FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
第55回グラミー賞生ブログ #2
Tim&Faith.jpgさて今スタジオではビルボード誌のR&B主管の女性編集者を迎えていろいろコメントしてます。さて次はマムフォード&サンズのパフォーマンスみたいだな。さて次はもうSOYの発表らしい。プレゼンターはティム・マグローフェイス・ヒルの夫婦。さあエド取るか?ああああああ、何とファンWe Are Young」?うーん、これで今年の予想は全てグシャグシャです。みなさん、もう予想は気にせず楽しみましょう(涙)。うーん結局エド・シーランがノミネートされた意味は何だったの?せっかくエルトンともいい共演したのになあ。しかしこうなると、ファンがSOY取ったってことは下手するとROYもファンが取っちゃうなあ。僕の「ファン主要部門ボウズ説」は既に瓦解してしまった。あああ...

ショックの余韻が消えぬまま登場したのは長髪のジョニー・デップ。紹介するのはマムフォード&サンズのパフォーマンス。曲は「I Will Wait」という無難な選曲で手堅い演奏。うーーんこいつらいいけどおもしろみが今一なあ。スタジオではえらいマムフォードのこと褒めてるねえ。おお、次は久々のグラミーステージにカムバックのジャスティン・ティンバーレイクのパフォーマンスらしい。楽しみ楽しみ。しきりにサプライズと言ってるけど何か趣向があるのかな。

JustinPerforms.jpgおお客席にはジェイZが。ステージにはプレゼンターでエレン・ディジェネレスビヨンセが。さあこの二人がジャスティンの紹介して、おっと全員スタンディング・オベーションだよ。登場したジャスティンは曲のタイトルどおり「Suit & Tie」でビチッと決めて1940年代ビッグバンド風セットと、曲のアレンジもそれ風にしたものをパフォーマンス。なかなかさすがに絵になるね。おっと突然ブレイクで客席からジェイZ登場。さっきの彼へのカメラ振りはこの前振りだったのか。よく考えたらこの二人、この曲でコラボってたの忘れてた。おっと今度はバンドの後ろのカーテンがあいて、オーケストラが登場。続いて2曲目「Pusher Love Girl」もややレトロな曲調のでもR&Bメインストリームびんびんのスモーキー・ロビンソンもかくやあらんという感じの、ファルセット・ボーカJustin+Jayz.jpgル使いまくりのミディアムテンポながらなかなかカッコいい曲。新作の曲なんだろうな。うーん、今日の出演者のパフォーマンスの中で一番できがよかったかも。拍手拍手。ところでプレゼンターはケリー・ローランドナズが登場。最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム部門だからここはフランク・オーシャンが取るでしょう!YES!やっと取ってくれたよ。さっきミゲルがパフォーマンスしてたから一瞬不安だったけど。青いスタンドカラーのスーツで登場したフランク、手短に喜びの言葉を述べてよかったね。さあこれでROYにもちょっと期待が出てきたかな。

(つづく)
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.