FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
新企画】新旧お宝アルバム!#2 「Bad Self Portraits」Lake Street Dive

#2「Bad Self Portraits」Lake Street Dive (Signature Sound, 2014)

先週からスタートしたこの「新旧お宝アルバム!」第2回の今回、「新」のアルバムの最初に選んだのは2004年にボストンで結成、現在はニューヨークのブルックリンをベースに活動する男女2x2の4人組、レイク・ストリート・ダイヴの昨年のアルバム「Bad Self Portraits」です。

LakeStreetDive_BadStreetPortrait.jpg

レイク・ストリート・ダイヴって誰?」そうですよね、日本ではアルバムが発売されてませんし、全米でもこのアルバムでブレイクしたばっかりなので、まずはバンドの紹介から始めなければいけません。

彼らのサウンドを一言で言うと、ジャズ的なフィーリングをベースに、モータウン、R&B、メインストリーム・ポップ、1970年的なクラシック・ロック、カントリー/ルーツ・ロックといった様々な要素を見事にミックスしたキャッチーな楽曲を聴かせる、とても歌唱と演奏能力の優れたバンド、ということになります。

何と言ってもボーカルのレイチェル・プライスの歌唱力は素晴らしいのですが、マライアセリーン・ディオンといったいわゆるメインストリームのポップ・ボーカリストとはちょっと違って、ハスキーな声質で随所にジャズ的なスタイルを見せながら、結構高度なボーカルテクニックを駆使して歌う、とても「カッコいい」女性ボーカリストです。彼女は過去ジャズ・ボーカリストとしてもアルバムを出しており、2003年にはモントルー・ジャズ・フェスティバルの国際ジャズ・ボーカル・コンテストで選外ですが特別賞を受賞した、実力派のシンガーなのです。

他のメンバーは、トランペットも吹くギタリストのマイク・”マクダック”・オルソン、アップライトベースがカッコいいベースのブリジット・カーニー嬢、ドラムのマイク・カラブリーズ。みんなボストンのニュー・イングランド音楽院で知り合った学友で、それぞれがクラシックの素養もあるミュージシャンの師弟で、曲も書き、ジャズにものめり込んだ時期もあったようですが、バンドとしては彼ら自身が慣れ親しんだポップ・ロック・R&B路線で行くことに決めたとのこと。

何しろ1曲めの「Bad Self Portrait」(出来の悪いセルフィー写真、とでもいいますか)からノリのいいサウンドとレイチェルのパワフルながら巧みなボーカルが炸裂するキャッチーなナンバーで、いきなり冒頭から引き込まれること請け合い。


続く「Stop Your Crying」はフォービートの中に一瞬ツービートが混ざるリズムの面白さとバンドのコーラスがレイチェルのボーカルをうまく引き立てるこれもとてもキャッチーな曲。

3曲めの「Better Than」はぐっとしっとりとした曲調ながら、ナッシュヴィルかメンフィスの小さなクラブで演奏しているかのような音響と雰囲気の、これも思わず聴き入ってしまう佳曲(マイクのトランペットもそういう雰囲気を盛り上げてます)。

といった感じでこのアルバム、順番に紹介していくと全曲解説したくなるような、ほぼ全ての楽曲のクオリティが高いのできりがないのです。

そんな中で一つ、レイチェルのボーカル以外に特筆すべきは、リズムの使い方と楽曲のアレンジの組み合わせの面白さ。

Stop Your Crying」のフォービートとツービートの組み合わせ以外にも「Better Than」ではフォービートの途中に一瞬3/4が入るのが曲の魅力になってます。

5曲めの「You Go Down Smooth」などは普通に聴くとモータウン・リズム(フィル・コリンズの「恋はあせらず」とかのあの感じです)なのですが、ブリッジ(サビ)が一小節ごとにボーカルは半音ずつ上がっていくのに対して、ベースは半音ずつ下がっていくというにくいアレンジ(ビートルズの「Got To Get You Into My Life」でのポールのベースラインをヒントにしているようです)だったりとか、とにかく彼らの楽曲には1960年代後半~1970年代の懐かしい楽曲を思わせる心地よさが満載で、体が自然に動き、気持ちよさのドーパミンがガンガンに放出されるのを感じるのです。

Lake Street Dive - Bad Self Portraits (back)

彼らはこのアルバム以前にも2007年からインディーでEPをリリースしたり、いろんなフェスに参加したりして、草の根人気を全米では築きつつあるようで、それが今回のこのアルバムのビルボード誌アルバムチャートでの初めての上位ランキング(18位)といったブレイクに繋がっているようです。

私がこのバンドを知ったのは、現在アメリカ留学中の娘が現地でSpotifyで聴いて気に入っている、というので教えてもらったのがきっかけ。

日本では全く聴いたことがなく、先日ピーター・バラカンさんのイベントにお邪魔した際にリクエストしてかけて頂いた時も、ピーターさんも「知らないバンド」と言われてましたので、娘から教えられなければこのバンドを知ることもなかったかも。

そう考えるとこれだけ良質のバンドが全く日本で知られないのは本当にもったいない。彼らのサウンドは前述のように、70年代に洋楽に親しんだリスナーの皆さんの琴線に触れる魅力満載ですから、「最近のバンドにはいいのがいない」などと仰っているベテラン洋楽ファンの皆さんにはこの機会に彼らの作品に触れてみてはいかがでしょうか?

彼らのパフォーマンスはYouTubeに多くの映像がアップされていますが、このアルバムの楽曲の他に、彼らが2012年にボストンの街角でニューオーリンズ・ジャズ風にアレンジして演奏したジャクソン5の「I Want You Back」やアパートの一室でこれもジャズっぽくアレンジしたホール&オーツの「Rich Girl」など、いろんなカバー曲をとてもクールにやっている映像も多く上がっています。オリジナルの楽曲もさることながらこういうカバーの出来の素晴らしさも、彼らのミュージシャンとしての質の高さを物語っていると思います。

今の私の願いは、アメリカのライブハウスか小ぶりのシアターで、彼らのライブを観ること、そして可能であれば彼らをミュージック・フェスなどで日本に呼んで、一人でも多くの人に彼らの素晴らしい演奏を聴いてもらうようなお手伝いをすること。そんなことを思わせてくれるアーティストに巡りあわせてくれた娘にはホントに感謝してます。

<チャートデータ>

ビルボード誌全米アルバムチャート最高位18位(2014.3.8)

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.