FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
2014年ビルボード誌年間チャート発表!

先日年間チャートの予想をアップしてたら、ほぼ同じタイミングで実は既に結果が発表されていたのにビックリ。例年年間チャートは12月第2週の土曜日にBillboard Music Awardのショーが行われて、そこで発表、というのが恒例だったのに、今年はどうもそういうことはやらないみたいですね。で、発表のタイミングも現地時間水曜日の夜には早々と出てしまったというわけ。

年間チャートのフルリストはここにアクセスすれば見ることができますが、そのうちトップ20を転載します。

2014 Billboard Hot 100 Year End Top 20

PharrellWilliams_Happy.jpg KatyPerry_Prism.jpg JohnLegend_LoveInTheFuture.jpg IggyAzalea_Fancy.jpg OneRepublic_Native.jpg 

 1. Happy - Pharrell Williams(最高位1位10週)

 2. Dark Horse - Katy Perry f/ Juicy J(最高位1位4週)

 3. All Of Me - John Legend(最高位1位3週)

 4. Fancy - Iggy Azalea f/ Charli XCX(最高位1位7週)

 5. Counting Stars - OneRepublic(最高位2位2週)

 6. Talk Dirty - Jason Derulo f/ 2 Chainz(最高位3位5週)

 7. Rude - MAGIC!(最高位1位6週)

 8. All About That Bass - Meghan Trainor(最高位1位8週)

 9. Problem - Ariana Grande f/ Iggy Azalea(最高位2位5週)

10. Stay With Me - Sam Smith(最高位2位2週)




11. Timber - Pitbull f/ Ke$ha(最高位1位3週)

12. Pompeii - Bastille(最高位5位)

13. Shake It Off - Taylor Swift(最高位1位4週)

14. Am I Wrong - Nico & Vinz(最高位4位)

15. Turn Down For What - DJ Snake & LIl Jon(最高位4位)

16. The Monster - Eminem f/ Rihanna(最高位1位4週)

17. Say Something - A Great Big World f/ Christina Aguilera(最高位4位)

18. Team - Lorde(最高位6位)

19. Let Her Go - Passenger(最高位5位)

20. Royals - Lorde(最高位1位9週、ただし集計期間中は1週)


で、先日の自分の予想と比較すると...うーんいきなり2位と3位が逆ではないか。トップ10中見事的中だったのは、1位のファレル、4位のイギー、5位のワンリパブリック(これはちょっと嬉しい)そして8位のメーガン・トレイナーの4曲。これは去年(2013)一昨年(2012)の予想の3曲に比べると成績は悪くないけど、トップ10内で順位はずれたが曲は当たった、というのが去年一昨年とも5曲だったのが、今年はわずかに3曲。トップ10の顔ぶれを当てきれなかったというやや残念な結果に終わりました。中でも誤算だったのが、自分では14位の予想だったアリアナ+イギーの「Problems」がなぜか9位とトップ10入りしていたこと。一方10位に予想していたDJスネイク+リル・ジョンの「Turn Down For What」は本番では15位。まあ毎年こういうずれは何曲かあるんですがね。ちなみに予想をちゃんとやり始めた2007年以降で最も成績が良かったのは2011年で、この年は見事1位~7位までずばり当てて、8位と9位の予想が逆だった。この時は気持ち良かったですね。

しかしこうして見るとやはり2014年の全米チャートは女性アーティストのパワーが際立った1年だったのがよく分かります。トップ10中5曲が女性、ということもあるのだけど、2014年のチャートイヤー(2013年12月〜2014年11月)52週のうち、実に26週は女性アーティストが1位を独占、特に9/6付でテイラー・スイフトが「Shake It Off」で初登場1位を決めて以来、今週に至るまで「Shake It Off」2週→メーガン・トレイナーAll About That Bass」8週→「Shake It Off」2週→テイラー連続1位の「Blank Space」現在4週目と、女性の天下は継続中。それよりも何よりも、今年は上記の9/6付チャートから11/29付チャートまで、実に13週間、Hot 100のトップ3を女性アーティストが独占(そのうち9/20〜11/1の7週間はトップ5を女性が独占)するという快挙を達成したのも凄かった。このトレンドを打ち破るのは、今週のHot 100で2位に迫ってきた、グラミー賞SOYと新人賞部門にもノミネートのアイルランドの新星、ホージャーの「Take Me To Church」か?期待は高まります。


さて年末、いろいろと企画も山盛りで、グラミー賞の予想もしなきゃいけないのですが、来週12/20にいつもの新橋King BeeさんでDJまたやらせて頂くことになったので、この時は今年の自分の年間アルバムトップ10から1曲ずつ、というのをやろうと思います。で、そのトップ10のアルバムの簡単なコメントと、当日のセトリをアップしようと思ってますので乞うご期待。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.