FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
今年も行きます、グラミー生ブログ#8 〜第62回グラミー賞授賞式〜
 さて今はIn Memoriumのセクションで、過去1年になくなった音楽業界関係者が順番に追悼されてます。ニプシーでスタートしたこのリスト、改めて見ると本当に昔から名前や作品に親しんだアーティスト達の名前が次々に出てきて、本当に去年は多くの重要な人たちを失った年だったんだなあ、と実感します。中でもジュースWRLDや、バスビーなどまだまだ若い人たちが亡くなってのは胸に刺さりますね。そしてリストの最後はニュー・オーリンズ・レジェンドのDr.ジョンの写真で、それをバックに、ニューオーリンズ・ミュージックの今を支える、トロンボーン・ショーティザ・プリザヴェーション・ジャズ・バンドの面々が「Didn't He Ramble」を、さながらニュー・オーリンズ伝統のセカンド・ラインとして物故者達を葬送する時のパフォーマンスを模して、軽快にセグメントを締めてくれました。こういうのってしんみりしてなくていいなあ
In Memorium
さてステージでは司会のアリシアと、去年の新人賞受賞者、デュア・リパが登場して、いよいよ残りの主要部門のうち、新人賞部門を発表。さて、ビリーが難なくさらっていくか、それともここで番狂わせが出るのか?ああやっぱりそうだよね。ここは順当にビリーががっつり取って行きました。客席でほほえみながら拍手するマギー・ロジャース、「今年じゃなければなあ」と思ってるんじゃないかなあ(笑)。受賞スピーチで今度はビリーは「今日はあんまり話に出てないんだけど、ここに自分も含めてみんながいるのはファンのおかげなのでファンに感謝したい」と、優等生的なコメント。この子ほんとに18歳かなあ、ほんとに堂々としてる。
Billie Eilish New Artist Acceptance
さて次は、今回を最後にグラミー授賞式のプロデューサーを引退することを表明しているケン・エーリックに対して送られた功労賞について、ジョン・レジェンドが登場してスピーチ。しかしここまでデボラ問題については誰一人、明確にはコメントしてないなあ。やっぱり事前に箝口令が敷かれてるのかしら。ステージではこれまでケンがプロデュースしてきた過去のグラミー賞イベントのトリビュートとして、カミラ・カベロ、シンディ・ローパー、ベン・プラット、コモン、クラシカル・ピアノのランラン、そしてゲイリー・クラークJrらが次々に登場してあの映画『Fame』からの曲を歌い、演奏し、踊るというパフォーマンスが。何で『Fame』の曲なのか、なぜケンだけのためにこれだけのフルのセグメントがあるのか、ちょっと?な部分は残るけどね。
Fame Performance
さて以前のグラミーMCだったLLクールJが登場して、最優秀アルバム部門の発表。僕の予想はボン・イヴェールだけど、ヴァンパイアでもラナでもハッピーです。ああああ、でもやっぱここでもビリーが取っちゃったかあ。いやいやしかしこうなると、クリストファー・クロス以来の4部門制覇、行っちゃうなあ
そしていよいよ最後のレコード・オブ・ジ・イヤーの発表。逆にこうなるとここでビリーが取れなかったらビックリだけど、この際リル・ナズでも許す!ってな雰囲気になってきたな(笑)。ああああ、でもやっぱり今年はビリーズ・ナイトだったなあ、やっぱり「Bad Guy」が取っちゃったよ。さすがにビリーフィニアスの二人とも、絶句しちゃって、スピーチも「Thank You!」だけ、というのが二人の心情を表してるなあ。ここまできれいに全部いっちゃってくれるとまあ逆に気持ちいいというか。でもやっぱりロック勢にもう少し頑張って欲しかったなあ
Billie Eilish ROY Acceptance
あれ?だいたいいつもは最後にオールスターのクロージング・パフォーマンスがあるはずなんだけど今回はないのかな。WOWOWの中継はもう会場の外を写しながら現地レポーターの山Pのレポートになっちゃった。いやいや何だか拍子抜けしてしまいましたが、こうなると先日発表されたビリーの9月の単独来日公演はかなり盛り上がるし、この受賞でギャラも上がっちゃうから、フジロックのブッキングは難しくなったかなあ。いずれにしても後ほど、今年のグラミーの振り返りをまとめてお届けします。まずはこのグラミー生ブログ、お付き合い頂きありがとうございました。
スポンサーサイト



テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.