FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
【年始恒例企画 #3】恒例!第61回グラミー賞大予想 #4 〜ラップ部門〜

今年も主要部門にドレイクケンドリック・ラマー、カーディBらがノミネートされ、2018年も引き続き最もストリーミングやデジタル・ダウンロードで聴かれた今最も人気あるジャンルであるラップ・ヒップホップ・フィールド。去年はジェイZケンドリック・ラマーの一騎打ちで、ケンドリック・ラマーの完勝に終わったこの部門、今年は更に三つ巴、四つ巴の様相を呈しています。さっそく見てみましょう。


18.最優秀ラップ・パフォーマンス部門

  Be Careful - Cardi B

◎ Nice For What - Drake
○ King's Dead - Kendrick Lamar, Jay Rock, Future & James Blake
  Bubblin - Anderson .Paak
× Sicko Mode - Travis Scott, Drake, Big Hawk & Swae Lee

Cardi B Be CarefulDrake Nice For WhatKendrick Lamar Kings DeadAnderson Paak BubblinTravis Scott Sicko Mode

このメイン・パフォーマンス部門で既にカーディB、ドレイク、ケンドリック・ラマーそしてトラヴィス・スコットと、いずれも2018年のラップ・ヒップホップ・ジャンルでは大ヒットアルバムを放ち、かつ各音楽誌の評価も高いアーティスト四組による混戦状態になってますアンダーソン・パークだって昨年フジロックで会場を一気に動かすハイテンションのライヴをやるなどアーティストパワーは高いのですが、今回はシングルのみの楽曲のノミネートということでグラミーレースでの弱さは否めないところ(年末に新譜『Oxnard』をリリースしていますので、来年のグラミーでの活躍を期待)。
この中で普通に本命◎を考えると、やはりアルバム『Scorpion』がBillboard 200(メインのアルバムチャート)でもR&Bヒップホップ・アルバム・チャートでも5週1位を放ったドレイクが横綱相撲を見せると考えるのが妥当でしょう。このNice For What」は「God's Plan」ほどではないにせよ、Hot 100でもR&Bヒップホップソングチャートでもそれぞれ8週1位を獲得した2018年を代表するラップヒットで、あのローリン・ヒルの「Ex-Factor」をサンプリングしたループをバックにドレイクがアゲアゲのフロウを聴かせるあたりがキャッチーでした。

対抗○はここのところのグラミーにおけるラップ・ヒップホップ部門で圧倒的な強さを誇っているケンドリック・ラマーが、ジェイ・ロックフューチャーらのラッパーだけでなく、音響系のオルタナロックで知られるジェイムス・ブレイクをフィーチャーした、映画『ブラック・パンサー』サントラからのトラップ・スタイルの「King's Dead」。あのケンドリック・ラマーとジェームズ・ブレイクが組んでトラップやってる、ってだけでかなりの話題作ですが、ここは対抗かなあ。

残る穴×はメイン部門でも台風の目の一つになりそうなカーディBトラヴィス・スコットかで迷うところだけど、ここは楽曲のバラエティをぐっと増したアルバム『Astroworld』がシーン、各音楽誌での評価の高い、トラヴィスの初のHot 100ナンバーワンヒットとなった「Sicko Mode」で



19.最優秀ラップ/歌唱パフォーマンス部門

  Like I Do - Christina Aguilera Featuring Goldlink
  Pretty Little Fears - 6lack Featuring J. Cole
× This Is America - Childish Gambino
◎ All The Stars - Kendrick Lamar & SZA
○ Rockstar - Post Malone Featuring 21 Savage

Christina Aguilera6lack.jpg Childish Gambino This Is America Kendrick Lamar SZA All The StarsPostMaloneRockstar.jpg 

去年はジェイZ+ビヨンセを押さえて、リアーナをフィーチャーした「LOYALTY.」で見事この部門を制したケンドリック・ラマー。それまでこの部門で7回受賞と圧倒的な強さを誇っていたジェイZから完全に主導権の流れをもぎ取った感が強かったのですが、今年は更にその勢いを持続させそう。というのも今年のこの部門ではあの映画『ブラック・パンサー』のエンディングのクレジット・ロールをバックに流れて、その楽曲のスケールの大きさで本編の興奮を新たにしてくれたSZAとのデュエット「All The Stars」が燦然と輝いてるんですから。チャート的には大きなヒットではなかったこの曲ですが、メインのSOYROYでもノミネートされていて正直そのどちらでも充分受賞の可能性があると思ってるのでまあ本命◎はこれに決まりですね。

