FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
■第50回グラミー賞恒例の大予想~その2~
 ええと、昨年は何と授賞式放送1時間前に予想を始めたという超土壇場状態だったので、ポップ部門と主要4部門のみの予想だったんだけど、今年は随分と余裕を持って前日の夜にこのブログを書いているので(どこが余裕なんだ)ちょっと欲張ってロック部門とかも予想しちゃおうかな。

5.最優秀ソロ・ロック・ボーカル・パフォーマンス部門
 <ノミネーション>
  Timebomb - Beck
  Only Mama Knows - Paul McCartney
 × Our Country - John Mellencamp
 ◎ Radio Nowhere - Bruce Springsteen
 ○ Come On - Lucinda Williams

 何と今回、ルシンダがこの部門と、最優秀ロック・ソングにノミネートされててへえええ、と思ってしまったのは僕だけか。そういやこのアルバム聴いてないわ。いかんいかん。しかし最優秀ロック・ソングは超激戦なので、ルシンダがチャンスがあるとするとこの部門、ということで一応対抗印を付けました。で、ここでのブッチギリは...やっぱボスなんだろうなあ。しかしボスも去年は『Magic』リリースにもかかわらず今一盛り上がりに欠けたような気が。従ってメイン部門の受賞は厳しいと見て、ここで本命。ジョン・メレンキャンプはいかにもアメリカ人好きそう、という曲なので、敬意を表して(よく判らんが)大穴ということにしておこう。ちなみにベックのこの曲って12インチのみの発売みたいなんだけど、全く出たの知らなかったよ。

6.最優秀ロック・デュオ/グループ部門(ボーカル付)
 <ノミネーション>
 ◎ It's Not Over - Daughtry
 × Working Class Hero - Green Day
  If Everyone Cared - Nickelback
  Instant Karma - U2
 ○ Icky Thump - The White Stripes

 うーん難しいなあ。5曲中2曲(ドートリーホワイト・ストライプス)がロック・ソング部門にもノミネートされてるけどあの部門を制するにはちょっと2組とも小粒のような気がするからこの部門ではこの2組の一騎打ちだと思うんだよなあ。でもポップ部門の予想でも触れた通り、ロック部門でドートリーは何か絶対取ると思うので、この部門の本命には彼らを推そう。ホワイト・ストライプスは2003年と2005年に最優秀オルタナ・アルバム部門を受賞しているので、今年もそっちでアーケイド・ファイヤビョークシンズといった結構手強い連中を押さえて受賞するんではないかということで対抗止まり。穴は今年は唯一この部門だけのグリーン・デイにしておこう。

7.最優秀ロック・ソング(作者に与えられる賞)
 <ノミネーション>
  Come On - Lucinda Williams (Lucinda Williams)
  Icky Thump - The White Stripes (Jack White)
 × It's Not Over - Daughtry (Chris Daughtry, Gregg Wattenberg, Mark Wilkerson & Brett Young)
 ◎ The Pretender - Foo Fighters (Dave Grohl, Taylor Hawkins, Nate Mendel & Chris Shiflett)
 ○ Radio Nowhere - Bruce Springsteen (Bruce Springsteen)

 これはねえ、フーファイRecord Of The Yearにノミネートされた時点でもう決まりですよ。何言ってやんでえ、フーファイがいきなりROYにノミネートされて受賞するわけがねえっつーの。当て馬候補で賑わしといて、ちゃあーんと専門の部門で受賞させといてROYの方はもっとメインストリームの人が取るっていう、グラミーアカデミーの常套手段見え見えじゃねえのってもんだい...すいません、ちょっと飲みながらやってるもんでべらんめえになっちゃった。でもこれはこのシナリオで決まりだと思うね。で、格からいうとボスが対抗なわけだけど、ホントはルシンダに取って欲しい気もするんだけどね。一応ドートリーは穴で入れておきます。

8.最優秀ロック・アルバム
 <ノミネーション>
  Daughtry - Daughtry
  Revival - John Fogerty
 ◎ Echoes, Silence, Patience & Grace - Foo Fighters
 ○ Magic - Bruce Springsteen
 × Sky Blue Sky - Wilco

 なんだなんだこのジョン・フォガティーは。今更CCRでもないっつーに。で、この部門も2003年、2005年に既に受賞済みのフーファイボスの一騎打ちだろうなあ。で僕の予想はフーファイの勝ち。アーティスト・パワーとしても、作品の出来としてもこの2組だったら僕はフーファイに軍配を挙げるね。で、実はウィルコが何とノミネートされて嬉しかったというのもあって、ウィルコには穴を付けました。何たって僕の2007年のNo.1アルバムであるライアン・アダムスが今年も見事に無視されているので、ひょっとしてウィルコが取ってくれると凄く嬉しいんだけどなあ。無理だろうなあ。

さらに予想は続く...次は主要4賞の予想です。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.