FC2ブログ
Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生
洋楽全般について、英米ヒット・チャートに登場有無に関係なく、お気に入りの洋楽作品についての独り言やコメントをつれづれに掲載します。「新旧お宝アルバム!」「恒例グラミー賞大予想」など定期コラムが中心です。洋楽 ファンサイト、meantime(www.meantime-jp.com)のスピンオフ企画としてお楽しみ下さい。
■Hot 100コメント(2011/5/28付)
ふー。今週は仕事がとってもヘヴィーな一週間だった。最後の木金は異様な暑さだし。しかし地下鉄は節電モードのためか軒並み弱冷房状態なんでスーツ着て乗ってると既に体中べとべとになる。これでは夏が思いやられるな。先週から会社はクールビズにしたけど、お客様商売だからスーツは手放せないしね。ところで長門裕之さんが他界されたとのこと。しばらく前に奥様の南田洋子さんの看病本を本屋で立ち読みしたのだけど、最初の10ページくらい読んで、彼の奥様への愛情の凄さと状況の凄惨さにぼろぼろになりそうでやめた覚えがある。今頃は夫婦仲良く天国で過ごしていることを祈って、合掌

LonelyIsland_Turtleneck&Chain.jpgさて今週(5/28付)のHot 100ですが、今週もトップはアデルの「Rolling In The Deep」ががっちり2週目の首位をキープ。アルバム『21』も同じく首位キープで通算8週目の1位。これは2009年のテイラー・スイフトFearless』の通算11週1位以来の長期政権。今週はNBCの人気番組『Saturday Night Live』の中で人気コメディアンアダム・サンバーグを中心とする3人組でミュージシャンを交えてのスキットから人気の出たThe Lonely Islandのアルバム『Turtle Neck & Chain』が初登場でアデルを倒して1位を取るのでは?という観測もあったのだけど、彼らは3位初登場に終わってます。このThe Lonely Islandのスキットで過去一番笑ったのは、ジャスティン・ティンバレイクをゲストに迎えて、アダムジャスティンが殆ど素っ裸で腰の前に箱を抱えて踊りながら歌う「Dick In The Box」というやつ。(英語の分かる人、大いに笑って下さい。女性の方、失礼しました。)

LadyGaga_EdgeOfGlory.jpg今週のトップ10で何といっても話題は、いきなり3位に初登場してきたガガ様の新曲「The Edge Of Glory」。こちら、UKの方でも今週6位に初登場と、いきなり英米で大ヒットですが、来週月曜日発売の新作アルバム『Born This Way』からの新曲です。相変わらずのエレクトロ・ポップの曲調で、もう王道を行く感じのこれぞガガのヒット曲!という貫禄たっぷりの楽曲なので、おそらく1位は堅いところではないかと。これ以外では案の定元気よくアップしてきたピットブルの新曲「Give Me Everything」が8位→4位と躍進している以外は星なし状態のトップ10でした。ちなみに今週UKでは全米では7位のブルーノ・マーズの「The Lazy Song」が見事1位に輝いてます。

EnriqueIglesias_DirtyDancer.jpg今週のHot 100 初登場曲でガガ様に次いで上位に入ってきたのが、最近めっきりアッパー系で攻めてきているエンリケ・イグレシアス+アッシャー+リル・ウェインという派手な組み合わせの「Dirty Dancer」が18位初登場。この曲、もともとアッシャーのアルバム『Raymond v. Raymond』でアッシャーエンリケをフィーチャーして収録していた曲を今回エンリケがメインで、リル・ウェインを加えてリローンチしたもの。期待に違わずクラブユースばんばんの曲調なんですが、別にエンリケがやる必要あるのかしらん、と思うくらいのマスプロ的な楽曲ですな。ガガの最初のアルバムや、エンリケのこの前のピットブルとの「I Like It」、今ヒット中のジェニロペ+ピットブルの「On The Floor」もやってるRedOneのプロデュースなので、この辺知ってる人ははっきりいって音聴く必要もないくらい。ついで29位に初登場で入ってきたのは、やっぱり来たねえ、という感じで『Glee』の最新エピソードから、アデルの現在のNo.1ヒット「Rolling In The Deep」のカバー。オリジナルとはちょっと雰囲気を変えて完全アカペラで聴かす当たりが考えたなあ、という感じ。グリー関係は今週調子良くって、34位にも「Friday」が初登場。この曲は、レベッカ・ブラックというカリフォルニアの13歳の女の子がプロデビューを目指して歌い、プロモビデオを作ったところこれがYouTubeで何と1億4100万ビューを獲得して一代ポップ・カルチャー・イベントとなったというもの。この曲については音楽評論家が酷評したこともあってYouTube上でも280万人ものビューワーが「嫌い」と表示したという曰く付きの曲で、オリジナルバージョンはこの間Hot100に入ったものの、最高位58位(4/9付)止まりだったわけだから、グリーのバージョンがオリジナルを超えたというわけ。でも結構ポップでいい曲だと思うんだけど。

StevenTyler_ItFeelsSoGood.jpg今週もう一曲トップ40内初登場は、何とエアロスミスと袂を分かったのではないかとのもっぱらの評判のスティーヴン・タイラー初のソロ・ヒット「(It) Feels So Good」が35位初登場。エアロスミスのメンバーとしても2001年4月の「Jaded」(最高位7位)以来のトップ40ヒットだから、何と10年ぶりのトップ40。ご存じの通り、現在ヒット曲を飛ばしているジェニロペ同様、現在『アメリカン・アイドル』の審査員を務めているスティーヴン、一時はエアロのメンバーから首の話もあったことを考えると何と華麗なカムバック。この曲はその「Jaded」や最近ではキャリー・アンダーウッドの「Mama's Song」なんかも書いているM. フレデリックセンスティーヴンとの共作です。

グリーの曲は今週は上記の「Rolling In The Deep」「Friday」以外には49位に最近クリスティーナ・ペリがヒットさせた「Jar Of Hearts」、65位にスティーヴィー・ワンダーの名曲「Isn't She Lovely」、72位にフロリダ出身の今年期待のインディー新人バンド、ブラック・キッズの曲「I'm Not Gonna Teach Your Boyfriend To Dance With You」(何でこんな曲カバーしてんだ?でもいい感じの曲だけど)、74位にご存じアバの「Dancing Queen」と都合6曲がエントリー。これで彼らのHot 100曲数は148曲となり、いよいよ大台の150曲は目の前です。

これ以外もいろいろありますが、注目は先ほどご紹介したThe Lonely Islandの新曲、何とタイトルが「Jack Sparrow」が69位初登場。そう、もうすぐ日本でも更改の『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの主役キャラクターですがな。いったいどういう笑える曲なんだか。しかもフィーチャリングでえらい懐かしのマイケル・ボルトンが参加してるらしく、これは是非聴かなくては、という感じです。あともう一曲。82位に初登場してるのは、ご存じ2007年の『アメリカン・アイドル』の優勝者、ジョーダン・スパークスが先週の『アメ・アド』の放送でパフォーマンスしたという「I Am Woman」(ヘレン・レディのNo.1ヒットではない)。どうもOneRepublicライアン・テダーが共作しているらしいので、こちらもちょっと興味ありです。

ということで今日は終わり。お休みなさい。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Life Is A Rock - 洋楽こそ我が人生 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.