FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
■2011年6月〜7月トップ40ヒットレビュー(meantimeのbreakout企画との連動)Part 3.
ちょっと間が空いてしまいました。ということで残りの12曲、一気にアップしてしまいましょう。チャートデータは前回から更新して、9/17付チャートまでのデータです。

■ June / July 2011 New Top 40 Hits Mini Review - Part 2.

Maroon5&Aguilera_MovesLikeJagger.jpg21. Moves Like Jagger▲ - Maroon 5 Featuring Christina Aguilera (2011/7/9, #1, 2011/9/10, 11*, 8*)
まずタイトルが気にくわない。更に、アメ・アドの向こうを張るNBCの番組「The Voice」のコーチ役になぜアダム・レヴィンが混じってるのかも理解不能。アギレラはカメオ的にしか登場しないこの曲、とても退屈なんだけど。一回「The Voice」で演奏されていきなり8位に初登場した後急降下してたんだけど、MTVミュージック・アウォードでの演奏を受けていきなりVターンで1位になってしまった。グループ+ソロのNo.1ヒットということでは1999年のサンタナ+ロブ・トーマスの「Smooth」以来の記録なんだけどね。

BritneySpears_FemmeFatale.jpg22. I Wanna Go - Britney Spears (2011/7/9, #7, 2011/8/20, 12*, 11*)
ケイティー・ペリーはラジオで流れてくるとすぐそれと判るのに、ブリのこの曲はそこらのB級ユーロビート・シンガーの曲と何ら変わることなし。きっとPVがいいんだろうが、わざわざ見てみようという気も起こらない。同じユーロビート系でも「Womanizer」あたりが山だったかな。そういえば息子に「Moves Like Jagger」にアギレラがフィーチャーされている、って言ったら「ああ、あの派手なオバハンね」だと!ブリはどう見えてるんだろう、彼には。

JavierColon_StichByStich.jpg23. Stich By Stich - Javier Colon (2011/7/16, #17, 2011/7/16, 2, 1)
そのマルーン5アダムアギレラがコーチ役やっているNBCテレビのリアリティ・ショー「The Voice」の初代優勝者がこのハヴィアー・コロン君。歌は確かにうまい。でも曲は結構普通。あんまり王道で普通すぎて彼でなくても、この曲でなくてもよかったんじゃない?という感じ。彼が放送で歌ったというコールドプレイの「Fix You」を聴いてみたいもんだが。


DiaFrampton_InventingShadows.jpg24. Inventing Shadows - Dia Frampton (2011/7/16, #20, 2011/7/16, 1, 1)
その「The Voice」で準優勝だったダイア・フランプトン嬢。うまい歌ではないが、発声や節回しに特徴があって(嫁さん曰く「Taylor Swiftと発声が似てる」)ちょっとコケティッシュな魅力のあるシンガー。曲もアデルとかの線で魅力的だと思う。ユタ出身の彼女、何でもお姉さんのメグメグ&ダイアというバンドでやってきたのだけど、この「The Voice」でブレイクを狙って出場、見事準優勝ということらしい。次のステップが気になるシンガー。

Beyonce_4.jpg25. Best Thing I Never Had● - Beyonce (2011/7/16, #16, 2011/8/13, 14*, 10*)
ビヨンセ久々の渾身の一作、中でもレーベルがシングル指定してきた勝負曲、のはずなんだけど、何故か僕の右の耳から左の耳へと抜けていってしまうのはなぜ?やはりグリーで聴いたシャリースの「Listen」(娘がこれをカラオケで歌ってるらしい。一回聴いてみたいもんだ)のカバーがまだ耳に残りすぎているのかもしれない。



JakeOwen_BarefootBlueJeanNight.jpg26. Barefoot Blue Jean Night - Jake Owen (2011/7/16, #21*, 2011/9/17*, 19*, 10*)

