FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
■54thグラミー生ブログ #3〜ラップ部門発表
Fergie&MarcPresenting.jpgさあ、次はファーギーマーク・アンソニーが登場、ラップ部門の発表。僕の予想では、ジェイZカニエの「Otis」だけど...おお、やっぱりこれが取ったか。でも二人ともどうも今日は来てないみたいだなあ。カニエアデルナイトになることを予想して来場を避けたかなあ。結構気の小さいやつだからなあ。続いてカントリーの大御所、リバ・マッキンタイアが登場して、去年のカントリー・イベント・オブ・ザ・イヤーとして去年秋のCMAで受賞した、ジェイソン・アルディーンケリクラの「Don't You Wanna Stay」を紹介。ちょうどCMAのアウォードでもやったのと全く同じようなステージ構成で二人がデュエットしてるけど、ケリクラの方はなんか声が出てない感じ。特に高い方の音が。でもジェイソン君、晴れの大舞台だろうからめちゃくちゃ緊張しただろうけど、堂々とやったね。偉い偉い。

カメラはまたジョン・カビラ滝川クリステルのスタジオに戻ったけど、登場した「現地のエJason&KellyDueting.jpgンターテインメント・ジャーナリスト」のアメリカ人のおねえさん、何でこんなに日本語ぺらぺらなの?何か変な感じ。ところでそこでジョン・カビラが、カニエがラップ部門軒並み押さえたみたいなこと言ってるけど、どうなんだろう。ちゃんとフリップで見せてくれよう。あと、フーファイもロック・ソング、ロック・アルバム、ハードロック・メタルを受賞したらしいな。これも確認しなきゃ。おお、そういってたらフーファイのパフォーマンスが始まりそう。カメラは会場に行って、ジャック・ブラックが登場してフーファイを紹介。曲はグラミーを既に取ったという「Walk」。どうやら屋外特設会場のようで、大テントを張ったスペースでセレブやミュージシャンではなく、ふつーのファンが飛び跳ねながら観てるね。いいなあ、僕もあそこに行きたい!フーファイも今度来たら絶対見に行こう。おお、デイヴ・グロールも髪の毛振り乱して、歌う歌う、ギター弾く弾く、叫ぶ叫ぶ!

...しかし、カメラがスタジオに帰って、ジョン・カビラが叫ぶのはいいが、このアメリカ人のおねえさんが「テンションタカーイ!」とか叫んでるけど何者やこの人。(つづk)
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.