FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
■授賞式直前!恒例グラミー予想 #3~主要4賞~
皆さんおはようございます。一夜明けて今日も東京は見事な快晴。立春も過ぎたしこれからはどんどん日が長くなって行くので暖かさも増して欲しいもんですね。昨日花屋に立ち寄ったらもう寒桜が出てて「おお春近し」なーんて柄にもなく風流な気持ちになったもんです。ちなみに昨日は嫁さんの誕生日でした。Happy Birthday!

さていよいよ授賞式を明朝に迎えたグラミー賞、いよいよメイン4賞の予想に移る前に恒例により、R&B部門のクイック予想をば。去年はこの部門、女性ボーカルとR&Bソング部門のアリシア以外は大外し(まさかチャカ・カーンが最優秀アルバム取るとは!)だった難しいカテゴリーです。でも懲りずに独断と偏見で予想すると、

★ 最優秀女性R&Bボーカル

  ◎キーシャ・コール「Heaven Sent」
  ○ジェニファー・ハドソン「Spotlight」
  ×アリシア・キーズ「Superwoman」
★ 最優秀男性R&Bボーカル
  ◎ニーヨ「Miss Independent」
  ○クリス・ブラウン「Take You down」
  ×エリック・ベネイ「You're The Only One」
★ 最優秀R&Bデュオ・グループ(ボーカル付)
  ◎アル・グリーン+ジョン・レジェンド「Stay With Me (By The Sea)」
  ○ラファエル・サーディク+スティーヴィー・ワンダー+CJヒルトン「Never Give You Up」
  ×ジェニファー・ハドソン+ファンテイジア「I'm His Only Woman」
★ 最優秀R&Bソング(作者への賞)
  ◎キーシャ・コール「Heaven Sent」(Keyshia Cole, Jason Farmer & Alex Francis)
  ○ニーヨ「Miss Independent」(Mikkel S. Eriksen, T.E. Hermansen & S. Smith)
  ×ジャズミン・サリヴァン「Bust Your Windows」(Salaam Remi & Jazmine Sullivan)
★ 最優秀R&Bアルバム
  ◎アル・グリーン「Lay It Down」
  ○ジェニファー・ハドソン「Jennifer Hudson」
  ×ラファエル・サーディク「The Way I See It」

どうですかね。去年のチャカ・カーンプリンスの受賞を見ていると、実績のある大ベテランとニーヨなどに代表される若手実力者が確実に押さえていくカテゴリーだと思うんだけど。今回見事な復活を遂げたアル・グリーンのアルバムはR&B不作と言われた昨年の作品の中でもいろんな方面で評判のいい作品だし(残念ながら未聴。買わなきゃ!)、キーシャ・コールは一昨年末のアルバムの曲だけど、あのアルバムはアリシアのデビュー盤以来久々に聴いて興奮した本格派R&Bの傑作だったから、上記予想はとても妥当だと思うんだけどね。あとはジェニファー・ハドソンにどの程度同情票が集まるか(もちろん彼女も超実力者ですが)が気になるくらいかな。

さてではいよいよ主要4賞の予想に突入です。
10.最優秀新人賞
<ノミネーション>
 Adele
  Duffy
× Jonas Brothers
  Lady Antebellum
○ Jazmine Sullivan