フロリダ出身のカントリーシンガー初のトップ40ヒット。そして彼にとって初のカントリーNo.1となったまあ彼に取っては記念すべきヒット曲。曲の内容はバーベキューとビールとTシャツとブルージーンズと、ちょっといい女の子。週末の野外バーベキューのBGMとしてはいいかもしれない。でももう夏も終わるしなあ。


SelenaGomez&Scene_WhenTheSunGoesDown.jpg27. Love You Like A Love Song● - Selena Gomez & The Scene (2011/7/23, #35, 2011/7/23, 11*, 2)

ディズニーから出てきたアイドル、セリーナ・ゴメスザ・シーン名義での5曲目のトップ40ヒット。なーんていうことない曲なんだけど、あの「ビビビビビ」ってところが妙に耳に残って、知らない間に口ずさんでいる自分がいる。うーむ侮れない。

KennyChesney_HemingwaysWhiskey.jpg28. You And Tequila● - Kenny Chesney Featuring Grace Potter (2011/7/23, #33, 2011/8/6 & 20-9/10, 15*, 9*)
今やカントリー界の若頭、ケニチェズに寄り添うように、先ほど自分のバンド、Nocturnalsを率いた力強いリーダーアルバムを出したグレイス・ポッターがフィーチャーされたミッドテンポのしんみり系カントリー・チューン。グレースがサポートに徹して、ただひたすらケニチェズの「男っぽさ」が滲む秋にふさわしい佳曲。いいねえ。

ChrisYoung_Tomorrow.jpg29. Tomorrow● - Chris Young (2011/7/23, #36, 2011/7/20-8/6, 21*, 3)
恋のかけひき」のハミルトン・ジョー・フランク&レイノルズのボーカルやってたの?という感じの(こんなもん判る奴の方が少ないだろ)ディープボイスのカントリーシンガー、クリス・ヤング。うーん、まあ悪くないんだが、いわゆるどこにでもあるカントリーチューンということで。一応8/6付カントリー・シングルチャートで1週首位を獲得してます。彼に取っては4曲目のカントリーNo.1。


DemiLovato_Skyscraper.jpg30. Skyscraper - Demi Lovato (2011/7/30, #10, 2011/7/30, 8*, 1)

何やらちょっと大人っぽくなった感じのあるこちらもディズニー出身のアイドル、デミ・ロヴァートの新作からのリードオフ・シングル。いきなり10位に初登場してびっくりしたが、次の週に51位にダウンするという派手なチャートアクションでした。


FosterThePeople_Torches.jpg31. Pumped Up Kicks▲ - Foster The People (2011/7/30, #3*, 2011/9/10-17*, 19*, 8*)

オルタナ・ロック・チャートで5週1位に輝いた、カリフォルニア出身のインディー・ポップ3人組のデビューシングル。今風のインディーで、明らかに東のブルックリン・サウンドを意識したサウンド作りだが、なかなか趣味のいい音処理とシンプルなビートで聴けば聴くほど癖になる一曲。UKでは携帯のCMに使われているらしい。いかにもそーいう感じの今風の曲で、結構今年を代表する一曲になるかもしれない。

NicoleScherzinger_RightThere.jpg32. Right There - Nicole Scherzinger Featuring 50 Cent (2011/7/30, #39, 2011/7/30-8/6, 12*, 2)

プッシーキャット・ドールズニコールが何と50セントとコラボした話題作だけど、50セントの使いが何か中途半端で、楽曲が立ってないなあ、というのが正直な印象。ニコール自身がPCD以降の自分のシーンにおけるポジションを確立できていないのも痛い。でもこの曲、UKでは堂々3位の大ヒット。今こういうクラブ系の音はUKがメインストリームなのかも。

ということでやっと今年6月〜7月にビルボードのHot 100のトップ40に入った曲をさらってみました。meantimeのbreakoutの結果はもうサイトにアップされているようなので、そっちと見比べてもらうのもいいかもしれません。と言ってる間に次の8月〜9月のブレイクアウトも始まるなあ。じゃあまた。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.