FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
■恒例企画:54thグラミー賞予想〜#4(ラップ部門)
皆さんおはようございます。いよいよグラミー授賞式前日、今日はラップ部門から行きます。


14.最優秀ラップパフォーマンス部門

  Look At Me Now - Chris Brown, Lil Wayne & Busta Rhymes
◎ Otis - Jay-Z & Kanye West
  The Show Goes On - Lupe Fiasco
○ Moment 4 Life - Nicki Minaj & Drake
× Black And Yellow - Wiz Khalifa

JayZKanye_Otis.jpgこの部門もご多分に漏れず、ソロ部門とデュオ・グループ部門の統合で、一本の部門になってすっきりしたのは事実。ただ今年のノミネーションになぜかリル・ウェインのソロが入っておらず、それよりも可哀想なのは「Give Me Everything」があんなに大ヒットしたピットブルがどこにも影も形もないということ!で、クリス・ブラウンの曲をこの部門にノミネートするなんてグラミーも興ざめなことやるねえ。今回グラミー全体いい方向に向かってるとは思うけどやはりこういう理解不可能なことするから音楽ファンから信用されないんだって。で、気を取り直してこの部門は去年も書いたけど、ジェイZ、カニエ、エミネム、T.I.の独壇場部門なので、どう考えてもジェイZ+カニエの「Otis」が本命◎の横綱相撲だよね。対抗○は迷ったけど、今勢いのある二人、ニッキー・ミナージ+ドレイクの曲に付けました。穴×だけど、去年の今頃だったらスティーラーズのスーパーボウル出場でノリに乗ってたはずのウィズ・カリファBlack And Yellow」。今年のスーパーボウルの最後5分間のNYジャイアンツの大逆転と逃げ切りは見事でした。(関係ないか)

15.最優秀ラップ/歌唱コラボレーション部門

  Party - Beyonce & Andre 3000
  I'm On One - DJ Khaled, Drake, Rick Ross & Lil Wayne
◎ I Need A Doctor - Dr. Dre, Eminem & Skylar Grey
× What's My Name? - Rihanna & Drake
  Motivation - Kelly Rowland & Lil Wayne
○ All Of The Lights - Kanye West, Rihanna, Kid Cudi & Fergie

DrDreEminem_INeedADoctor.jpgこの部門は6組ノミネートされてることでも判るようにかなりの混戦模様。印は付けてないけど、DJカレドの「I'm On One」にしたって2011年を代表するラップ・チューンの一つであることは間違いないし。でそんな中、この部門これまで何度もノミネートされていながら一度も受賞がないエミネムのからんだ、Dr.ドレスカイラー・グレイの「I Need A Doctor」に本命◎を付けました。昨年のグラミーで実際にパフォーマンスがあったこの曲、このノミネーションの中では多分最大のヒット曲で、この部門が例年何だかんだ言いながらその年一番流行った曲に贈られてることを考えるとこのあたりが妥当かと。対抗○は今回最多の7部門ノミネートのカニエ・ウェスト。穴×としてはそろそろ何かでグラミー取らせて上げたいドレイクリアーナのコラボでどうでしょうか。

16.最優秀ラップソング部門(作者に与えられる賞)

◎ All Of The Lights - Kanye West, Rihanna, Kid Cudi & Fergie (Jeff Bhasker, Stacy Ferguson, Malik Jones, Warren Trotter & Kanye West) 
  Black And Yellow - Wiz Khalifa (Mikkel Eriksen, Tor Erik Hermansen & Cameron Thomaz)
× I Need A Doctor - Dr. Dre, Eminem & Skylar Grey (Andre Young, Marshall Mathers III, Alexander Grant & Skylar Grey)
  Look At Me Now - Chris Brown, Lil Wayne & Busta Rhymes (Jean Baptiste, Chris Brown, Ryan Buendia, Trevor Smith, Dwayne Carter, Jr., Wesley Pentz & Nick Van De Wall)
○ Otis - Jay-Z & Kanye West (Shawn Carter & Kanye West <James Brown, Jimmy Campbell, Reg Connelly, Roy Hammond, J. Roach, Kirk Robinson & Harry Woods>)
  The Show Goes On - Lupe Fiasco (Dustin William Brower, Jonathon Keith Brown, Daniel Johnson, Wasalu Muhammad Jaco <Isaac Brock, Dann Gallucci & Eric Judy>)

KanyeWest_AllOfTheLights.jpgちなみに<>内のソングライター達は、サンプリングトラック曲のソングライター達です。さてううむ、この部門も今年はムズイ。大勢としては、カニエジェイZ+カニエドレ+エミネムがっぷり四つに組んだ状態でまあどれが取ってもおかしくないところ。残念ながらルーペ・フィアスコウィズ・カリファの出る幕ではないという感じ。そしてこのうちカニエジェイZ+カニエの激突は、ラップ・アルバム部門をどちらの組が取るかとも微妙に関わり合ってくる。まあカニエにしてみればどっちに転んでも受賞だからウハウハものですが。で、僕の予想は、アルバムはジェイZ+カニエのコラボ作が受賞して、ソングはカニエのソロが取る、というもの。従って本命◎は「All Of The Lights」、対抗○「Otis」となります。ドレ+エミネムのこの曲も世が世なら充分ソング部門受賞レベルだと思うんですが今回は×。

17.最優秀ラップアルバム部門

JayZ&KanyeWest_WatchTheThrone.jpgLilWayne_ThaCarterIV.jpgLupeFiasco_Lasers.jpgNickiMinaj_PinkFriday.jpgKanyeWest_MyBeautifulDarkTwistedFantasy.jpg

◎ Watch The Throne - Jay-Z & Kanye West
× Tha Carter IV - Lil Wayne
  Lasers - Lupe Fiasco
  Pink Friday - Nicki Minaj
○ My Beautiful Dark Twisted Fantasy - Kanye West

ということでラップアルバムは本命◎「Watch The Throne」で、対抗○はカニエのソロ、という予想。しかしリル・ウェインもタイミングが悪いというか、可哀想というか、今年『Born This Way』『Speak Now』に次ぐ3番目の週間売上記錄(9/17の週に964,000枚)を達成した2011年を代表するヒット作Tha Carter IV』が該当ジャンルアルバム部門で穴×だからなあ。こうしてみると何だかんだ言いながら2005年の『The College Dropout』以降のラップシーンをいろんな意味で引っ張ってきたのがカニエであり、今回はその一つ集大成みたいな感があって感慨深いものがあるね。で、来年の話をすると鬼が笑うけど、来年のこの部門は対象期間後にリリースされて今回ノミネートされてないけど各音楽誌の評価も極めて高く、僕も個人的に大いに気に入ってるドレイクの『Take Care』と去年のこの時期もう出る、といいながらトラブルでリリースが伸びているドレの『Detox』の一騎打ちのような気がするなあ。楽しみ楽しみ

引き続きカントリー部門に突入します。(つづく)
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.