今年の新人賞ノミネーションは、比較的まともな顔ぶれがちゃんと並んだ、と言う印象ですね。去年のファイストレディシや、その前のイモジェン・ヒープなんていうどう考えても無理矢理ひねり出したような候補は今回は一組も入ってません。レディ・アンティベラム、という人たちはあまり馴染みがないと思うけど、彼らはジョージア州オーガスタ出身の女性+男性2名というシュガーランド・スタイルのカントリー・トリオで、デビュー作の『Lady Antebellum』はカントリー・アルバム・チャートでも初登場1位を取ったという実力派です。...しかし今年の最大の物議は「なぜリオナ・ルイスがノミネートされてないの?」ということ。アメリカでのリリースは2008年に入ってからだし、資格的にはなーんの問題もないはずなのに...よくサイモン・カウウェルが黙ってるなあ。これはグラミーの歴史に残る謎になるかもしれない。なんせこの部門は毎年言ってるけど女性が強い部門。今年の男性軍はジョナス・ブラザーズしかいないじゃないの。紅白だったら即惨敗...なんてしょうもない話はどうでもいいけど、もしリオナがノミネートされてれば、ブッチギリの大本命だったろうにね。で、予想ですがここは他部門へのノミネート状況や、実力その他から言ってアデル本命で行くしかないね。もちろん、2年前のコリン・ベイリー・レイ(覚えてますか?)のように、主要4部門のうち3部門ノミネートされてボウズだった例もあるけど、あの年は何と言っても主要賞をディキシー・チックスがメガトン級のアーティスト・パワーでかっさらっていった年だし、新人部門にもキャリー・アンダーウッドというアメリカン・メインストリームの超実力者がいたからで、今年はその意味でいうと、恐れるべきはR&Bシーンで異様な評価を得ているジャズミン・サリヴァンくらい。でもここはアデル本命で乾杯!と行きたいね。リオナがノミネートされなかった運を生かすことができるか?ジョナス兄弟はミーハーな露出度でアイドル・イメージが先行しているけど、楽曲的にはいいものを持ってると思うので(歌は下手だが)大穴を付けてあげよう。

11.最優秀アルバム部門
<ノミネーション>
○ Viva La Vida Or Death And All His Friends - Coldplay
  The Carter III - Lil Wayne
× Year Of The Gentlemen - Ne-Yo
◎ Raising Sand - Robert Plant & Alison Krauss
  In Rainbows - Radiohead

ここ5年の受賞者をならべてみると、アウトキャスト、U2、レイ・チャールズ、ディキシー・チックス、ハービー・ハンコックという面々で、傾向としてはやはり「王道部門」(5年前のアウトキャストだけちょっと例外だけれど...)。しかもレイハービーのように、過去に功績のあったアーティストが票を集める傾向あり。そこから行くと、今年はコールドプレイとロバプラ+アリクラの一騎打ちしかないでしょう。コールドプレイははっきり言って今回のアルバムはグラミー狙いか?と言われてもおかしくない王道・壮大路線でU2の後釜狙いがひどく臭うのでちょっと僕ははっきり言って反感持ってて、そういう意味ではフラットな予想ではないかもしれないけど、ブリティッシュ・ロックの雄とコンテンポラリー・ブルー・グラスの女王ががっぷり四つに組んだロバプラ+アリクラに僕は是非とも取って欲しいと思う。ロバート・プラントが80年代にかのハニードリッパーズを結成してロカビリーに回帰した時も驚いたが、この年にしてこれだけのクオリティの作品を他フィールドの第一人者と組んでできるという柔軟さというか才能には脱帽ですよ。で、コールドプレイはまだROY部門があるからそっちで頑張ってもらうとして、ここは対抗印。大穴には今回5部門にノミネートのニーヨに。でも彼は最優秀コンテンポラリーR&B部門は取るだろうけどね。え?7部門ノミネートのリル・ウェイン?うーんこの作品が彼の頂点だし、昨年のラップ・シーンではダントツの作品だというのは認めるけど、やはり総合部門で取ってもらっちゃ困るでしょう。ラップ・アルバム部門をダントツでゲットしてもらいましょう。

12.ソング・オブ・ジ・イヤー(作者への授賞)
<ノミネーション>
  American Boy - Estelle Featuring Kanye West (William Adams, Keith Harris, Josh Lopez, Caleb Speir, John Stephens, Estelle Swaray & Kanye West)
◎ Chasing Pavements - Adele (Adele Adkins & Eg White)
  I'm Yours - Jason Mraz (Jason Mraz)
× Love Song - Sara Bareilles (Sara Bareilles)
○ Viva La Vida - Coldplay (Guy Berryman, Jonny Buckland, Will Champion & Chris Martin)