対抗○は、こちらも全然別の意味で2018年のヒップホップ・シーンの盛り上がりに大いに寄与したポスト・マローン21サヴェージをフィーチャーした大ヒット曲「Rockstar」に。トラップというややもすればハードコアなヒップホップ・スタイルをベースにしながら、巧みに叙情性の高いメロディや音像と組み合わせることによって、ハードコアなトラップ・ファンだけでなく広く若い、そして人種を問わないリスナー達を獲得した業界に対する功績も低くないものがあると思いますね。タトゥーだらけだけど恐ろしげでなく、どっちかっていうとお茶目なキャラも強みでした。

そして穴×は消去法的ではあるけれど、残るチャイルディッシュ・ガンビーノの「This Is America」に。これだって普通だったら充分本命・対抗候補レベルの作品なんですが、今年のヒップホップ・ラップ部門の充実ぶりは半端無い、っていういい例ですね。


20.最優秀ラップ・ソング部門(作者に与えられる賞)

◎ God's Plan - Drake (Aubrey Graham, Daveon Jackson, Brock Korsan, Ron LaTour, Matthew Samuels & Noah Shebib)
○ King's Dead - Kendrick Lamar, Jay Rock, Future & James Blake (Kendrick Duckworth, Samuel Gloade, James Litherland, Johnny McKinzie, Mark Spears, Travis Walton, Nayvadius Wilburn & Michael Williams II)
  Lucky You - Eminem Featuring Joyner Lucas (R. Fraser, G. Lucas, M. Mathers, M. Samuels & J. Sweet)
× Sicko Mode - Travis Scott, Drake, Big Hawk & Swae Lee (Khalif Brown, Rogét Chahayed, BryTavious Chambers, Mike Dean, Mirsad Dervic, Kevin Gomringer, Tim Gomringer, Aubrey Graham, John Edward Hawkins, Chauncey Hollis, Jacques Webster, Ozan Yildirim & Cydel Young)
  Win - Jay Rock (K. Duckworth, A. Hernandez, J. McKinzie, M. Samuels & C. Thompson)

Drake Gods PlanKendrick Lamar Kings DeadEminem Lucky YouTravis Scott Sicko ModeJay Rock Win

この部門、この前のラップ/歌唱パフォーマンス部門同様、ぱっと候補を見てもう、ドレイクかケンドリック・ラマーかトラヴィスしかないね、っていうとてもわかりやすい状況。そして本命◎は、というとやはり11週Hot 100で1位を獲得して2018年のビルボード誌年間Hot 100チャートでも堂々の1位を決めたドレイクの「God's Plan」になるんでしょうなあ。どこぞの音楽誌では「3コード(Em, Am7, Bm7)しか使ってない、史上最大のヒット曲」なんて茶化す向きもあったんですが、音楽メディア売上データをトラックしているニールセン社の発表によると、2018年のトータル・ストリーミング配信回数が15.6億回(!)ということで2位のジュースWRLD(そういえば彼は今回グラミーから完全無視ですなあ、可哀想)「Lucid Dreams」の11億回をぶっちぎりでしのぐ、正しくストリーミング時代の2018年を代表する大ヒットということになります。前々回第59回でも「Hotline Bling」でこの部門を制しているドレイク、今後はケンドリック・ラマーとの鍔迫り合いをグラミーで見せてくれるのでしょう。

対抗○は、パフォーマンス部門同様、ドレイクの次に来るならこれしかない、ということでケンドリック・ラマージェイムス・ブレイク他ご一同の「King's Dead」、そして穴×はトラヴィス・スコット他ご一同(含むドレイク)の「Sicko Mode」で。


21.最優秀ラップ・アルバム部門

◎ Invasion Of Privacy - Cardi B

× Swimming - Mac Miller
  Victory Lap - Nipsey Hussle
  Daytona - Pusha T
○ Astroworld - Travis Scott

Cardi B Invasion Of PrivacyMac Miller SwimmingNipsey Hussle Victory LapPusha T DaytonaTravis Scott Astroworld

