FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
追悼ポール・カントナー〜さらば、宇宙船の基幹操縦士〜
 下記は先ほどFacebookにアップしたもの。備忘録として自分のブログにもアップしておくことにしました。今年はホントに重い訃報が多くて気が重い。まだ1月だというのにね。

2016年の訃報ラッシュ、今度はJefferson Airplane/Jefferson Starshipのギタリストで創設メンバーの一人、ポール・カントナーが逝ってしまった。これもボウイグレン・フライ同様、大きく一つのロックの世紀の終わりを象徴する事件だと思う。心よりご冥福をお祈りする。

paul-kantner-jefferson-airplane-billboard-650.jpg 

当然自分は1967年の「Summer Of Love」も、1969年のウッドストックも、まだ神秘的でスリムな美人ボーカルだったグレイス・スリックが歌う「Somebody To Love(あなただけを)」がヒットした頃のジェファーソン・エアプレインを知るわけはない。でも洋楽を聴き始めた頃から、ラジオで60年代末から70年代初頭にかけてのロックが文化的パワーを噴出させた時代を取り上げる時、必ずジャニスジミヘンと一緒にあのグレイスのパワフルなボーカルを聴いていたので、あの曲は耳にとても馴染んでいる。

そこで出会ったのがトップ40と、そこで何と飛行機から宇宙船にグレードアップした彼らがヒットさせていた「Miracles」「With Your Love」といったマーティ・バリンの曲。そして名盤『Earth』のヒットでジェファーソン・スターシップは僕と同時代のロック・バンドとして生き生きと活動していた。そこでいつも黙々とギターを弾いていたのがポール・カントナーだった。


JeffersonStarship Earth

ポールはもっとブルースなロックをやりたかったジャック・キャサディヨーマ・コーコネンエアプレインを抜けてホット・ツナを結成したことで飛行機が宇宙船になった時も、1978年に創設同志のマーティ・バリンが抜けてミッキー・トーマスに変わって、サウンドが次第次第にシンセロックっぽくなっていった時も宇宙船の基幹操縦士であり続けたのだけど、ミッキーグレイスが次第にバンド・コントロールを取るようになり、ついに1984年のアルバム『Nuclear Future』を最後に宇宙船離脱。

その後実は全く知らなかったのだが、1990年頃にはグレースクレイグ・チャキーソ(かつてポールが宇宙船にグレードアップする時にスカウトしたギタリスト)ら宇宙船のオリジナル・メンバー全員が脱退してミッキー・トーマス・バンドとなってしまったスターシップをよそに、ポールは1992年に宇宙船を再結成して基幹操縦士となっていたのだ。まるで『フォースの覚醒』でミレニアム・ファルコン号で華々しく再登場するハン・ソロのようではないか。彼は昔の盟友、ジャック・キャサディパパ・ジョン・クリーチ(惜しくも1994年に没)に若いメンバーを加えて2枚のオリジナルアルバムの他5枚ものライブアルバムをリリースしていたらしいのだ。

JeffersonStarship-DeepSpaceVirginSky.pngJeffersonStarship-WindowOfHeaven.jpgJeffersonStarship-TreeOfLiberty.jpg

その2枚のオリジナルアルバム(上の右2枚)と、ライブも是非聴いてみようと思っている。最後まで、宇宙船の基幹操縦士として本来あるべき、そして僕が70年代後半〜80年代初頭にかけて親しんだ同時代のあのロック・バンドを操縦し続けようとしたポールの最後のレガシーをちゃんと受け止めるために。

R.I.P., Paul - you're definitely one of the rock's heroes and we all thank you for your accomplishments as the chief pilot of Jefferson Starship.


ビルボード誌のポール・カントナー訃報記事はここから読めます(英語)。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.