ええ、こちらも過去5年の受賞アーティストを並べてみましょう。ルーサー・ヴァンドロス、ジョン・メイヤー、U2、ディキシー・チックス、エイミー・ワインハウス。こう並べてみると、今回のノミネート作品は「American Boy」以外はそれぞれこれら過去5年の受賞作の要素を持ってることが判るね。「American Boy」も実は楽曲は凄くいいので(BBCがやっているスタジオ・アンプラグドみたいな番組で、『Live Lounge』というのがあってここでサム・スパロが思いっきりBPMを落としたアレンジでこの曲をやってて素晴らしかったね)アカデミーの耳も捨てたものではないな、というところだけど、残念ながらこれは無印。ジェイソン・ムラーツサラ・バレイエスジョン・メイヤーディキシー・チックス路線で線有り、と言いたいところだけど、やや小粒なのと、ジョンディキシーズもこの部門を取る前にいくつかの主要賞を獲得して実績があった、という背景を忘れてはいけない。でも「Love Song」はいい曲なので大穴印。となると「メインストリーム性の高さ」でアデルコールドプレイの一騎打ち、というのが僕の読み。で、当然個人的な予想としてはやはりアデルにこの部門だけは最低取って欲しい!ということで本命。コールドプレイは対抗にしました。この2組、レコード・オブ・ジ・イヤーでも激突しているけど、そちらはコールドプレイが以前「Clocks」で受賞経験ありということでそっちはどう考えてもコールドプレイに分があるよね。でも、エステルが取っちゃったらそれはそれで凄いけど。

さて、いよいよ大賞の予想です。

13.レコード・オブ・ジ・イヤー(アーティスト・プロデューサーへの授賞)
<ノミネーション>
  Chasing Pavement - Adele
○ Viva La Vida - Coldplay
◎ Bleeding Love - Leona Lewis
  Paper Planes - M.I.A.
× Please Read The Letter - Robert Plant & Alison Krauss

うーん困った。これまでの理屈の積み上げから行くとこのカテゴリーはコールドプレイで決まりなんだけど、よく考えるとリオナ・ルイスってこの部門を含めた3部門(女性ポップ・ボーカル、ポップ・ボーカル・アルバム)にしかノミネートされてないんだよねえ。だいたいリオナが主要4賞でここしかノミネートされていないと言うこと自体が実際異常なんだけど。もう一度過去10年間のROY部門の受賞者をおさらいしてみようか。

2007 - エイミー・ワインハウス「Rehab」
2006 - ディキシー・チックス「Not Ready To Make Nice」
2005 - グリーン・デイ「Boulevard Of Broken Dreams」
2004 - レイ・チャールズ+ノラ・ジョーンズ「Here We Go Again」
2003 - コールドプレイ「Clocks」
2002 - ノラ・ジョーンズ「Don't Know Why」
2001 - U2「Walk On」
2000 - U2「Beautiful Day」
1999 - サンタナ+ロブ・トーマス「Smooth」
1998 - セリーン・ディオン「My Heart Will Go On」