さあこの部門、今年のグラミーの他のジャンル部門同様、他のラップ部門のノミニー構成と全く整合性がないラインアップになっているのがかなり不気味です。だって、他のラップ部門にバリバリ存在感を持ってノミネートされてるドレイクとケンドリック・ラマーがここでは影も形もないんですから。おかしいでしょう。
事実この二人がこの部門で、作品を出していながらノミネートすらされていない、というのは過去初めて。しかも二人の作品は共に主要部門の最優秀アルバム部門にはノミネートされてるんですから、不可解の極みですなあ。
ではこのラインアップの中で誰が来そうか、ということなんですが、まあプッシャTのアルバムはカニエ・プロデュースってこともあって音楽誌からも評判いいのですが、やはり、こちらも主要アルバム部門ノミネートのカーディB、作品としてはシーンの評価が高いトラヴィス・スコット、そして昨年惜しくも急逝したマック・ミラーのアルバムの三つ巴でしょう。

ここはこの中で唯一メイン部門ノミネートということで、こちらもいろんな意味で2018年を席巻した今回のグラミーの台風の目の一人、カーディBのアルバムが本命◎かと。彼女はラテン・アーティストとコラボした「I Like It」がこのアルバムからの大ヒットとなってROYにもノミネートされているので、ここは確実にジャンル部門を押さえてくるでしょうね。対抗○は何度もいいますが、アルバムのクオリティが高い評価のトラヴィス・スコット。そして穴×はマック・ミラー。マック・ミラーのこのアルバム、単に同情票、ということではなく、アルバムの作品自体もかなりシーンでは評価が高いようです。ポスト・マローンともある意味通じるのですが、多くのネガティヴな感情やヘイトを露わにするようなフロウをかますラッパー達へのアンチテーゼとして、極々パーソナルな感情や自分の思いをフロウにのっけるというスタイルも今一層好感度のよう。改めて冥福を祈ります。


さてこのグラミー予想も、やっと41予想部門の折り返しまできました。明日中にはもう一発くらいポストしたいと思ってます。よろしく!
スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

【年末恒例企画 #3】恒例!第61回グラミー賞大予想 #3 ~R&B部門~

松の内ももう遙か昔という感じですが、この週末は三連休ということで何とかこの予想ブログもぐっと進捗させたいと思っています。前回も告知しましたが、三連休明けの16日(水)には吉岡正晴さんの「ソウル・サーチン・ラウンジ」でのグラミー賞大予想トーク&DJイベントが待っていますので、それまでに何とか目処が付きますように。さ、予想第三弾はR&B部門です。


13.最優秀R&Bパフォーマンス部門

  Long As I Live Toni Braxton

◎ Summer The Carters
○ Y O Y Lalah Hathaway
× Best Part H.E.R. Featuring Daniel Caesar
  First Begun (Unplugged) PJ Morton


Toni Braxton Long As I LiveThe CartersLalah Hathaway YOYHER Best PartPJ Morton First Begun

昨年は「この部門はアフリカン・アメリカンが絡まない作品が受賞したことが一回もないので、ブルーノは強そうだけどSZA」という予想したところ、まんまとブルーノがかっさらっていってしまうという事態に。今年は5組とも王道のアフリカン・アメリカン・アーティストが勢揃いなのでそういうことで悩まなくてよさそうです(苦笑)。今年はいずれも結構強力な面子が揃っていて、過去90年代後半~2000年代の全盛期にこの部門3度受賞のトニ・ブラクストン、ジェイZビヨンセの夫婦デュオのザ・カーターズ,この部門でも2014年第56回にスナーキー・パピーとのコラボで受賞し、次のトラディショナルR&B部門では第58回59回と2年連続受賞して貫禄のレイラ・ハサウェイ、主要賞にもノミネートされていて今回のグラミーの台風の目の一つと目されるH.E.R.、そしてマルーン5のキーボード奏者で昨年今年とアルバム『Gumbo』と『Gumbo Unplugged (Live)』がR&Bアルバム部門ノミネートのPJモートンと豪華な顔ぶれ。
で本命◎ですが、レイラH.E.R.もかなり強そうなれど、グラミーでは頻繁にノミネートされて、主要賞では無冠ながらこのジャンル部門では過去に数々の受賞、このコンビでの「Drunk In Love」でこの部門2015年第57回に受賞しているザ・カーターズが順当かと。そして近年での受賞実績がピカイチのレイラが対抗○、H.E.R.+ダニエル・シーザーのフレッシュなデュエットに穴×を付けておきましょうか。実はこの「Best Part」って曲、この3曲の中では一番楽曲としては素晴らしいなあ、と個人的には思うんですダニエル・シーザーもいいパフォーマンスしてるし。なのでこの曲が取っちゃっても僕は何も文句いいません、うん。



