FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
■2009.11.21付Hot100
おいおい、ほぼ一週間遅れじゃない、なんていう声が聞こえてきそうですが、一応カバーしとかないとと思って(といっても既に11/28付のチャートがアップされてますが)。

11/21付Hot100のトップは先週ジェイソン・デルーロ君に蹴落とされたアウル・シティの「Fireflies」が返り咲き1位。この曲に結構肩入れしている自分としては、このしぶとさは結構うれしいね。しかしここ6週間というもの、返り咲き2回を含めてめまぐるしく首位交代してて、これぞヒットチャート!という感じで僕なんかは嬉しく思ってます。さてそれよりもこの週の目玉は、

◎ その前の週華々しくトップ40内に5曲初登場したテイラー・スイフトの曲が激しく急降下していること。
◎ そして予想通り大ジャンプアップでトップ10に飛び込んで来たリアーナの新曲。

の2つでしょう。テイラー・スイフトの方と言えば、「Jump Then Fall」というタイトルそのままに、先週いきなり10位に初登場していたのが今週は41位、トップ40圏外ですぞ。他の曲はというと、

  • Untouchable - 19位初登場→69位
  • The Other Side Of The Door - 23位初登場→94位
  • Superstar - 26位初登場→Hot 100圏外
  • Come In With The Rain - 30位初登場→Hot 100圏外
  • Forever & Always - 34位再登場→100位

という凄い勢いの急降下ぶりで2曲も同時にトップ40から圏外に消えたのは彼女がHot100史上初めてではないかと思う。この辺の「急降下記録」一度ちゃんと調べてみましょう。bojdoogさんのリクエストもあったし。

Rihanna_RussianRoulette.jpgで、もう一方の話題は新作『Rated R』のヒットが予想されるリアーナの新曲、「Russian Roulette」が今週75位→9位の大ジャンプアップで見事トップ10入り。今回もニーヨが作者に名を連ねているのでまたアゲアゲのダンスナンバーか、と思いきや、何と抑えた感じのミディアムナンバー。新譜のファーストカットがこういうナンバーというのは結構これはこれで随分思い切った曲選択だなあと思いましたね。これから寒い季節にかけて聴くほどにじわじわ浸みてくるヒット、ということになるでしょうか?それにしてもジャンプアップ記録、またそろそろランキングをアップデートしなければいけないかなあ....

この週の他のトップ40内初登場は、ここのところガンガンに曲をチャートに送りJustinBieber_FavoriteGirl.jpg込んできているカナダはオンタリオ出身の15歳の少年シンガー、ジャスティン・ビーバー君の「One Time」(最高位20位)「One Less Lonely Girl」(最高位16位)「Love Me」(最高位37位)に続くつごう4曲目のトップ40ヒット、「Favorite Girl」がHot100初登場でいきなり26位に飛び込んで来てます。トップ40内にいきなり初登場、というのもこれで3曲連続なんだけど、この子どういうコンテクストでこんだけ人気を集めてるのかね?これまでの曲、どれも作者・プロデュースもまるでバラバラな割には曲調は一貫してエレクトロ・ディズニー風(何じゃそりゃ)のミディアムアップ系、つまり僕のようなオジサンにはまるで魅力を感じられないパターンの楽曲なんだけどね。何でも地元コンテストとかで優勝した映像をYouTubeにあげていたのを、ソー・ソー・デフ(あのジャーメイン・デュプリの主宰するR&Bレーベル)のマーケティングの偉いさんが見て気に入り、アッシャーにオーディションさせたらアッシャーも気に入ったんで、メジャーデビューしたという、結構お手軽な経緯でいきなり出てきたみたい。わずかここ3ヶ月で4曲もトップ40飛ばすあたり、スター性はあるんだろうけど、来年の今頃はどうしてるのかね。

JaySean_DoYouRemember.jpgそのジャスティン君にぴったり付けて27位にHot100初登場してきたのが、あの「Down」でBEPを首位から蹴落とした(パチパチパチジェイ・ショーンくんの新曲「Do You Remember」。今回は懐かしやショーン・ポールリル・ジョンをフィーチャーした、軽快ながらメインストリーム性を強く打ち出したなかLukeBryan_DoI.jpgなかラジオ相性のいい曲に仕上がってます。途中に入るショーン・ポールのラガマフィンっぽい(ぽい、というのがポイント)トースト(ラップ)がなかなかハマっていて心地よいね。なおリル・ジョンは「Hey!....Hey!」と相の手を入れてるだけです(爆)。いいなあリル・ジョン

この週はトップ40内初登場がかなり多くて、これ以外にもジェシー・マッカートニー+Tペインという!な取り合わせのコンビによる「Body Language」が圏外45位→35位に初Birdman_MoneyToBlow.jpg登場、テイラー・スイフトのあれ、これまだトップ40に入ってなかったっけ?と思ってしまうオリジナル『Fearless』からの6曲目のトップ40になる「Fifteen」が圏外46位→38位に初登場、ジョージア州出身今年31歳のカントリー・シンガーソングライターのルーク・ブライアン君初のトップ40ヒット「Do I」、そして久しぶりの登場、2008年1月の「Pop Bottles」(最高位38位)以来のトップ40となるバードマン・フィーチャリング・リル・ウェイン+ドレイクという豪華なメンツによる「Money To Blow」が圏外51位→40位に登場、ということでつごう7曲がトップ40に登場した週でした。さあてもう既に発表されてる今年のチャートイヤー最後の週のHot100、週末にかけてまたブログに書きますのでお楽しみに。
スポンサーサイト
コメント
コメント
No title
すみません、二重投稿してしまいました。
最初の投稿を消して頂ければ幸いです。
お手数かけて申し訳ございません。
2009/11/20 (金) 20:13:49 | URL | 脱走一号 #79D/WHSg[ 編集 ]
No title
はじめまして。
いつも楽しく拝見しております。
さて、

>2曲も同時にトップ40から圏外に消えたのは彼女がHot100史上初めてではないかと思う。

私もこういうネタに興味があるので、調べてみたところ、以下の4例確認できました。

1964/04/25
BEATLES
24→圏外 I WANT TO HOLD YOUR HAND
29→圏外 PLEASE PLEASE ME

1964/09/12
BEATLES
36→圏外 I'LL CRY INSTEAD
37→圏外 AIN'T SHE SWEET

1965/06/12
FREDDIE AND THE DREAMERS
26→圏外 DO THE FREDDIE
38→圏外 YOU WERE MADE FOR ME

1966/10/15
BEATLES
32→圏外 YELLOW SUBMARINE
37→圏外 ELEANOR RIGBY

BEATLESが3回記録していました。

これからも楽しみにしております。
2009/11/20 (金) 20:11:51 | URL | 脱走一号 #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.