FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
2012年My Top 10 Album カウントダウンその2

今日は初場所も千秋楽、知らない間に松の内も終わって、あっという間に1月も終わってしまいそうな勢い。このカウントダウンブログもなかなか遅々として進みませんが(汗)、来週末あたりはそろそろグラミーの予想もしなきゃいけないので、今日も何とか9位くらいはアップしようと思ってパソコンの前に座ったのはいいのだけど、もう2回も書きかけの原稿を飛ばしてしまってかなり疲れてます。日曜日の夜としてはなかなかしんどい展開ですがなんとかこれはアップするぞ!ということで9位です。


 My Top 10 Albums of 2012

#9: Strangeland - Keane (Universal Island) 

 

Keane_Strangeland.jpg

ギターレス・バンドっていいですよね。ギターリフビンビンのバンドもそれはそれでいいんだけど、ギターレスだとワンクッション置いてるというか、結構激しいことやってても音色の柔らかさとか、サウンド全体の丸みとかでフワッとしていいて、それでいて中庸には決して堕していかないというか。ギターレスの雄というとアメリカのベン・フォールズ・ファイブが去年は10数年ぶりに新譜出して(残念ながらこのカウントダウンブログでは出て来ませんが)今年は何と来日もするということでその健在ぶりを示してるけど、一方イギリスのギターレスの代表選手はやっぱりこのキーン2004年にアルバム『Hopes And Fears』と名曲「Somewhere Only We Know」を引っさげて出てきた時は、J-WAVEとかでもガンガンかかりまくって、凄い鮮烈なイメージがあったんだけど、その後日本とアメリカではさほど話題にも昇らなくなって、どうしたのかな?という感じでしたが、本国イギリスでは地道に活動続けていて、今回の『Strangeland』も含めてアルバム5枚連続UKナンバーワンという、実はかなり絶大な支持を維持してるのでした。前前作の『Perfect Symmetry(2008)あたりではエレクトロ系に走ったりして、ファンをやきもきさせたという彼らだけど、今回のアルバムはデビュー作の頃に戻ったかのような王道ポップ・ロック路線をひたすら気持ちよくやってくれていて、去年の秋以降、個人的なパワーローテーションでした。

 

とにかく今回のアルバムはケレン味なく、粒ぞろいの曲を淡々とやってくれているのがいい。オープニングの「You Are Young」からして何しろピアノのリフが華やかだし、楽曲の出来もいいしということで作品の中にぐいっと引き込んでくれる。次の「Silence By The Night」も力強いメロディが好感もてるのだけど、前半のクライマックスは3曲めの「Disconnected」。なぜこんなに楽曲とリフがラジオ向きの曲をシングル・カットしなかったの?と思うほど無茶苦茶キャッチーなサビでこのアルバムにのめり込むには十分な快感を味わわせてくれる。4曲目の「Watch How You Go」あたりはビートルズのバラード路線の系譜を正当に踏んだ楽曲だし、その次の「Sovereign Light Cafe」も洗練されたメロディとリフが気持ち良い。ちょうど1枚目、2枚目のあたりのコールドプレイにも通じる趣味の良いメインストリーム・ロックを、今は必要以上の尊大路線に堕してしまったコールドプレイが見失っているピュアさというか、飾らないことがそれ自体の魅力を発揮しているというような感じで聞かせてくれていて、飽きることがない。7曲目の「The Starting Line」なんて、UK歴代のメロディ・メーカーたちのオーラが集まっているような心痛むような美しい曲だし。

 

今回のアルバムのタイトルが何を意味するのか(ジャケットには砂漠のような赤土の土地に不思議なガラス張りの建物が写っている)は不明だが、聴いてて分かるのは、バンドのメンバーが地に足の着いたスタンスで、前衛に突出もせず、大衆に迎合するわけでもなく、自分たちの音を淡々とプレイしていることが快感と感動を呼んでいるということ。実はノーマル盤は12曲目の「Sea Fog」までで、僕が買ったのは16曲のデラックス・バージョンだったらしいのだけど、これ以外に24曲入りDVDコンボ盤もあるらしい。DVDにどういう映像が入っているのか、大いに興味があるけど、この16曲だけでも聴く者の心を捉えるのに十分。キーンってそんなバンドあったよな、とか思っているあなた、このアルバムをちょっとCD屋の視聴でもいいから聴いてみて。その時は是非3曲目と7曲目を聴くこと。メインストリームなロックが好きな人だったら胸がキューンとくること、間違いなしだから。


さあ、先は長いけど、来週はグラミー予想に着手します。よろしく。 

 

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.