14.最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス部門

○ Bet Aint Worth The Hand Leon Bridges
◎ Dont Fall Apart On Me Tonight Bettye LaVette
  Honest MAJOR.
× How Deep Is Your Love PJ Morton Featuring Yebba
 Made For Love Charlie Wilson Featuring Lalah Hathaway


Leon Bridges Bet Aint Worth The HandBettye LaVetteMajor HonestPJ Morton How Deep Is Your LoveCharlie Wilson

おっとこの部門には自分の個人的2018年ベストアルバムトップ10に入れたアーティストが2組も。そのリオン・ブリッジズGood Thing』もベティ・ラヴェットThings Have Changed』もかなり素晴らしいアルバムなんですが、72歳の円熟した表現力とパワフルな歌唱力と迫力でディランのナンバーをぶちかますベティ・ラヴェットの存在はやはりかなり圧倒的なものがあります。従ってここはこの遅咲きの大ベテランに敬意を表して彼女がディランの1983年のアルバム『Infidels』収録のナンバーのカバー曲に本命◎を付けたいですね。ベティのこのアルバム、最優秀アメリカーナ・アルバム部門でもノミネートされていて、どちらかでは必ず受賞する気がします
従って対抗○は、今回ややコンテンポラリーな要素も加味してぐっと広がりのあるアルバムになったリオン・ブリッジズの2作目からの「Bet Aint Worth The Hand」に。
残る穴×は、テキサス出身のソウルシンガー、MAJOR.ことメイジャー・R・ジョンソン・フィンリーも、チャーリー父さんレイラのデュエットも大いに気になるところではありますが、ここはR&Bアルバム部門に2年連続ノミネートのPJモートンの素敵なビージーズ・ナンバーのカバー曲に進呈します。



15.最優秀R&Bソング部門(作者に与えられる賞)

◎ Bood Up Ella Mai (Larrance Dopson, Joelle James, Ella Mai & Dijon McFarlane)

  Come Through And Chill Miguel Featuring J. Cole & Salaam Remi (Jermaine Cole, Miguel Pimentel & Salaam Remi)
× Feels Like Summer Childish Gambino (Donald Glover & Ludwig Goransson)
○ Focus H.E.R. (Darhyl Camper Jr., H.E.R. & Justin Love)
  Long As I Live Toni Braxton (Paul Boutin, Toni Braxton & Antonio Dixon)

Ella Mai Bood Up Miguel.jpeg Childish Gambino Feels Like Summer HER Focus Toni Braxton Long As I Live 

いやー、ここはアガる部門!というのも何と言ってもSOY部門にもノミネートで、自分的にもイチオシのエラ・メイちゃんの「Boo'd Up」がいるから。やっぱり何と言ってもこの曲、ソウルR&B好きに取っては2018年を代表する曲だからね。いろんなところで言われているけど、90年代のR&Bルネッサンス時代の楽曲スタイルの意匠をベースに正に正統派のスタイルで攻めてくるこの曲、R&Bソング・チャートでも去年トータル13週間1位を確保、あのブルーノ・マーズカーディBのキラー・チューン「Finesse」の12週を上回る名実ともに昨年のR&Bシーンを代表する曲。なのでここは文句なしの本命◎でしょう。
難しいのは対抗○なんだけど、ここはやはりこちらも主要部門の最優秀アルバム部門にノミネートのH.E.R.のこちらも70年代以来脈々とつながっているR&Bシンガーソングライター達の系譜をしっかり受け継いでいる素晴らしい楽曲「Focus」で決まりですね。本来であればミゲルJ.コールサラーム・レミと組んだ「Come Through And Chill」なんてかなり凄いR&Bイベントなんだけど、それをサラリと上回ってしまうH.E.R.の楽曲とパフォーマンスも素晴らしいです。

穴×は本来であれば昨年同様こいつもグラミーの台風の目になってしかるべきなチャイルディッシュ・ガンビーノの「Feels Like Summer」で。




16.最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム部門

◎ Everything Is Love - The Carters
  The Kids Are Alright - Chloe X Halle
  Chris Dave And The Drumhedz - Chris Dave And The Drumhedz
× War & Leisure - Miguel
○ Ventriloquism - Meshell Ndegeocello


The CartersChloe Halle The Kids Are AlrightChris Dave and The DrumhedzMiguel.jpegMeshell Ndegeocello Ventriloquism

