FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
■49回グラミー賞実況4
おお、よかったよかった、やっと予想当たったよ。最優秀新人賞は予想通り、キャリー・アンダーウッドが受賞。またしても直前ライヴの法則が的中したということですな。でもあのイーグルスのカバーライヴ、少なくとも「Life In The Fast Lane」の選曲はいまいちだったね。あの2組だったら「偽わりの瞳」とか「ニュー・キッド・イン・タウン」あたりで無難に行けば良かったのに。

おお、今度はスモーキーの登場だよ。うーんこの若さ。絶対こいつ整形してるな。しかし声の艶は相変わらず素晴らしいねえ。これって2年前のグラミーにジェームス・ブラウンが出て来てあのアクションやってくれたときくらい結構感動かも。よう声出てるわ。うーん続いて出て来たのは最近娘がパリス・ヒルトンとアホやってて苦労してると思われるライオネル・リッチー。うーん(とうーんが多い)いきなり「Hello」かよ。しかしスモーキーといい、このライオネル・リッチーといい、いずれも年をくっても「健全なうさん臭さ」が残っていていい感じだよね。最近ライオネルも頑張って新作も出してるし。娘の問題に負けずに頑張って欲しいね。

そこへいきなり滑り台みたいに登場してきた赤いパーカをかぶったクリス・ブラウン登場!うーん活きがいいね。まるでBlue Man Groupみたいな振り付けとステージングからヒット曲「Run It!」になだれ込む潔さ。おお、そこに何やら8歳児くらいの子が二人出て来ていきなりブレイクダンシング。クリス君新人賞は逃したけど、なかなか気迫溢れるステージングで気を吐いてくれて、今年の活躍も期待できそうだね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.