FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
今年もやります。第56回グラミー生ブログ #4
PinkDangling.jpgさあ出てきたのはブルーノ・マーズ。紹介するのはピンクネイト・ルースのパフォーマンスで曲はまずピンクの「Try」から。おお今回も2010年に続いて宙づりで登場。今回は前回の「Glitter In The Air」の白いレオタードではなく、黒の一部ネット状のボディスーツ。おお、宙づり逆さになって回転しながら歌ってる(のか?)し、観客とタッチしてるし、相変わらずアクロバティックだなあ。ここまでやるピンクってやはりすごい。まさにシルク・ド・ソレイユの世界だし、身体能力とバランス感が良くないとできないよなあ。さて宙づりは終わってステージに降臨したピンク、男性ダンサーとからみながら更にアクロバティックな絡みで「Try」を延々と歌う。さすがにハアハア言ってるな。お、終わって、後ろからネイト・ルースが登場、「Just Give Me A Reason」をバンドをバックに歌い始めた。何だ何だこいつ口ひげはやしちゃってちょっとエッチ風だなあ。うーんしかしやっぱりピンクとデュエットするこの曲はなかなかの佳曲だよ。おっとネイPinkNateReussSinging.jpgくん、気合い入りすぎたか、声が裏返り気味。それともPAの調子が悪いのかな。ああ、イアピース外しちゃったから、やっぱりPAが合わなかったんだろうね。何とかでも最後までパフォームしたネイト君もえらい。

さて次のプレゼンターはこの間来日したアリアナ・グランデミゲルの2人で最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス部門の発表。ここの予想はジャスティンの「Mirrors」なんだけど...あれええ、何とロードが受賞。うーんこれでジャスティンは主要部門・ポップ部門から完全シャットアウトされたということ?やっぱり「2 of 2」の罪は予想以上に深かったということか。最優秀R&Bソング部門を取ったのはせめてもの救いだね。でもロード、受賞スピーチが堂々としていたのだけど、最後は震えが来たのか「フフフフッ」と口走ってそそくさとステージを降りたあたりなかなか初々しいところもあっていいねえ。こうなってくると主要部門のダフト・パンクロードの激突の構図がどうもはっきりしてきたような気がするね。フランス対ニュージーランドの戦いだ。サッカーみたいだな。

RingoStarrSinging.jpgカメラはまたWOWOWスタジオに戻って今度のゲストは何とあのトッド・ラングレン!盛んにピンクのステージを褒めてるね。あの宙づりとステージ上のアクロバティックな組み体操みたいなステージング、凄かったもんね。話が弾む中、次のパフォーマンスが始まる様子。ステージにはオジー・オズボーンブラック・サバスの面々が登場。彼らが紹介するのはリンゴ・スターのソロパフォーマンスらしい。歌は「想い出のフォトグラフ」、うーん懐かしい。バックのメンバーは誰か有名なミュージシャンも入ってるのかなあ。リンゴ自身はいいおじいさんが気持ちよく歌ってる的な感じで、バックには曲のタイトルに合わせて、いろんな昔の写真がケン・バーンズ風に現れては消えるという演出。おお例によって演奏終わってピースマークのリンゴ。おお観客には小野洋子と、ユダヤ教のラビかと思うような長いひげを蓄えたショーンが。

続いて登場したのはジェイミー・フォックス。発表するのは最優秀ラップ・歌唱コラボ部門。この部門の予想はジェイZ+ジJayZReceiving.jpgャスティンの「Holy Grail」だけどどうかなあ、さっきから盛んにジェイZビヨンセを映してるけど。Yes!やっぱり「Holy Grail」が取ったねえ。今日は会場にはジャスティンはどうも来てないみたいで、受賞はジェイZが代表でスピーチしてる。何だよステージで嫁さんのこと言いながらのろけてるねえ。しかしジャスティンはポップ部門では無視だけど、R&Bやラップ部門で受賞するというのは本人もまあ本望なんだろうな。カメラはWOWOWスタジオに戻って、またトッド・ラングレンがコメントしてるけど、さっきのリンゴのステージのバックで12弦アコギを弾いてた白髪のギタリスト、何とピーター・フランプトンだったんだね!

まだまだ授賞式は続く...
スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.