さあ昨年この部門は、カリードやらチャイルディッシュ・ガンビーノやらSZAやら、時のアーティスト達が満載の中、何だか昔に比べると気が抜けたような作品をここのところ出してるウィークンドが何故か取ってしまって「あれえ?」って感じだったんですが、今年はどうか。実は個人的に一番取って欲しいのは、カマシサンダーキャット同様、LAのジャズシーンの最先端で活躍してるクリス・デイヴの初リーダー作。でもちょっとこのメンツの中では地味だと思うので印は付けてません。
一方予想的に本命◎を付けたのは、やはりグラミー・ダーリンのビヨンセ+ジェイZ夫妻のユニット、ザ・カーターズですかねえ。このアルバムは各音楽誌でもそこそこ評判は悪くないようですが、正直このアルバム、メインのアルバム部門でもノミネートされるのではと個人的には思っていたので、ここではさすがに取るでしょう、ということで本命。
対抗○は、それに劣らず各音楽誌での評価が圧倒的に高い、ミシェル・ンデゲオチェロの意欲的なカバーアルバムに。いやいやプリンスやらジョージ・クリントンやらTLCやらシャーデーやらリサリサやら、そのカバー曲の選曲センスにノックアウトされただけでなく、そのパフォーマンスも素晴らしいこのアルバムザ・カーターズを押さえてこの部門取っても全くおかしくない、そんな力作ですねえ。
そして穴×は、世が世ならこの部門で楽々受賞してもおかしくない、ミゲル君の素敵なアルバムに。


17.最優秀R&Bアルバム部門

  Sex & Cigarettes - Toni Braxton
○ Good Thing - Leon Bridges
× Honestly - Lalah Hathaway
◎ H.E.R. - H.E.R.
  Gumbo Unplugged (Live) - PJ Morton


Toni Braxton Sex CigarettesLeon Bridges Good ThingLalah Hathaway HonestlyHER.jpgPJ Morton Gumbo Unplugged

2018年はここ近年では一番ブラック・ミュージックを聴いた量が多かったなあ、というのが個人的な実感で。自分の年間ナンバーワンアルバムは白人のトム・ミッシュだけどあれも完璧ブルーアイドだしね。で、この部門のノミニーを見ると、トニブラ以外のアルバムは全部買ってて、どれも好きなアルバムばっかり(^^)
昨年は他のR&B部門も含めてブルーノ・マーズに席巻されてしまったのだけど、今年はブラック本来のアーティストの復権みたいな感じでちょっと嬉しい。その中でやはり本命◎は今年のグラミーの台風の目の一つになるだろうH.E.R.のアルバムかな。このアルバムはもともとそれまでにEPでリリースされていた2枚のアルバムを正規版のアルバムとしてまとめた、ということなんで楽曲の粒揃い度が半端ないです
そしてそれにも増して劣らないのがリオン・ブリッジズのアルバム。これが対抗○です。自分のブログ「新旧お宝アルバム!」でも取り上げたこのアルバム、とにかくサム・クックオーティスのイメージに軒を借りていたファーストに比べると、地に足がついたアルバム作りで、楽曲の幅もクラシックなものから今時のR&Bのスタイルを意識したものまで幅広いし、リオンのパフォーマンスもとってもソリッド。もともと歌が巧い人なのでアルバムのコンセプトと楽曲が良ければ文句なし。穴×はR&B分野全般での実績ではいうことのないレイラ姐さんの今回はちょっと今風のR&Bにも色目を使った「Honestly」に進呈しておきましょう。



さてさて、この三連休中にこの予想ブログ、ぐいぐいと進めて行きたいと思ってますので乞うご期待。では!

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

【年始恒例企画 #3】恒例!第61回グラミー賞大予想 #2 〜ダンス&ロック部門〜

皆様明けましておめでとうございます。もう三が日が過ぎてお屠蘇気分もどこへやら、今日から仕事という方も多いでしょうねえ。さあ、今週のうちにとっととグラミー予想少しでも進めたいと思います。ということで次はダンス部門とロック部門です。


6.最優秀ダンス・レコーディング部門

  Northern Soul - Above & Beyond Featuring Richard Bedford
× Ultimatum - Disclosure Featuring Fatoumata Diawara
○ Losing It - Fisher
◎ Electricity - Silk City & Dua Lipa Featuring Diplo & Mark Ronson
  Ghost Voices - Virtual Self

Above Beyond Northern SoulDisclosure UltimatumFisher Losing ItSilk City Dua Lipa ElectricityGhost Voices Virtual Self

