FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
■第50回グラミー賞実況~その9~
 ....うーん凄い。やっぱりエイミー取っちゃったよ。Record Of The Year。発表された瞬間のエイミーのあの虚を突かれたような顔と、その直後、バンドメンバーの胸に顔を埋めていたエイミーの様子は普通の女の子そのままだったね。その後にハグしたのはお母さんかな?でもその後受賞の弁を述べるためマイクの前に立った途端に、元のドスの効いた声で「Hi」と発声したのが凄い持って生まれたプロ意識というか、コントロールできないピュアさというか、いやあ結構感動した。すごいすごい。でもこうなってくると最優秀アルバムも取って、1980年のクリストファー・クロス、2002年のノラ・ジョーンズに続いて新人の4部門独占なるか?

 今画面はこの1年の物故者を流すIn Memoriumのコーナーをやってるけど、ボストンのボーカルのブラッド・デルプ、ダン・フォーゲルバーグ、ジョン・スチュワート、ルーサー・イングラム、今日パフォームしたティナの元ダンナ、アイク・ターナー、そして偉大なるルチアーノ・パヴァロッティと、去年も惜しい人が沢山逝ってしまったね。そのパヴァロッティのトリビュートで、ステージでは何とアンドレア・ボッチェリジョッシュ・グローバンという新旧のオペラティック・ボーカリストが競演してます。うーんアンドレア・ボッチェリいい声だなあ。

 ...おおっと、昼になったので子どもの昼飯を用意している間に、あっという間にいよいよ最優秀アルバム部門の発表になってきたよ。ああ、カニエが手に顔を埋めて祈ってる!エイミーもロンドンの中継画面から見守っているよ。で....うーん、やっぱり!受賞作は何とやはりハービー・ハンコックだったな。何だかなあ、という感じするけど、グラミーアカデミーも何かパターンが判りやすいというか、単純というかねえ。松尾潔が「グラミー、空気読めてない!」と批判してたけど、このグラミー賞というフォーラムが、必ずしもその時その時のポップカルチャーとしての音楽をcelebrateする場というよりは、グラミーアカデミーとしての音楽の有り様を体現する作品をcelebrateする場であることは、2003年のレイ・チャールズの例を見ても明らか。また今回が50周年ということでアカデミーとしても新たなグラミーの歴史を作るべく、いろんなinitiativeを手がけてることを考えると、ジャズとポップの融合によってアメリカン・ミュージックの1つのアカデミーの首肯できる形を創り上げた(と、一曲も聴かずにこんな事言ってる僕のいい加減さ。でも、聴かずともある程度イメージは湧くよねえ、これ)ハービー・ハンコックの作品が受賞するのはある意味必然、といえるのではないかな。

 おお、今放送の最後で松尾潔が同じような事言ってるよ。「空気読めてないってのは口が滑りました」なんてお詫びしてる。詫びなくてもいいぞ、松尾潔!受賞の流れ見てれば誰でもカニエエイミーだと思うもんな!

 ということで予想の方を総括すると、的中したのは
● 最優秀新人賞のエイミー・ワインハウス
● ソング・オブ・ジ・イヤーのエイミー・ワインハウス
● 最優秀ソロ・ロック・ボーカルのブルース・スプリングスティーン
● 最優秀ロック・アルバムのフー・ファイターズ
● 最優秀女性R&Bボーカルのアリシア・キーズ
● 最優秀R&Bソングのアリシア・キーズ

の6部門。最終成績は
6勝12敗で、外したうちで印を付けてなかったのが6部門(うち4部門がR&B)ということで惨憺たる成績でした。アルバムも最後の2枚まではうまく絞れてたんだけどなあ....

ということでまた来年のグラミーで会いましょう。(おっと、ブログは今年こそ時々更新するぞ。)
 
スポンサーサイト
コメント
コメント
No title
元メルマガ読者さん

コメントありがとうございます!!全然更新できてなく、申し訳ない限りです。このようなコメントを頂くと「ああ、やはりちょこちょこ更新しなくてはいかんな...」と新ためて痛感します。何とか今年は更新頑張ってトライしますので、気長にお付き合い下さい...

Boonzzy@出張先の台北より
2008/02/14 (木) 22:33:58 | URL | Boonzzy #79D/WHSg[ 編集 ]
No title
ブログ大変楽しみました。
ありがとうございます。

HERBIEの新作個人的にあまり好みではなかった(前作 POSSIBILITIESが面白かったので)
しかし普段ドーンとラジオでOAされない作品が受賞すると嬉しいですね。

Boonzzy様お願いです。たまにはブログ更新してください! 期待せずお待ち申し上げております。
2008/02/13 (水) 21:34:34 | URL | 元メルマガ読者 #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.