FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
■皆さん、6ヶ月のご無沙汰です
皆さん、お久しぶりです。とうとうハロウィーンも終わって、暦が11月に入りました。最近このブログに変なコメント書き込む人がいるので、ちょっといよいよちゃんとアップしないとダメだなということで、重い腰を上げることにしました。でもそれだけでなく、弟の件が気持ち的にちょっと整理が付いたのと、最近大高英慈くん(元ラジオ関東「全米トップ40」アシスタントDJ、今はFM東京の仕事をしていて某業界会社の専務)、高橋衛さん(早稲田全米トップ40研究会3代目会長、現三菱総研)そして楽天マーケットプレースで活躍中のあめりかん☆ぱいの佐藤直人さんという濃い~メンツと久しぶりにお会いする機会があって洋楽談義に花を咲かせた際、やはり洋楽文化の普及の端くれを担うべく活動を再開しなくては!と思ったというのも大きな要因です。少しでも多くの人たち、特に若い人たちにまだまだ知らない、古いものも新しいものも含めて、素晴らしいアーティスト、楽曲があるんだよ!というのをこのブログを通じて少しでも伝えられたらうれしいなあ。

ところで2009年、自分にとって公私ともにいろんな(あまり良くないことも含めて)あった年ですが、このブログをちゃんとやってなかったこの6ヶ月間にいろんなことがあったなあ、と改めて感慨。例えば次のようなことがあるぞ!と6ヶ月前に言われたら「まーた、そんな」と思ってたに違いないのです。そんなまさか!な出来事5つをブログ再開第一回としてまとめてみました。

1. ブリトニー、何とHot100初登場1位で完全復活(2009/10/24)

....いやあこれは驚きました。そりゃあ去年の「Womanizer」の96位→1位という当時の記録ジャンプアップで一応復活したブリトニーでしたが、まさかいきなりシングル「3」が初登場1位とは。初登場1位は2006年7月、その時のアメ・アドチャンピオンだったテイラー・ヒックス(こいつ、今どこにいっちゃったんだろう?)の「Do I Make You Proud」以来なので実に3年ぶりの快挙、そしてアメ・アドなどタイアップ絡みでない純粋の初登場1位だと、1998年チャート編成以前の1998年11月、あのローリン・ヒルの「Doo Wop (That Thing)」以来何と11年ぶりの快挙ということになります(R.ケリーセリーン・ディオンの「I'm Your Angel」はチャート編成に伴う初登場1位なのでここでは対象外とした)。現在ツアー中のブリトニーマドンナ共々やはり女は強し!を実感させた事件でした。

2. ブラック・アイド・ピーズ、2曲連続かつ26週連続No.1で1位連続独占新記録樹立(2009/4/18-10/10)


僕の以前からの発言でよくご存知の方も多いと思いますが、正直この6ヶ月間ブログに気合いが入らなかったもう一つの原因はこれですねえ。26週ということは1年のちょうど半分、BEPが1位を独占、それまでの記録だったアッシャーの連続19週の記録(2004/2/28-5/15の12週「Yeah!」と5/22-7/3の7週「Burn」で連続独占)を遙かに抜き去る記録を樹立。でもねえ、このこと自体をどうこういうのじゃなくて、その記録を樹立した曲「Boom Boom Pow」と「I Gotta Feeling」のどうしようもなくレベルの低い楽曲水準に僕は危機感を感じるのです。この2曲、まるで楽曲展開というもののない、Aメロオンリーの構成で、やっぱりこういう曲が半年も1位を独占するというのは許せないのです(1、2週だったら許すけど)。過去の#1ヒットが全て名曲だというつもりは更々ないですが、10週以上1位を独占するというのはその年を代表する楽曲ということなのに、こんな楽曲レベルの低い曲に「2009年を代表する曲」なんて言ってほしくないのです、僕は。ああやっぱり2009年はろくな年じゃなかった、せっかくオバマが大統領になって自民党与党体制が崩壊した記念すべき年なのに、なんていう年末の感想をブログに書きたくないのです、僕は。ウィル・アイ・アムも昔は才能のあるヤツだと思ったんだけどな。全米トップ40で湯川れい子先生がボロクソにけなしまくったMの「Pop Muzik」(1979/11/3 1週1位)だってちゃんとAメロ、Bメロ、サビまであって、しかもちゃんと1週で次に1位を譲っていたぞ!救いは年間最多週1位独占記録(不連続含む)はアッシャーの28週が依然維持していること。

3. ジェイソン・ムラーツの「I'm Yours」、Hot100最多週登場記録更新!(2009/10/10)

これも知らないうちに大記録を達成して、えっそうだったの、あっそういえばそうだね、なんて仲間内でびっくりしていたのがうれしい驚きだった。こんな地味ーな曲がリアン・ライムスの「How Do I Live」(1997/6/21から69週チャートイン、最高位2位)以来の長期チャートイン記録をそれも76週というぶっちぎりで達成するとは。この曲チャートインしたのが2008/9/20なので実に1年以上チャートイン、トップ40内だけでも1年以上(59週)チャートインするというお化けロングランヒットになりました。さて今年の年間チャートで何位に入っているかの予想が大いに楽しみ(ちなみに今は当てずっぽで4位!とか思ってますが)ですが、どうなりますか。そうそう、あとこの曲に続く大ヒットを是非飛ばして欲しいというのも願いでして。この前のリアン・ライムスも、その前の記録保持者のジュエル(1996-97年に「Foolish Games / You Were Meant For Me」で65週チャートイン)もその後が続いていないからなあ...