今年のこの部門、去年見事に受賞したLCDサウンドシステムとか、この部門ここ10年ほど常連のスクリレックスケミカルズといった大御所アーティストたちは陰を潜め、若手のDJユニットやリミキサーたちの作品がノミネート。そして次の最優秀ダンス・アルバム部門のノミネートと一つも被ってない、と今年はこのジャンルの若手アーティスト・オンパレードの感のあるノミネーションになっています。

その中でこの部門一際光るのは、この中では実は一番大御所のシルク・シティ。実はこれ、「Uptown Funk」やエイミー・ワインハウスのプロデュースで今やつとに有名なマーク・ロンソンと、これまでもメイジャー・レイザージャックÜスクリレックスとのコラボ)といったワンタイム・ユニット名で数々のダンスヒットを放ってきたDJデュプロのデュオ・チームの名前です。そこに今年最優秀新人部門ノミネートのデュア・リパがフィーチャーされたこの「Electricity」、2003年のアメリカ東北部の大停電(この時自分はNYに住んでたんですが旅行中で帰ったら冷蔵庫の中が酷いことになっててビックリしました)をモチーフにして、デュア・リパ嬢が踊りまくるPVがなかなかいい感じのパワー・ダンス・トラック。全英では最高位4位、全米でもダンス・クラブ・チャートで1位をマークした、まあガチガチ本命◎臭いナンバーです(笑)。

これに対抗○なのは、オーストラリア出身のハウス系のプロデューサーのフィッシャーことポール・ニコラス・フィッシャーの「Losing It」。フィッシャーのアルバムは2018年の各音楽誌でもなかなか評価が高く、各誌の年間ベストアルバムリストにもちらほら顔を出します。「Losing It」は90年代後半のビッグ・サウンドなハウス・トラックを彷彿とさせるなかなかなクラブ・チューンです。そして穴×にはこの部門では過去に2015年第57回でノミネート経験のあるハワードガイローレンス兄弟ユニット、ディスクロージャーがアフリカはマリ出身の女性歌手、ファトウマタ・ディアワーラをフィーチャーした「Ultimatum」に。



7.最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバム部門

◎ Singularity - Jon Hopkins
  Woman Worldwide - Justice
× Treehouse - Sofi Tukker
  Oil Of Every Pearl's Un-Insides - SOPHIE
○ Lune Rouge - TOKiMONSTA

Jon Hopkins SingularityJustice Woman WorldwideSofi Tukker TreehouseSophie Oil Of Every PearlTokimonsta Lune Rouge

この部門もフレッシュな顔ぶれがずらりと並びました。この中で自分が注目したいのは、イギリス出身の中堅エレクトロ・ミュージック・メイカーのジョン・ホプキンスの『Singularity』。過去にはブライアン・イーノコールドプレイのアルバムに参加したこともあるという、90年代後半に流行ったドラムン・ベースっぽいリズムに浮遊感たっぷりの音像系トラックでビートを作り出す、と思えば広大な自然を映像に想起させるようなアンビエント系のトラックを聴かせる、といった感じのスタイルのようです。このアルバムも各音楽誌で評価が高く、ピッチフォーク誌の年間リストでは16位に入っていて、NME(ニューミュージカルエクスプレス)誌のレビューでは100点を取ったというバズりぶり。なんで、これを本命◎に。

対抗○には、LA在住のコリアン・アメリカンの女性DJ、トキモンスタことジェニファー・リーの『Lune Rouge』へ。K-Popの世界がサウンド的にはUSの最新の音像系浮遊感たっぷり系のサウンドとヒップホップ・テイストをかなり取り入れて昨年はUSチャートにもかなり進出したのはご存知の通りですが、アンダーソン・パークらとのコラボもやっている彼女のサウンドもその当たりのスタイルを意識しながら、微妙に彼女の出自を思わせるようなエキゾチックなテイストを感じさせるサウンドを聴かせます(「ビビンパ」って曲はエレクトロニックなR&Bテイストの民族音楽ベースの楽曲って感じでなかなかクールです)。で、穴×は、一昨年の2017年第59回のダンス/レコーディング部門でもノミネートされたNYベースのデュオ、ソフィ・タッカーに。



8.最優秀ロック・パフォーマンス部門

○ Four Out Of Five - Arctic Monkeys
× When Bad Does Good - Chris Cornell
  Made An America - The Fever 333
◎ Highway Tune - Greta Van Fleet
  Uncomfortable - Halestorm


