped Dancin


この秋のお供としてはなかなかお勧めのこのアルバム、できれば再発盤(ジャケもいかにもディスコ!って感じ)ではなく、オリジナル・パッケージ、オリジナルの曲構成で聴いて頂き、彼らのタイトな演奏力と楽曲の流れを楽しんで頂ければ嬉しい限りです


<チャートデータ> 

チャートインせず

(再発盤『Haven't Stopped Dancin'』はビルボード誌全米アルバム・チャート 最高位67位(1979.3.10-17付))

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

copyright © 2018 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.