FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
【Boonzzy Grammy 2019】2年ぶりにやります。グラミー生ブログ #6
 さて続いてはホストのアリシアのパフォーマンス。いきなり2台のピアノを平行に置いて2台のピアノを一人連弾で演奏しながら、アリシアがお気に入りの曲をメドレーで演奏するという「Songs I Wish I'd Written(私が書きたかった曲たち)」というなかなか素敵なパフォーマンス。歴代のグラミー受賞曲である「Killing Me Softly With His Songs」、ナタリー・コールの「Unforgettable」、コールドプレイの「Clocks」、キングス・オブ・リオンUse Somebody」、ローリン・ヒルDoo Wop (That Thing)」、そして自らのジェイZとのデュエット「Empire State Of Mind」などが次々にアリシアの素晴らしい歌で聞けるということで観衆もやんやの喝采。でもその中に、去年の大ヒットで新人賞にもノミネートされるべきだったと思う(でもガン無視された)ジュースWRLD「Lucid Dreams」ドレイクの今回ノミネートはされなかった去年の大ヒット「In My Feelings」を混ぜるあたりにはアリシアの主張というか、矜持を強く感じる構成だったなあ。あ、一番よかったのは「Boo'd Up」をやった時、客席でエラ・メイちゃんが「OMG!」と小躍りしていたところ。いや可愛かったね。
Alicia Medley 

続いてパフォーマンスしたのはカントリーの若手デュオ、ダン+シェイの「Tequila」。既にこの曲でカントリー・デュオ・グループ部門を、あの「Meant To Be」を抑えて受賞してるこの二人、あのアリシアの素晴らしいパフォーマンスの後ではちょっと気の毒かな、と思ったけど、曲のフィニッシュでは素晴らしい声量で締めくくって喝采を浴びてました。
Dan_Shay.jpg 

続いてそのダン+シェイが発表する最優秀ラップ・パフォーマンス部門うちの息子は「Sicko Mode」しかないじゃん、って言ってて、トラヴィスが取るとすごいなあ、と思ってたんだけど、当然というか順当というかドレイクの「God's Plan」が受賞。珍しくドレイク本人が登場して受賞してたけど、その受賞スピーチがなかなか素晴らしかった。「これは俺も何回目かの受賞でありがたいんだけど、我々音楽パフォーマー達ってのはこういった賞を取らなくても、ヒューストン出身のブラザーも(これは明らかにトラヴィス・スコットを指してる)、NY出身のイケてるスパニッシュ・ガールも(カーディBか?)、演奏して歌ってる歌を、雨や雪の中を大変な思いをしながら仕事をして金を稼いでいるファン達がそうして稼いだお金を使って我々のパフォーマンスを見に来てくれて、我々の歌を一言一句歌ってくれる、それだけで、我々パフォーマーはみんな賞をもらってるみたいなもんなんだぜ!
Drake Grammy 

こういうメッセージをちゃんと発信するのが受賞者の役目だと思うな。
スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.