Arctic Monkeys Four Out Of FIveChris Cornell When Bad Does GoddFever 333 Made An AmericaGreta Van Fleet Highway TuneHalestorm Uncomfortable

さてさて歴史的に毎年必ず1曲は2曲「うーんこれ、ロック部門?」っていうノミネートがあるこの部門ですが、ことしはがっちりとしたロック本道のノミニーが揃いました。その中でもやっぱり光ってるのは、去年そのツェッペリンを彷彿とさせるパフォーマンス・スタイルで、当のジミー・ペイジロバート・プラントが絶賛したという、ミシガン州出身のキズカ3兄弟+従兄弟のダニー・ワグナーの4人組、グレタ・ファン・フリート。去年サマソニにブッキングされながら来日ドタキャン、今月その仕切り直しで初来日を果たすこのグループ、取りあえずYouTubeとかで聴いて下さい、クラシック・ロックのファンなら絶対ぶっ飛ぶから。今回グラミー賞最優秀新人賞部門にも見事ノミネートされた彼ら、ここでノミネートされた彼らのデビューシングルでもある「Highway Tune」でのボーカルのジョッシュ君(ギターのジェイク君と双子w)のパフォーマンスは殆どロバプラが憑いているといってもいいくらい。間違いなく僕的には本命◎です。ひさびさの王道ロック、場外満塁ホームラン!という感じです。もちろん僕は来日公演、見に行きますよ。

そしてこの部門では過去2回ノミネート経験のあるUKのアークティック・モンキーズ。90年代後半から2000年代にかけてのストレートなロック・スタイルに比べて、昨年リリースの新作『Tranquility Base Hotel + Casino』は何だかラウンジ・ミュージックになっちゃったような「大人の」サウンドになって、従来のストレートなロックスタイルのファンを戸惑わせたものですが、今回このアルバムの各音楽誌の評価は「Q」誌年間1位、「Mojo」「NME」誌年間2位と極めて高いのです(ちなみにロッキングオン誌では年間7位w、ミュージック・マガジン誌ではイギリス部門堂々年間1位でした)。この独特のクールなスタイルを聴かせる「Four Out Of Five」もどこかボウイを思わせるロックのダンディズムを表現してますね~ということで対抗○。穴×は一昨年秋に自殺?で他界したクリス・コーネルが去年に続いて今年もノミネートされてるのでこちらに進呈。ところでどうでもいいけど、久しぶりに出てきたラップコア・バンド、フィーヴァー333まるであのリンプ・ビズキットを彷彿させてPV見てて凄く懐かしくなりました。ご興味ある方、YouTubeでどうぞ(^^)


9.最優秀メタル・パフォーマンス部門

  Condemned To The Gallows - Between The Buried And Me

× Honeycomb - Deafheaven
◎ Electric Messiah - High On Fire
  Betrayer - Trivium
○ On My Teeth - Underoath


Between The Buried and MeDeafheaven.jpgHigh On FireTriuvium.jpgUnderoath On My Teeth

さあ今年もやって参りましたさっぱりわからん部門(笑)。そしてまた今年のノミニーは全て初ノミネートというから余計わからん。順番にいくと、「埋葬者と僕の間」っていういかにもおどろおどろしいグループ名のBTBAMはノース・キャロライナ出身の5人組、デフヘヴンはサンフランシスコをベースにした5人組、ハイ・オン・ファイヤはオークランド出身のスリーピース・バンド、トリヴィアムはフロリダはオーランド出身の4人組、そしてアンダーオースはフロリダはタンパ出身の6人組、と今回はオールアメリカンでノミニーが占められてます

はっきり言って気分での予想ですが、本命◎はハイ・オン・ファイヤ、対抗○はアンダーオース、そして穴×はデフヘヴンにしました。全く根拠はないです(笑)。強いて言えば、ハイ・オン・ファイヤのこの曲、ブラック・サバス以来の伝統的なスタイルを忠実になぞってる感じだった(ジャケは思いっきり趣味悪いですがw)のと、アンダーオースはちょっとエレクトロ入ってるあたりが「あ、ちょっと工夫してるやん」った感じだったくらい。デフヘヴンは...聴いてるだけで疲れました(笑)



10.最優秀ロック・ソング部門(作者に与えられる賞)

