FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
■2008/11/8付Hot 100~ビヨンセどんまい!~
art.obama.grant.ap.jpgやあ昨日のオバマ大統領選当選のカタルシスは凄かったね。事前の得票予想は優勢だったけど何しろ人種差別が根深く残っている国なので、事前アンケートでは「オバマに入れる」って言ってた白人層が当日「やっぱマッケイン」と豹変することも十分に考えられただけに、このLandslide Victoryは素晴らしい。これで少しはアメリカ人のethnocentricity(民族自己中心主義)もいい意味で修正に向かうことを期待したい。しかしアリゾナ州フェニックスで敗北演説をやったマッケインの潔さには清々しいものを感じてしまった。選挙運動後半で劣勢になった時、観衆がマッケインの演説中に「オバマ死ね」とか過激な人種差別的ブーイングをしたのを慌てて「オバマは立派な奴だから君らもっと冷静に」となだめた、という話も伝わっていたので、この冷静かつ前向きな敗北宣言はある意味納得できるところ。でもきっと死ぬほど大統領になりたかったに違いないマッケインの敗北にあたってのこの態度は大きく評価出来ると思う。一方オバマの勝利宣言スピーチ(全文はここを参照)もいつもながら素晴らしいものだった。「You」という言葉をパラグラフ単位のメッセージの主語として繰り返し使ったり、リンカーンの「人民の、人民による、人民のための政府」という言葉を上手に組み入れたり、レトリックも多いのだがそれが極めて聴衆に自然に受け入れられるような使われ方をしており、やはりこの男は(僕より一歳年下なんだけど)凄いと思ったね。ただ本人もスピーチの中で言っていたように「今日のこの出来事がChangeなのではなく、これからChangeをみんなで実現して行かなくてはいけない」のであり、これからかなりの試練が待っていることは間違いない。「Yes, We Can」(あのウィル・アイ・アムがこのフレーズを使ってオバマ応援の曲とビデオを作ったらしい)が現実のものとなるよう、見守って行きたいと思う。一つだけ気になっているのは、イラク撤兵声明の一方、アフガンに対しては場合によっては派兵増強も検討する、とか何とか言ってること。国際法上のどういう規定・権利を根拠にアフガン派兵を正当化しようとしているのか、彼の明確な説明を聞きたいところだ。

beyonce-if-i-were-a-boy.jpgおっとすっかり政治ブログのようになってしまったが、先週金曜日発表の11/8付チャートの話だった。もうそろそろ11/15付のチャートが発表されそうなタイミングの今日までなかなかアップするチャンスがなかったのでせめて次の週のチャートが出る前には、と慌ててアップしている次第。で、先週予測したビヨンセの「If I Were A Boy」の68位→1位のジャンプアップですが、皆さんご存知のように残念ながら結果は3位止まりでした。ビヨンセ、どんまい!まもなく11/18発売予定の新作『I Am...Sasha Fierce』は間違いなく1位初登場だから。この曲もなかなか抑え気味のバラードで、自分を男の子の立場に置き換えて「自分が男だったら絶対彼女を大事にするぞ!」というほほえましい歌。この間のタモリのMステにもいきなり登場してこの曲歌ってましたが、中盤からえらくドスが効いてきたのが結構おかしかったね。で、1位は先週とかわらず、T.I.あにいの「Whatever You Like」が通算7週目の首位でした。

でも、この68位→3位というのも結構歴代の1位以外へのジャンプアップ記録では上にくる快挙と言えます。前回このランキングをお知らせしたのがもう2年前で、その後実は結構ボロボロジャンプアップが達成されちゃってるので、この機会に再度ランキングをご紹介しようかな。

Hot100内→トップ10へのジャンプアップ記録
(歴代順位、UP前→Up後、上昇ポイント数、タイトル、アーティスト、最高位、ジャンプアップ日)

BeautifulLiar.jpg #1 (94→3) (91pt) Beautiful Liar ● - Beyonce & Shakira (3) (2007/4/7)

SmackThat.jpg #2 (95→7) (88pt) Smack That ▲2 - Akon f/ Eminem (2) (2006/10/14)

HighSchoolMusical.jpg #3 (86→4) (82pt) Breaking Free ● - Zac Efron, Andrew Seeley & Vanessa Anne Hudgens (4) (2006/2/11)

LondonBridge.jpg #4 (84→5) (79pt) London Bridge ▲ - Fergie (1) (2006/8/12)

Lollipop.jpg #5 (85→9) (76pt) Lollipop - Lil Wayne f/ Static Major (1) (2008/4/5)

#6 (81→7) (74pt) Harper Valley P.T.A. ● - Jeannie C. Riley (1) (1968/8/31)
#7 (68→3) (65pt) Gimme More ▲ - Britney Spears (3) (2007/10/13)
#7 (68→3) (65pt) 4 Minutes ▲2 - Madonna f/ Justin Timberlake (3) (2008/4/12)
#7 (68→3) (65pt) If I Were A Boy - Beyonce (3+) (2008/11/8)
#10 (66→3) (63pt) Too Little Too Late - JoJo (3) (2006/9/30)

...何と今回再集計して判ったけど、68位→3位のジャンプアップってこれで3曲目なんだね。しかもここ1年くらいの間に。うーん。それに前回調査時のランキング(ここをクリック)で上位5位に入ってた曲でトップ5に残ってるのはわずか「Breaking Free」1曲のみ。いかにこの2年くらいの間にジャンプアップが乱発していたかが判ろうというもの。これもデジタル化のなせるわざか。チャートが派手なのは面白くていいけども、ちょっと程度問題かも。

ところでこのビヨンセの「If I Were A Boy」、初登場100位→68位→3位というチャートアクションで来てるんだけど、このまま1位になると、100位でスタートして見事1位に登り詰めた曲としては史上4曲目になります。これまでの3曲は誰の何という曲でしょう???これは次回までのクイズとしておこう。
スポンサーサイト
コメント
コメント
No title
頼りない記憶を基にですが、100→→1のうちの1曲は UB40 の Can't Help Falling In Love じゃありませんかね。
2008/11/09 (日) 16:47:37 | URL | nakamakan #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.