4. マイケル・ジャクソン突然の他界...R.I.P.(2009/6/25)

思えば清志郎の逝去を悼んだブログをアップしたのが5月でその直後にマイケルが突然逝ってしまったわけで。まったくもって5月の時点で、もし未来からドラエモンがやってきて「来月マイケルが亡くなるんだよ」なんて言われたとしても「嘘ばっかり!冗談きついよ」という反応以外はあり得ない、それくらいの唐突感と喪失感につきるマイケルの逝去は何をおいても今年の最大の、そして予想外の出来事だった。特にやるせなさを感じさせてしまうのは、直接の死因が病気でも事故でもなく、処方薬の過度投与、つまり避けようと思えば簡単に避けられた、いわば人災だった、ということだ。

この間のMTVビデオミュージック・アウォード(そう、カニエ・ウェストテイラー・スウィフトの最優秀女性ビデオ受賞の最中に乱入して大顰蹙を買ったあのアウォードだ)を皆さんは見ただろうか。オープニングで6分半にも及ぶ、おそらくロック史上最も雄弁で、思索にあふれ、愛情と尊敬にあふれたマイケルへのユーロジー(弔辞)の中で、マドンナは抑えめながらも自らのエモーションとマイケルのエモーションとの共通点と相違点を見事に物語り、マイケルが求められて得られなかったものを持つ我々みんなが彼が全うできなかったものを目指し、彼の表現・パフォーマンス・創作のきらめきを十二分に感じて、後々の人々にまで残し伝えていかなくてはならない、そんなことを聴く我々に感じさせてくれた。とても感動的なスピーチだった。特にその結びの言葉が。Yes, Michael Jackson was a human being, but dammit, he was the King! Long Live the King!(そう、マイケル・ジャクソンはただの人間として一生を終えなくてはいけなかったけど、バカヤロウ!マイケルはキングだったんだ!王よ永遠に!)」

5. 弟の他界...R.I.P.(2009/8/10)


そうそしてこれこそが最もまさか!な出来事でした。あまりにも私的すぎるので多くはここには書きませんが、ちょうどマイケルが亡くなった頃彼はまだ普通に会話ができる状態だったのですが、あいつにはマイケルが亡くなったことは今は伝えるのはよそう、と思ったことを覚えています。とても感じやすいあいつのこと、まさか亡くなるとは思えないマイケルが逝ってしまったことを知ることによって、ネガティブな心理状態に入ってしまうような気がしたから。今でもあいつともう一人の弟と3人、一度だけ一緒に赤坂のカラオケ館に行き、あいつとガンズの「Sweet Child Of Mine」を歌ったのを時々思い出します。

幸い今週は3日が祝日なので、また時間もありそうだし、今週のチャートの紹介、久しぶりにいってみようと思います。何といっても注目は久しぶりに新鮮な1位となったアウル・シティことアダム・ヤングの「Fireflies」。さてではこれからマイケルの「This Is It」、観に行ってきます!
スポンサーサイト
コメント
コメント
No title
久しぶりに覗いたら、復活していて嬉しいです。

年間チャート予想楽しいですね。
締め切りぎりぎりまで悩むと想います(笑)
2009/12/02 (水) 23:28:29 | URL | chanpara #79D/WHSg[ 編集 ]
No title
おおnakamakanさん久しぶりですね。Toby Keithは嫌いというよりも価値観が違うところがある、というだけです。まあアーティストとして純粋に見てもあまり大した人だとは思ってませんので、まあ世間一般的に言えばきらい、ということになってしまうのでしょうか。それはそうと次に上京される際は是非声かけて下さいね!
2009/11/02 (月) 00:50:22 | URL | Boonzzy #79D/WHSg[ 編集 ]
No title
お元気そうで何よりです。実は丁度この土日、某会のOB会で上京しており、ご連絡しようかとも思ったのですが未だ復活してないかな~とも思ってご遠慮申し上げたところでした。またすれ違いですね・・ところでBPEですが、9月にアメリカはピッツバーグで見る機会があったのですが、件の曲の盛り上がりは物凄くて、「お~、やっぱりこれが今1位なんだな~」と単純に納得してしまいました。そうそうBoonzzyさんの嫌いなToby keithも見てきましたよ。詳しくは次回お会いした時にでも・・
2009/11/01 (日) 23:16:46 | URL | nakamakan #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.