うーんこりゃあどっちもあるなあ。グラミーのフィナーレで高々と演奏されて授賞式のエンディングに相応しい曲という意味ではリオナコールドプレイも十分だしなあ。うーん....でもここはコールドプレイファンには申し訳ないけど、この部門、この2曲の戦いだとすると、僕はリオナに分があるような気がする。さんざん「コールドプレイはROYで」と言ってて一貫性がなくてすいません。でも僕には「Bleeding Love」が主要4部門何も取らずに終わるというのは全くイメージができないので...あと大穴としてはやはり素晴らしいT-ボーン・バーネットのプロデュースが素晴らしいロバプラ+アリクラの「Please Read The Letter」に進呈。T-ボーン・バーネットは過去にも2001年にジョージ・クルーニー主演の映画『オー・ブラザー』のサントラで見事最優秀プロデューサー賞を獲得、その後もトニー・ベネット+k.d.ラングのアルバム(2003)、ホアキン・フェニックス+リーズ・ウィザースプーン主演のジョニー・キャッシュ伝記映画『ウォーク・ザ・ライン』のサントラ(2006)でもグラミーを受賞している名プロデューサーです。しかし笑ったのはM.I.A.のノミネーションだよね。銃弾発射音の入った楽曲のROYノミネートって、過去になかったんじゃないだろうか。面白い曲だけど、ヒップホップ・ラップ系だったらT.I.の「Whatever You Like」とか、ポップ系だったらケイティ・ペリーの「I Kissed The Girl」とかいろんな意味で今年を代表する楽曲という意味ではまだ他にいろいろあったろうにね。

ということでマラソン予想ブログ、長々とお付き合い頂きありがとうございます。さて明日の授賞式は録画で見ることになりそうだけど、中身自体は面白いレースになりそうなので、せいぜい盛り上がりましょう。Enjoy!
スポンサーサイト
コメント
コメント
No title
changeparadiseさん、いきなり予想的中率5割達成はすごいですね。僕も来年はがんばらないと。

取りあえず来週のBrit Awardの予想でもしますか...
2009/02/12 (木) 06:10:53 | URL | Boonzzy #79D/WHSg[ 編集 ]
No title
計算して今自分のBLOGにも書いたんですが、TOTALで11勝11敗。11敗のうち対抗は5つでした。主要4部門以外も予想しといて良かった。もう来年が楽しみに…
2009/02/11 (水) 18:52:37 | URL | changeparadise #79D/WHSg[ 編集 ]
No title
changeparadiseさん、レコード・オブ・ジ・イヤーとポップ・コラボ部門のロバプラ+アリクラ見事的中はお見事でした!トータルの予想的中戦績はどうでしたか?結構これ、くせになるでしょう?
2009/02/10 (火) 01:04:57 | URL | Boonzzy #79D/WHSg[ 編集 ]
No title
乗り遅れてしまいました。
Adeleは、未だにヘビロテで聞いています。
久々に聞き込めるアルバムでした。
2009/02/09 (月) 22:47:07 | URL | bojdoog #79D/WHSg[ 編集 ]
No title
こんばんは~ 私も主要4部門以外も直前予想してみました。お互い楽しみですね!
2009/02/09 (月) 06:21:16 | URL | changeparadise #79D/WHSg[ 編集 ]
No title
サイトの実況中継を楽しみにしておりましたが、平日で残念。私も職場で公式HPを横目でチェックしながらニタニタするしかありません。ColdplayとRP&AKが二大本命なのでしょうが、MIAを応援しています。BNAは平凡ながらLady Antebellumと予想してます(また英国人でもないでしょう)。 また、ここ数年、パフォーマンスが不発(昨年のスライは痛々しかった、数年前のHotel CaliforniaやAcross the Universeも…)なので、今年は挽回を期待しています。
2009/02/08 (日) 22:17:33 | URL | いそはし #79D/WHSg[ 編集 ]
No title
mzくんまいどです。そういえばこの間もジャズミン・サリヴァンについて熱っぽく語ってましたね。彼女はR&Bソング部門でもノミネートされてるので、そっちも有力候補だと思いますよ。でも僕はアデルに取って欲しいのでそっちを予想しました。悪しからず。うーん明日はライブで見たいが...
2009/02/08 (日) 15:54:03 | URL | Boonzzy #79D/WHSg[ 編集 ]
No title
どうもです。
他はどうでもいいけど新人賞はサリバン先生にとってもらいたいです。予想ではなく希望です。
予想は当たったことが無いのでしません。
2009/02/08 (日) 13:18:19 | URL | mz #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.