◎ Black Smoke Rising - Greta Van Fleet (Jacob Thomas Kiszka, Joshua Michael Kiszka, Samule Francis Kiszka & Daniel Robert Wagner)
○ Jumpsuit - twenty one pilot (Tyler Joseph)
  Mantra - Bring Me The Horizon (Jordan Fish, Matthew Kean, Lee Malia, Matthew Nicholls & Olivia Sykes)
× Masseduction - St. Vincent (Jack Antonoff & Annie Clark)
  Rats - Ghost (Tom Delgety & A Ghoul Writer)


Greta Van Fleet Black Smoke RisingTwenty One Pilots JumpsuitBring Me The Horizon MantraSt Vincent MasseducitonGhost Rats

うーん今回のロック部門のノミネーションはようわからんなあ。この最大の部門のノミニー5組中、他のロック部門にノミネートされてるのがグレタ・ヴァン・フリートだけで、他の4組はここで忽然と登場しているという不可解さ。これだったら本命◎は、主要4賞にもノミネートされてるグレタ・ヴァン・フリートしかないやん!というのが人情というもの。

それでも敢えて対抗○を選ぶと、一昨年大ブレイクしてこの部門にも第59回に「Heathens」がノミネートされてたトウェンティ・ワン・パイロッツかなあ。そして穴×は個人的にも一昨年の年間アルバムトップ20のリストに入れてた、セント・ヴィンセントことアニー・クラーク嬢の「Masseduction」に。このアルバム、あまりスポットが当てられてないけど、かなりの出来だと思うんだけど。



11.最優秀ロック・アルバム部門

○ Rainier Fog - Alice In Chains
  M A N I A - Fall Out Boy
  Prequelle - Ghost
◎ From The Fires - Greta Van Fleet
× Pacific Daydream - Weezer


Alice In Chains Rainier FogFall Out Boy ManiaGhost PrequelleGreta Van Fleet From The FiresWeezer Pacific Daydream

それにしても、ロック・ソング部門にもノミネートされてたこのゴーストってバンド、何でこんなに評価高いのかな?スウェーデンのメタルバンドで、メンバーの殆どが同じコスチュームでプロセティック・マスクで顔を隠して身分を明らかにしてないっていうバンドらしいんだけど。ま、どうでもいいや。

さて、自分の今回のロック部門の予想は「グレタ・ヴァン・フリート、ノミネート部門総取り」というもの。だって、他のノミニーと比べても「来てる感」のレベルが全く違うんですもんね。なのでここでも、「Highway Tune」を含む彼らの2枚目のEP『From The Fire』が本命◎です。

対抗は今や90年代のグランジ・ブームから活躍してるメジャーなバンドの中で唯一活動を続けるアリス・イン・チェインズの新作『Rainier Fog』に。やっぱり一昨年のクリス・コーネルの死はシアトル・エリアのロック・アーティストの間にはいろんな影響があったんだろうなあ、と思わせる彼らの新作でしたね。

で、穴×はマイペースで日本人の嫁さんと一緒に日本在住で音楽活動に勤しむリヴァース・クオモ率いるウィーザーのアルバム。日本語のアルバムとかも出してて真面目なんだか不真面目なんだか判らんリヴァースですが、このアルバム、僕も買いましたが結構良かったですよ(^^)



12.最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム部門

× Tranquility Bass Hotel + Casino - Arctic Monkeys
◎ Colors - Beck
  Utopia - Björk
  American Utopia - David Byrne
○ Masseduction - St. Vincent


Arctic Monkeys Tranquility Base hotel Beck ColorsBjork UtopiaDavid Byrne American UtopiaSt Vincent Masseduction

今年も去年に続いてこのオルタナ部門のノミネート作品はいずれも劣らぬ好盤が並んでて予想は結構難しい。でも、ここは今回主要部門でパスされているけども、4年前の第57回では最優秀アルバム賞部門で、ビヨンセ、エド・シーラン、サム・スミスという強豪を押さえて見事『Morning Phase』で受賞したことでグラミー・ダーリンだということが判ったベックに本命◎を。対抗○は、その同じ第57回でこの部門を受賞していて、今回のアルバムも先ほどコメントしたとおり、なかなか素晴らしい出来だと思うセント・ヴィンセントの『Masseduction』。そして穴×は今回の作品で新境地を確立したアークティック・モンキーズに。



さて第2弾予想ブログ、いかがでしたか。来週からはいよいよ新年始動ということで残りの予想も引き続きアップしますのでお楽しみに。

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

copyright © 2019 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.