FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
■第50回グラミー賞実況~その6~
 今度はファイストのライブで例の「1234」をやってます。彼女も4部門ノミネートされてたんだけど、残念ながら出席してないエイミーにことごとくやられて全部門敗退。ちょっと可哀想だけどまあグラミー出れただけでも一生の思い出になったんじゃないの(ともう出てこない前提)。

 さていよいよロック・アルバム部門の発表。何とキッド・ロックが出てきてデイヴ・コズのサックスをバックにベテランジャズシンガーと「That Old Black Magic Called Love」なんていうジャズのスタンダードを歌った後に発表したのは、うーんやはりフーファイの「Echoes, Silence, Patience & Grace」。ここは予想的中ということでやっと成績は6勝9敗かな?

 何かスタジオの方で騒いでるけど、番組当初から言ってるシークレット・アーティストってひょっとしてマイケル・ジャクソン?確かに最近、今日日のアーティスト達と組んだセルフ・カバー・アルバム出してるくらいだからマイケルも自分のこれまでのイメージを刷新するためにもいいタイミングでの出場かもね。期待しよう。実はさっきのリアーナの「Don't Stop The Music」の最後のところ(「Wanna Be Starting Something」のフレーズのところ)で出てくるかも?と思ってたんだけどね。ソンなこと言ってる間に、アリシア・キーズ再登場。今度は髪を下ろして衣装もガラッと変えて「No One」を熱唱。でも何でこれがSong Of The YearとかRecord Of The Yearにノミネートされなかったのか、やっぱり理解に苦しむよね。ところでこのライブ、ジョン・メイヤーも絡むらしいけど、どういう絡み方するのかね。と言ってたら、おお出てきた出てきた。ギター小僧ジョン・メイヤーがギター抱えて。でも何かあんまり芸のない出方というか、特に必然性ないというかねえ。これじゃ単なるアリシアの引き立て役だよね。

 さて今度はリンゴ・スターと元ユーリズミックスデイヴ・スチュアートが出てきて最優秀カントリー・アルバムの発表。ここでヴィンス・ギルが取っちゃうと、本賞は何となくハービー・ハンコックで決まりって感じになっちゃうけど....ああやっぱり。ヴィンス・ギルが取っちゃった。こうなると何年か前のレイ・チャールズ大会の再現かなあ。ただ今年はエイミーがいるから舞台を独占というわけにいかないけどね。おっとヴィンスが「うーんビートルズのメンバーから賞もらえるなんて....そんなことってあった、カニエ?」とカニエをおちょくったコメントしてたから、かなり嬉しかったんだろうね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.