FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
毎年恒例 第56回グラミー賞大予想 #5〜カントリー部門

さあ次はカントリー部門です。


22.最優秀カントリー・ソロ・パフォーマンス部門

  I Drive Your Truck - Lee Brice

  I Want Crazy - Hunter Hayes

◎ Mama's Broken Heart - Miranda Lambert

Wagon Wheel - Darius Rucker

◯ Mine Would Be You - Blake Shelton

MLambert_MamasBrokenHearts.jpgR&Bとかと同様2年前から男女の垣根がなくなったこの部門。で、カントリー部門の場合、毎年言ってますが前の年の11月に開催されるCMA(Country Music Awards)の結果が大きくグラミーの受賞に影響するという、言ってみればゴールデン・グローブ賞とアカデミー賞の関係みたいなものがあって、これを押さえる必要がある。でも困るのは、CMAの部門の切り方とグラミーの部門の切り方が微妙に違うので一対一対応にならないところ。で、このソロ部門ですが、CMAにはソロの個別のパフォーマンスに対する賞はなくて、その年の男性・女性それぞれの最優秀ボーカリストを選ぶというやり方。で、CMAでは何とブレイク・シェルトンミランダ・ランバートという夫婦が揃って受賞するという結果になってますが、このグラミーのソロ部門ではその両方がノミネートされているというややこしさ。で、ここからは完全予想の世界ですが、過去の受賞パターンを見ると、ブレイク・シェルトンは2回ノミネートで受賞なし。ミランダは過去4回ノミネートで1回(2011年開催53回)受賞ということで貫禄からいってミランダが本命◎、ブレイクが対抗◯ということになるのではというのが予想。穴ボブ・ディランの楽曲を今によみがえらせるという功績を立てた、ダリアス・ラッカー(元フーティ&ザ・ブロウフィッシュのボーカル)に。

23.最優秀カントリー・デュオ/グループ・パフォーマンス部門

From This Valley - The Civil Wars

  Don't Rush - Kelly Clarkson Featuring Vince Gill

◯ Your Side Of The Bed - Little Big Town

◎ Highway Don't Care - Tim McGraw, Taylor Swift & Keith Urban

  You Can't Make Old Friends - Kenny Rogers with Dolly Parton

HighwayDontCare.jpg前の部門同様、CMAではこういう部門はなく、関係するとすると、最優秀ボーカル・グループ部門を受賞したリトル・ビッグ・タウンか、最優秀デュオ部門を受賞したフロリダ・ジョージア・ライン。で、予想の冒頭でもコメントしたように、今回のグラミーではなぜか、見事にフロリダ・ジョージア・ラインの2人が完璧に無視されてしまっているので(何で何でしょう?)、ここはリトル・ビッグ・タウンか、というところですが、さにあらず。実はCMAにはもう一つ「その年の音楽的イベント賞(Musical Event Of The Year)」という部門があって、2013年はティム・マグロー+テイラー・スウィフト+キース・アーバンの「Highway Don't Care」が受賞しているのです。何せ「Tim McGraw」という楽曲でデビューして以来今や飛ぶ鳥を落とす勢いのテイラー・スウィフトが絡んだこの曲、この部門で受賞しないわけがないということで、本命◎はこの曲しかないと思います。対抗◯は昨年も「Pontoon」で受賞、CMAの最優秀ボーカル・グループ部門を受賞のリトル・ビッグ・タウン、穴としてはその前の年に受賞のシヴィル・ウォーズの二人に付けておきましょう。

24.最優秀カントリー・ソング部門(作者に与えられる賞)

◯ Begin Again - Taylor Swift (Taylor Swift)

◎ I Drive Your Truck - Lee Brice (Jessi Alexander, Connie Harrington & Jimmy Yeary)

  Mama's Broken Heart - Miranda Lambert (Brandy Clark, Shane McAnally & Kacey Musgraves)

Merry Go 'Round - Kacey Musgraves (Shane McAnally, Kacey Musgraves & Josh Osborne)

  Mine Would Be You - Blake Shelton (Jessi Alexander, Connie Harrington & Deric Ruttan)

LBrice_IDriveYourTruck.jpgCMAにもソング部門はあって、2013年のソング部門はリー・ブライスの「I Drive Your Truck」が受賞しているので、取り敢えず本命◎はここでも「I Drive Your Truck」にしておきましょう。対抗◯は、CMAでも最高峰賞(Pinnacle Award)なる何だかよくわからないけど凄そうな賞を取ってしまったテイラー・スウィフトの「Begin Again」がどうも来そうで臭いので、ここに。穴はCMAで最優秀新人賞を見事獲得した、気骨の女性シンガーソングライター、ケイシー・マスグレイヴスの「Merry Go 'Round」に。

25.最優秀カントリー・アルバム部門

Night Train - Jason Aldean

  Two Lanes Of Freedom - Tim McGraw

  Same Trailer Different Park - Kacey Musgraves

◎ Based On A True Story - Blake Shelton

◯ Red - Taylor Swift

JAldean_NightTrain.jpgTMcGraw_TwoLanesOfFreedom.jpgKMusgraves_SameTrailerDifferentPark.jpgBShelton_BasedOnATrueStory.jpgTSwift_Red.jpg

この部門もCMAにもあって、CMAで取っていたのは、ブレイク・シェルトンの『Based On A True Story』。だから順当に来るとすると本命◎はブレイク・シェルトンかなあと。一方対抗◯はやっぱりノミネートされてると外すわけにはいかないテイラー・スイフトの『Red』かな。カントリー・アルバム・チャート16週1位だし、このアルバムはもうカントリーの枠を超えちゃってるものね。穴には、まあ一応2013年アルバム『Night Train』が 1位になったジェイソン・アルディアンかなあ。しかしグラミー・ノミネート・ライブで出てきてたジェイソン君、思いっきりカッペ丸出しだったなあ。一方フロリダ・ジョージア・ラインもさることながら、カントリー・シングル・チャートで「That's My Kind Of Night」が12週1位、アルバム・チャートでも『Crash My Party』が通算7週1位を付けて、2013年ブレイク・シェルトンの向こうを張って頑張っていたルーク・ブライアン君も今回は全く無視されているのも不可思議だよねえ。


ということで今日はここまで。明日はアメリカン・ルーツ・ミュージック関係部門を攻めてみます。ではおやすみなさい。

スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.